• 顧客開拓に欠かせない営業電話 苦手意識を克服する方法

    Henry DeVries ,

    「とにかく電話をかけろ!」──これは、私が最近出席した全米規模のコンサルタント会議で、著名な基調講演者が顧客獲得のためのアドバイスとして発した言葉だ。これはまさに的を射ており、大口顧客を引きつけたかったら、営業電話嫌いは克服しなければならない。私はまた、全米保険金融アドバイザー協会(NAIFA)によ ...

  • NASAも採用 VSeeが拓く「テレヘルス」の未来

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    「医療システムは根本から変わり、今の形とは似ても似つかぬものになる」NASAが採用したVSeeのミルトン・チェンが語る革命前夜のテレヘルスとは?NASAの宇宙ステーション。飛行士たちの一日は地上の医師との健康診断で始まる。この「遠隔診療」をサポートしているのがVSeeだ。2013年、米国製の幾多のビ ...

  • 世界初のカジノ中毒者専用法廷は、日本のカジノの参考となるか?

    長野 慶太 , Official Columnist

    世界で初めて、カジノ中毒者による刑事犯罪を裁く法廷が、ラスベガスに誕生した。世界のカジノの中心でもあるラスベガスが、とうとうその「負」の部分にまでメスを入れ、業界の健全な育成に乗り出したと、アメリカでは大きな注目を集めている。日本で2023年に開場する予定のカジノも、規制法案の議論の中心は徹頭徹尾カ ...

  • 黒幕はデザイナーたち 電子国家エストニアの知られざるブランディング戦略

    齋藤 アレックス剛太 ,

    近年、電子国家として世界に名を馳せているエストニア。その躍進の裏側に、国家のブランディング戦略を一手に担う政府機関Brand Estoniaの存在があることをご存知だろうか。2016年に誕生したBrand Estoniaは、エストニアという「国」そのもののブランド価値の向上を目的に設立された政府機関 ...

  • ノーベル賞学者の知見を得た農業スタートアップ、Trace Genomicsの躍進

    Alex Knapp , Forbes Staff

    マシンラーニングを活用し、農業向けの土壌解析を行うスタートアップ企業「Trace Genomics」が11月13日、シリーズA資金調達で1300万ドルを調達したとアナウンスした。今回のラウンドはStage 1 Venturesの主導で、同社の累計資金調達額は1900万ドル(約22億円)に達した。効率 ...

  • 自動運転は「通勤」をどう変える? 今後10年の未来予測

    Alan Ohnsman , FORBES STAFF

    アルファベット傘下のウェイモは、アリゾナ州フェニックスで自動運転車による配車サービスを近々開始する予定だ。ロボットタクシーはまだ黎明期にあるが、低コスト・低ストレスな通勤が実現すれば、「今後10年でオフィススペースの価値に多大な影響を及ぼす可能性がある」とCBREグループの最新レポートは指摘している ...

  • グーグル、コミュニケーションの名手を医療部門責任者に任命

    Carmine Gallo , CONTRIBUTOR

    何かに満足することがめったにないデービッド・ファインバーグ博士は、医療制度改革にはもってこいの人物だ。医療業界誌出版社ベッカーズ・ヘルスケア(Becker’s Healthcare)が選ぶ米国のトップ医療リーダー100人にも入ったファインバーグは、来年1月からグーグルの医療戦略を率いるこ ...

  • 瞑想がキャリアアップにつながる理由

    Ashley Stahl , CONTRIBUTOR

    現代の米国で働く人は、これまでにないほど多くのストレスにさらされている。付与されている休暇を消化することなく、過剰に働く生活を送っている。国際労働機関(ILO)によると、米国人の年間労働時間は日本人と比べ137時間多い。米国は先進国の中で最も働き過ぎている国で、男性の85%、女性の66%が週40時間 ...

  • ハリウッド版「名探偵ピカチュウ」の異色すぎる存在感

    Dani Di Placido , CONTRIBUTOR

    映画「名探偵ピカチュウ」(原題Pokémon: Detective Pikachu)の予告編第一弾が公開された。製作発表時より、ライアン・レイノルズの声で喋る実写のピカチュウなんて悪いジョークに違いないと思っていたが、予告編を見て絶句した。ネット上でさまざまなファンが描いたポケモンキャ ...

  • ロシア伝説のミュージシャンが語る「極東ロシアから見た日本」

    中村 正人 , Official Columnist

    10月16日、ロシアのロックバンド「ムーミー・トローリ」のリーダー、イリヤ・ラグテンコ氏の満50歳を祝う誕生日パーティが、モスクワで開かれた。現在ニューヨークを拠点としている彼がお忍びで帰国したのは、バンド結成35周年の記念の年でもあったからだ。ムーミー・トローリは、1980年代後半、ソ連邦が崩壊に ...