• フード部門の強化狙うスターバックス、「健康的」なメニュー拡充へ

    Great Speculations , CONTRIBUTOR GROUP

    米コーヒーチェーン大手のスターバックスは現在のところ、やや困難な状況に直面している。アプリ経由で注文ができる「モバイルオーダー&ペイ」の導入が店舗の混雑と対応の不備につながり、今年第2四半期(1~3月期)決算では、既存店売上高が前年同期比で伸び悩む結果となった。ただ、同社はこの問題はすでに解 ...

  • ヴァージンモバイルが「米国でiPhoneだけを売る」宣言 月額1ドル

    Zara Stone , CONTRIBUTOR

    米スプリント傘下のヴァージンモバイルUSAは6月21日、米国の大手通信事業者としては史上初の「iPhoneのみを扱う」企業になった。サンフランシスコで開かれた記者会見で同社CEOのダウ・ドレイパーは6月27日からアンドロイド端末の取り扱いを停止し、「最高の端末」のみを販売すると宣言した。同社でiPh ...

  • ジェフ・ベゾスも注目の「インドア農業」 LEDで生産量100倍を実現

    Amy Feldman , FORBES STAFF

    次世代のオーガニック農法と言われる「インドア・ファーミング(室内農業)」のバワリーファーミング(Bowery Farming)が6月14日、2000万ドル(約22億円)の資金調達を行った。出資したのはゼネラル・カタリストやGGV Capital、GV(旧グーグルベンチャーズ)などだ。バワリーの調達総 ...

  • 「英語が話せない」ウーバー運転手に罰金刑 米フロリダ州

    Janet Burns , CONTRIBUTOR

    米フロリダ州マイアミのウーバーの運転手が「罰金250ドル」を宣告された。その理由はスペイン語を母国語とする彼女が、英語を話せなかったからだ。事件は6月18日の日曜日にマイアミ国際空港で発生した。ウーバー運転手のCarmen Hechevarríaは乗客を空港で降ろすところだった。警備担 ...

  • 頭の堅い企業からイノベーションを起こすには?

    新國 翔大 , Forbes JAPAN 編集部

    コンセプト設計やアイデア出し、プロトタイプの作成、ユーザーテスト──新規事業開発やサービスの改良には、いくつものプロセスが存在し、多くの時間とコストを要する。とりわけ、日本の企業はアクションを起こすまでに時間がかかってしまう。何度も議論を重ねでアイデアを決め、上司の許可を得る。そこから、ようやくプロ ...

  • 「注文をまちがえる料理店」のこれまでとこれから

    小国 士朗 , CONTRIBUTOR

    「注文をまちがえる料理店」というプロジェクトを立ち上げました。このちょっと不思議な名前のレストラン。6月頭の2日間、都内某所で、たった80人ほどのお客さんを招いただけの、ひっそりとしたプロジェクトになる……はずだったのですが、想像をはるかに上回るとんでもない反響を呼ぶこと ...

  • 美容整形手術で活躍の「ホロレンズ」 3Dイメージを医師が活用

    Paul Armstrong , CONTRIBUTOR

    美しくなりたいという個人的好みや、事故の傷跡を消し去りたいという理由で美容整形を選ぶ人が増加している。美容整形手術は毎年、数百万に及ぶ人々により良い人生を与えていると言えるだろう。この分野においても近年、テクノロジーの発展ぶりは目覚ましい。米ニューヨーク州で美容整形手術を手がける医師のPhilip ...

  • フライドポテトの「残念な事実」が明らかに 早死にリスクが2倍に

    Alice G. Walton , CONTRIBUTOR

    体に悪いと分かっていても、おいしくて大好きだという人が多いフライドポテトに関する残念な事実がまた一つ明らかになった。長年にわたって食べ続けると、早死するリスクが高まるというのだ。米臨床栄養学会誌(American Journal of Clinical Nutrition)電子版に6月7日に発表され ...

  • 米市場で苦戦も予想のトヨタとホンダ、SUV部門強化が必須

    Great Speculations , CONTRIBUTOR GROUP

    トヨタ自動車と本田技研工業の両社は、米国の乗用車市場で大きな成功を収めてきた。トヨタのカムリとカローラ、ホンダのシビックとアコードは、それぞれ人気の高いセダンだ。だが、世界第2位の規模である米自動車市場ではここ数年、乗用車の販売台数が減少している。そして、この傾向は今年も続く見通しだ。5月の自動車販 ...

  • カンヌの受賞歴から見える、映画界に根付く男女格差

    古谷 ゆう子 , CONTRIBUTOR

    一度耳にして以来、忘れられない数字がある。フランスで最も権威ある国立映画学校「フェミス」では、卒業時、男女の学生はほぼ半々。だが、実際に映画監督として活動している女性の割合となると、その数字は24%にまで下がる、というのだ。つまり、映画監督を目指す女性は男性と同じだけいる。だが、そこから先に&ldq ...