CONTRIBUTOR

Ewan Spence

I look at the impact of mobile technology and online media.

I'm known for my strong views on mobile technology, online media, and the effect this has on and communication will have on the public conscious and existing businesses. I've been following this space for over ten years, working with a number of publishers, publications and media companies, some for long periods of time, others for commissions, one-off pieces or a series of articles or shows. As Scotland’s first podcaster, I continue to be a prominent voice in the rise of podcasting and new media online, and picked up a British Academy (BAFTA) nomination for my annual coverage of the Edinburgh Festival Fringe, alongside contributions to Radio 5 Live, the BBC World Service, presenting Edinburgh local radio's coverage of the General Election. You'll find me on Twitter (@Ewan), Facebook, and Google Plus.
The author is a Forbes contributor. The opinions expressed are those of the writer.

  • アップルストア閉鎖で「iPhone修理難民」が世界で急増中

    iPhoneの画面を破損した場合や、何らかの不具合に直面した際に、修理にかかる時間は以前よりも大幅に伸びているとの報告が相次いでいる。通常であれば、iPhoneの修理にはさほどの時間はかからない。アップルストアでは持ち込み修理の予約を受け付けており、配送修理の依頼も可能だ。そして、多くの場合は迅速に ...

  • 廉価版iPhone「SE2」は4月15日発表、22日出荷、内部情報がリーク

    新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、販売スケジュールが延期されていたiPhone SE2が4月中に発売される見通しだ。テック系ユーチューバーでアップルの内部情報に詳しいJon Prosserは4月1日、次のようにツイートした。「アップルは昨日の社内ミーティングで、4月中のリリースを決定した。暫定的 ...

  • iPhone 12に搭載見通し、驚異の「手ブレ補正機能」の実力

    アップルが今秋以降にリリースするiPhone 12には、これまでになかった手ブレ補正機能が搭載される見通しだ。著名アナリストのミンチー・クオによると、アップルが新たに開発したのは、「センサーシフト型」と呼ばれる手ブレ補正テクノロジーだという。これは、カメラのセンサー部分が浮き上がる構造にすることで、 ...

  • iPhone 12は最強のカメラ端末に、自撮りもナイトモードに対応

    アップルが今秋リリースするiPhone 12は5G通信に対応し、ディスプレイのリフレッシュレートを120Hzに高めるなどの、大幅なアップデートが見込まれている。さらに、確度の高いリーク情報で知られるMax Weinbachによって、iPhone 12のカメラ性能が大きく向上する見通しが明かされた。昨 ...

  • 廉価版iPhoneは間もなく発売、中国の鄭州市で最終検証中

    3月の発売が期待されてきたアップルの廉価版iPhoneが、間もなく発売される見通しだ。この端末の名称に関してはSE2やiPhone 9、単純に「iPhone」と呼ばれるなど、様々な憶測が流れている。発売日は発表イベントの開催のタイミングに応じて、前後する可能性があるが、台湾メディアのDigitime ...

  • 新iPhone は「水中で動作するタッチスクリーン」搭載、特許資料

    2020年秋の発売が見込まれるiPhone 12は、カメラ性能の向上やディスプレイの改良、5G通信への対応など、大幅なアップデートが期待されている。しかし、2月末に公開されたアップルの特許資料から、この端末に新たな防水機能が搭載される観測が高まった。ここ数年、各社のフラッグシップモデルには最大30分 ...

  • アップルに強力な追い風をもたらす「MWCのキャンセル」

    アップルが3月にリリースする見通しの、iPhone SE2もしくはiPhone 9と呼ばれる新型端末には世界中の注目が注がれている。そんな中、今月24日から27日にバルセロナで開催予定だったモバイルの国際見本市MWC(モバイル・ワールド・コングレス)の中止が決まったことは、アップルに巨大な追い風をも ...

  • アップルの「忘れ物防止タグ」AirTagが間もなく発売の見通し

    ここ2年ほどの間で、アップルが開発中と噂されたプロダクトのうちの2つが、2020年にリリースされる見通しが強まった。アップル関連のリーク情報でおなじみの著名アナリスト、ミンチー・クオは最新レポートで、3月に発表されると噂のiPhone9(またはiPhone SE 2)や、iPad Proの新モデル、 ...

  • 廉価版iPhoneの製造が間もなく開始、3月発売に向け急ピッチ

    廉価版iPhoneとして期待が高まる「iPhone SE 2」の製造が間もなく始まる模様だ。iPhone 9とも呼ばれるこの端末は、3月に開催のイベントで発表される見通しで、アップルが発売に向けた準備を進めている事を1月22日、ブルームバーグのMark Gurman記者らが報じた。記事によると、アッ ...

  • 広告費用でアップルを圧倒する、マイクロソフトのSurface戦略

    タブレット市場においてマイクロソフトは、SurfaceでアップルのiPadやiPad Proのシェアを奪おうとしている。同社がアップルに勝てるかどうか別として、特定の指標においては、マイクロソフトが先を行っていることが判明した。それは、テレビ広告への支出額だ。調査企業「iSpot.tv」は先日、マイ ...

  • 2020年のiPhoneは年2回発売、「春モデルは4万円台」の見通し

    アップルが先日発売した新型「Mac Pro」の価格は、フルスペックまでカスタマイズした場合、5万3000ドル(約570万円)という目玉が飛び出るような金額だ。同社が来年のiPhone 12シリーズの価格を大幅に引き上げても驚きではないだろう。2020年の新型iPhoneについて、まず言えるのがこのモ ...

  • サムスン「超音波式指紋センサー」の不具合がようやく解決

    サムスンは今年の最新モデルのGalaxy S10の、指紋認証センサーの不具合に苦悩してきたが、ようやく解決のめどがついた模様だ。同社は、クアルコムからこの問題に対処するソフトウェアの提供を受けて公開した。さらに、来年のGalaxy S11には新たなセンサーが搭載される見通しだ。Galaxy S10に ...

  • アップルの5G対応iPhoneはAirPodsと「セット販売」の可能性

    台湾のニュースサイトDigitimesが、アップルが2020年のiPhone 12の発売にあたり、ワイヤレスイヤホンのAirPodsを同梱して販売する可能性を指摘した。あり得ない話にも聞こえるが、アップルがこの賭けに打って出ることも十分考えられる。Digitimesが関係筋から得た情報によると、アッ ...

  • アップルが399ドルの「廉価版iPhone」で狙うサービス部門の増収

    アップルが今年発売したiPhone 11シリーズは好調な売上を記録したが、長期的観点でiPhoneの出荷台数を増やすことは困難だ。同社はこの状況の立て直しに向けて、来年の第1四半期の終わりに、「iPhone SE2」と呼ばれる廉価版の端末を投入しようとしている。直近のレポートで、SE2の売上が今後の ...

  • 2020年の新型iPhoneは「3機種全てが5G対応」、出荷目標8000万台

    アップルは2020年に発売する3機種の新型iPhoneを、5G通信に対応させる見通しだ。このニュースは10月30日、Nikkei Asian Reviewによって報じられた。アップルは世界で最も先進的なテクノロジー企業としての地位を取り戻すため、来年の5G対応のiPhoneの目標出荷台数を8000万 ...

  • アップルiPhone 11の好調がサムスンに与える「意外な利益」

    アップルが先月発売したiPhone 11シリーズは好調な売上を記録し、同社の株価は史上最高値を更新した。しかし、新型iPhoneの売上に気を良くしているのは、ティム・クックらのチームのみではない。アップルの最大のライバルである韓国のサムスンも、意外な恩恵を受けている。iPhone向けのOLEDディス ...

  • アップルが「OSの更新率」でアンドロイドに勝ち続ける理由

    アップルのモバイル向けOSであるiOSは、アンドロイドに比べて非常に高い最新版への更新率で知られるが、9月19日にリリースされた最新版のiOS 13も、既に全iPhoneの半分にインストールされ、昨年発売された端末へのインストール率は55%に達している。グーグルもAndroidの最新版のAndroi ...

  • アップル、廉価版iPhoneを「異例の発売スケジュール」で投入へ

    アップルが来年、従来の製品よりも安価な「iPhone SE 2」を発売するというニュースは既に報じられていたが、消費者がこの端末を手にするのは2020年の第1四半期になる見通しだ。著名アナリストのミンチー・クオは最新レポートで、廉価版iPhoneとされるiPhone SE 2の発売が来年の第1四半期 ...

  • マイクロソフトの2画面端末、最大の課題は「アプリの準備」に

    マイクロソフトは10月2日、ニューヨークのイベントで、2つの画面をヒンジでつないだ「Surface Neo」と「Surface Duo」と呼ばれる新デバイスを発表した。スマホ業界ではこのところ、折りたたみ式端末がトレンドとなったが、マイクロソフトの2画面端末は同社のイノベーションへの意欲を鮮明にした ...

  • 新iPhone「タッチペン」対応の可能性、専用ケース準備中の業者も

    アップルは9月10日に開催のイベントで、新型iPhoneの3モデルを発表する見通しだ。今年のiPhoneは昨年と同様な3モデル体制で、上位モデルのiPhone11 Pro及びPro Max、廉価版のiPhone11になるとみられている。新機種については既に様々なリーク情報が報じられているが、アップル ...