CONTRIBUTOR

David Phelan

I cover the gadgets in your living room, and your pocket.

I’ve been writing about technology for two decades and am always struck by how the sector swings from startling innovation to regular repetitiveness. My areas of specialty are wearable tech, cameras, home entertainment and mobile technology. Over the years I’ve written about gadgets for the Daily Telegraph, the Sunday Times, the Daily Mail, the Evening Standard, the Sun, Metro, Stuff, T3, Pocket-lint, Wareable.com and Wired. Right now most of my work appears in The Independent, Time Out and Monocle Magazine. Parenthetically, I also work as an actor, enjoying equally the first Mission Impossible movie, a season at Shakespeare’s Globe and a stint on Hollyoaks.

  • 新型アップルウォッチは「コンパス内蔵」で道案内が便利に

    アップルが9月10日に開催した新製品発表イベントで、最も注目を集めたプロダクトの1つが「アップルウォッチ」のシリーズ5だ。シリーズ5の仕様は昨年のモデルとほぼ同様だが、ディスプレイを常時オンにした状態で、18時間のバッテリー持続時間を実現している。従来の機種は傾きに応じてディスプレイのオン・オフや明 ...

  • アップルウォッチに「睡眠トラッキング」機能、来週発表へ

    アップルCEOのティム・クックは以前から、アップルウォッチの最大のメリットはヘルスケア関連にあると述べていた。ニュースサイト9to5Macによると、アップルは間もなく開催される新製品発表会において、iPhoneの新モデルだけでなく、アップルウォッチの睡眠トラッキング機能を発表する見通しだという。これ ...

  • アップル「折り畳み式iPad」を来年にも発売へ、投資銀行が予測

    投資銀行UBSが最新レポートで、アップルが近い将来、折り畳み式デバイスを発売すると予想した。このレポートを入手したCNBCは8月7日の記事で、アップルが来年もしくは2021年に折り畳み式デバイスを発売する見通しについて伝えた。ただしこのデバイスはiPhoneではなく、iPadになる見込みだという。U ...

  • アップルウォッチ、2020年の新モデルで「マイクロLED」搭載へ

    アップルウォッチは2015年の初代モデルから様々な進化を遂げてきたが、ディスプレイには変化がなかった。ただし、アップルウォッチのディスプレイは発売当初からOLEDであり、2017年のiPhone Xよりずっと以前にOLED対応を果たしていた点は評価できる。そして今、アップルウォッチのディスプレイがさ ...

  • アップルが25日に発表の「動画サービス」に向けて高まる期待

    アップルは3月25日、クパチーノの本社のスティーブ・ジョブズ・シアターで、特別イベントを開催する。関係者向けに送られた招待状には「イッツ・ショータイム(It’s Showtime)」という文字が刻まれており、このイベントで動画関連のサービスが発表されることが期待されている。アップルが既に ...

  • アップルが2020年に発売予定 噂の「ARヘッドセット」の可能性

    アップルのティム・クックCEOはここ最近、驚くべき新たなプロダクトの準備を進めていると述べていた。そのプロダクトのヒントとなる情報が浮上した。確度の高いリーク情報で知られるアナリストのミンチー・クオ(Ming-Chi Kuo)が最新レポートを公開した。クオは2018年にKGI証券を離職し、現在は中国 ...

  • アップルウォッチの「睡眠トラッキング」機能、年内に実現か

    アップルウォッチはここ数年で、様々な先進的機能を搭載してきたが、一つだけ遅れていた領域がある。それは、睡眠のトラッキング機能だ。ウェアラブル領域ではFitbitやサムスンのWithingsなど、多くのデバイスが既に睡眠の追跡機能を実装している。しかし、アップルウォッチはこの機能を実現できていない。し ...

  • アップル幹部「サービス部門」年間売上400億ドル達成に自信

    アップルの「アップストア」は、今後の同社の成長を牽引するプラットフォームだ。ティム・クックCEOは以前から繰り返し、サービス部門の売上を伸ばしていくと述べていた。2月20日、アップルのロンドンオフィスで招待者限定のイベントが開催された。そこで、アップルミュージック及びコンテンツ部門を統括するOliv ...

  • アップル、3月に動画サービス発表か 著名映画監督も同席の噂

    アップルが3月25日にスティーブ・ジョブズ・シアターで開催する、イベントでの発表に関する様々な憶測が浮上している。アップルはこのイベントで、月額約10ドルのニュース読み放題サービスのアナウンスを行うと予測されているが、もう一つの大きな目玉となりそうなのが、新たな動画ストリーミングサービスの発表だ。音 ...

  • 新型アップルウォッチは「55歳以上」に人気との調査結果

    調査企業eMarketerが、スマートウォッチの市場動向についてのレポートを公開した。そこでは、アップルウォッチのSeries 4が果たした役割について述べられた。2019年にスマートウォッチの米国成人の間での普及率は、11.1%まで伸びると予測され、利用者は2870万人に達するという。スマートウォ ...

  • アップルの次世代ヘッドホンは「自動で左右を認識」か

    アップルは来年、完全ワイヤレスイヤホン「AirPods」の新モデル「AirPods 2」を発売する見通しだが、これとは別のプロダクトとして独自のヘッドホンの製造計画を進めていることが明らかになった。ニュースサイト「9to5Mac」が、アップルが取得したヘッドホンの特許について報じている。このヘッドホ ...

  • アップルウォッチに命を救われたスウェーデン人男性が話題に

    アップルが「アップルウォッチ シリーズ4」を発表したとき、最もアピールしたのは健康機能だった。ECG(心電図)機能はまだ利用できないものの、同社はその革新性を大いに喧伝した。ECGの他に世間の注目を集めたのが、「転倒検出機能」だ。シリーズ4からユーザーが転倒したり、つまずいたことを検知する先進的なア ...

  • ファーウェイ新端末で実現の「ワイヤレス逆充電」の衝撃

    10月16日、中国のファーウェイがロンドンの製品発表会で発表した新型フラッグシップ端末「Mate 20 Pro」はチップセットにKirin 980を搭載し、カメラはウルトラワイド、ワイド、望遠(3倍ズーム)に対応するなど、同社が誇る先端的イノベーションがフルに投入されている。なかでも注目を集めるのが ...

  • 来年のiPhoneはライトニング廃止「USB-Cに完全移行」との見方

    アップルは10月30日に開催の新製品発表会において、新型「iPad Pro」をアナウンスするとみられている。ここで話題となっているのが、新たなiPad Proの充電ケーブルについてだ。複数のリーク情報によると、アップルはiPad Proでライトニングポートを廃止し、USB-Cポートへ移行するとされて ...

  • 新型アップルウォッチの「心電図」 いつになれば使える?

    9月にアップルがアップルウォッチの新モデル「Series 4」を発表したとき、とりわけ注目を集めたのが心電図機能だった。これは、従来は医療機器に限定されていた方法で心電図を作成できるものだ。筆者は、デモで実際に心電図が作成される様子を目撃した。アップルウォッチの背面で手首の脈を図り、もう片方の手の指 ...

  • 新型アップルウォッチで危機に瀕する「時計メーカー」たち

    ウェアラブル業界は、アップルが先週発表したアップルウォッチの「シリーズ4」の話題でもちきりだ。先日の新製品発表会の主役は、新型iPhoneのはずだったが、注目を集めたのはシリーズ4の方だった。シリーズ4は前モデルに比べてスリムでベゼルが狭く、ウォッチフェイスは豪華さを増している。シリーズ4が多くの人 ...

  • グーグルがアップルウォッチに対抗「Pixel Watch」発売への期待

    ヘルス領域では長年、アップルウォッチが支持を集めてきた。アップルは来月、画面を大型化させ、バッテリーの持ちを向上させた新型アップルウォッチ「Series 4」をリリースしようとしている。特許資料から、アップルが今後、複数のモデルの投入を計画中であることも判明している。しかし、8月21日の「Fast ...

  • アップルが「声の聞き分け機能」特許を出願、Siriに搭載か

    アップルが音声アシスタント「Siri」に声の聞き分け機能を持たせようとしていることが明らかになった。先日公開されたアップルが出願した特許資料によると、Siriが今後、複数の人物を聞き分けて、人によって違った反応を返すようになるかもしれない。今回の特許は「音声入力処理のためのユーザープロファイリング」 ...

  • 新型iPad Proは「ノッチ無し」で顔認証対応が決定的に

    著名アナリストのミンチー・クオ(郭明錤)は、アップルが今秋発売する新型「iPad Pro」にFace ID機能を搭載すると述べていた。また、別の関係筋はイヤホンジャックの廃止や、アクセサリー用接点のスマートコネクタが背面に設置されるとも述べている。さらに先日、アップルが公開したiOS 12のベータ版 ...

  • スラックが競合サービス2社を統合、マイクロソフトと真っ向勝負へ

    マイクロソフトは先日、業務コラボレーションツール「Teams」に新たな無料枠を設けると宣言した。そんな中、スラックは同業の「アトラシアン(Atlassian)」傘下の競合サービス、「Hipchat」と「Stride」を買収すると発表した。この動きは偶然のタイミングとは言い難い。アトラシアンはスラック ...