CONTRIBUTOR

Paul Tassi

News and opinion about video games, technology and the internet

I think I'm a part of the first generation of journalists to skip print media entirely, and I've learned a lot these last few years at Forbes. My work has appeared on TVOvermind, IGN, and most importantly, a segment on The Colbert Report at one point. Feel free to follow me on Twitter or on Facebook, write me on Facebook or just email at paultassi(at)gmail(dot)com. I'm also almost finished with my sci-fi novel series, The Earthborn Trilogy.

  • Netflixが「ファミコン風ゲーム」公開 80年代舞台のドラマ告知で

    ネットフリックスはオリジナルドラマ「ストレンジャー・シングス 未知の世界」のシーズン2を10月27日から配信する。このドラマは1980年代のアメリカを舞台とした超常現象SFスリラー。平和な田舎町で発生した少年の失踪事件を巡り、家族や友人、地元警察らが不可解な事件に巻き込まれていく内容で、昨年のシーズ ...

  • 米国での大失敗を乗り越えたポケモンGO、横浜で200万人を動員

    アメリカのポケモンGOファンの間では、近日実装が予定されている“EXレイドバトル” の是非や“伝説レイド疲れ”が大きな話題となっている。一方、日本では横浜でポケモンGOイベントが開催され、これまでで最も成功したリアルイベントとなった。7月にシカゴで行わ ...

  • 好決算のソニー「プレステ5」の来年発売はあり得るのか?

    ソニーは8月1日、今年4〜6月期の四半期決算を発表。営業利益は1500億円を突破し、過去最高を記録したが、プレイステーション4(PS4)の販売が振るわない。好調だったのは半導体部門。スマホ向け画像センサー等が業績を牽引し、この部門の売上高は前年同期比41.4%増となった。また、昨年4月の熊本地震関連 ...

  • ポケモンGO、今でも月間「6500万人」が利用 運営元が発表

    昨年からポケモンGOの最新動向をリポートし続けている筆者は、今でも週に2本はポケモンGO関連記事を書いている。しかし、記事を公開する度に一部の読者からは「もうポケモンGOなんか終わっただろ(笑)」との反応を得るのが常だ。けれど、記事の閲覧数は平均的に非常に高く、今でも筆者の記事の人気トップ10の半分 ...

  • 任天堂がポケモンGOで背負う「安全性」という重荷

    株式会社ポケモン(以下、ポケモン)は、ポケモンGOの安全性を一層高めるために「ポケモンGOプラス」に続く新たなデバイスの開発を考えているようだ。同社の石原恒和CEOは Nikkei Asian Reviewに掲載されたインタビューで次のように述べている。「画面を見なくても遊べるように、スマホに連動し ...

  • 任天堂スイッチに浮かぶ不吉なキーワード「コバヤシマル」の運命

    ニンテンドースイッチについて知れば知るほど、筆者はスタートレックに登場する「コバヤシマル」を連想してしまう。コバヤシマルとは、スタートレックの士官候補生たちが受けるトレーニング課題で、候補生らは宇宙船コバヤシマルを救助するか否かの選択を迫られる。救助することを選ぶと、クリンゴン帝国との条約を破棄する ...

  • 任天堂スイッチに関する「重大な懸念」 米国人記者が指摘

    任天堂の新しいゲームコンソール「ニンテンドースイッチ」の発表が行われた直後、メディアやファンの多くは、ローンチタイトルのあまりの少なさに困惑した。新作ゲームは「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」「1-2-Switch」「いっしょにチョキッと スニッパーズ」「スーパーボンバーマン R」の4作し ...

  • ソニー製VRは失速か 調査企業が売上予測を大幅引き下げ

    ガジェット界では間もなく発売の任天堂スイッチの話題で持ち切りだが、筆者はここで、ソニーが数か月前に世に放ったプレイステーションVR(PSVR)について書いてみたい。2016年10月に発売されたPSVRは、最近ほとんど話題にのぼらなくなった印象がある。ソニー自身もPSVRについては多くを語っていない。 ...

  • 任天堂スイッチ、2万5000円で発売説 Wii U終了の穴は埋まるか

    今年3月に発売予定の任天堂スイッチ。1月12日にはストリーミング記者発表も予定されている。スイッチに関しては昨年秋にトレーラー動画が公開されて以来、詳細は謎に包まれたままだが、ここに来て様々なリーク情報がもたらされるようになった。日本経済新聞の英語版は、日本での任天堂スイッチの価格が2万5000円に ...

  • 任天堂マリオランは「高すぎる」 フォーブス記者も怒り爆発  

    「スーパーマリオラン」の買い切り10ドル(日本では1,200円)という価格設定を巡る論争がヒートアップしている。ダウンロード数を見る限りアプリは大ヒットと言えるが、投資家らは失望しており、レビューは賛否両論となっている。フォーブス寄稿者のErik Kainは、任天堂が大切に築き上げてきたマリオブラン ...

  • スーパーマリオラン、初月80億円突破か 任天堂スマホ進出加速

    年末には注目のゲームが多くリリースされるが、中でも「スーパーマリオラン」の話題性は群を抜いている。任天堂はメディア宣伝に全力を挙げており、アップルも同社史上初めてと言って良いほど特定のゲームのプロモーションに力を入れている。ポケモンGOで精度の高い収益予想を行った調査会社Sensor Towerは、 ...

  • ポケモンGOの「謎の仕様変更」 広告ビジネス本格化の予兆か

    12月1日、ポケモンGOの新機能「Nearby(近くに居るポケモン)」が北アメリカ大陸全土とヨーロッパの大部分に導入された。ナイアンティックは、これまで一部の地域に限定してテストを行っていた。しかし、最新アップデートでは仕様が大きく変更されており、ユーザーから不満が噴出している。テスト版では、近くの ...

  • ポケGO、新モンスター100種追加へ 「ブーム再燃」の期待高まる 

    ナイアンティックが12月にポケモンGOの大規模アップデートを行う予定だ。噂によると、第2世代「ポケットモンスター金・銀」に登場するポケモン100種類が追加されるという。現段階でポケモン図鑑に第2世代ポケモンのデータが追加されたことは確認できているが、伝説の「鳥ポケモン」や「ミュウツー」もいまだに登場 ...

  • ゲーム好きならソニー「PS4 Pro」を今買うべきと断言できる理由

    今年のブラックフライデーでは多くのゲーム機が大特価で販売されたが、筆者が一押しするのはこれらのお値打ち品ではなく、どの小売店でも一切値引きされることのなかった「PS4 Pro」だ。セールでは「PS4スリム」をはじめ、ゲームソフトとセットで250ドルで販売されるケースが目立った。これに対し、PS4 P ...

  • 復刻版ファミコンが大ヒットの任天堂 さらなる「遺産」復活の期待

    任天堂が発売した復刻版ファミコン「NES Classic Edition」が、予想を超える大ヒットとなった。これは人気タイトル30本が内蔵された小型の据え置きゲーム機で、価格は60ドルとホリデーシーズンの買い物には絶好の商品だ。しかし、ほとんどの店舗で既に完売しており、ネット上では数百ドルから数千ド ...

  • ゼルダ新作、欧米でSwitch発売に間に合わず? 販売台数に影響も

    任天堂が開発中の「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」について、ローカライゼーション作業に時間がかかっていることから、発売が来年3月の新型ゲーム機「Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)」ローンチに間に合わない見込みだとのうわさが、欧米のメディアによって伝えられている。Swit ...

  • ポケGOファンは福島を目指せ 米国人記者が世界に呼びかけ

    10月に世界各地でハロウィン・イベントを開催したポケモンGOが、新たな催しを開催する。運営元のナイアンティックは先日、2011年に津波の大被害を受けた日本の福島県、岩手県、宮城県の海沿いのエリアでのイベント開催を発表した。今回のイベントの目的は被害から復興しつつあるエリアに観光客を呼び込むことにあり ...

  • 任天堂スイッチ、5つの重大疑問 モバイルは本当に需要ある?

    ニンテンドースイッチはゲームファンらには比較的好評のようだが、投資家は発表内容に落胆し任天堂の株価は下落した。しかし、任天堂が強みを生かしてモバイル重視のコンソールを新たに発表したことは良いことだ。WiiやWii Uで犯した間違いからの学習も見られる。 しかし、スイッチにはいくつかの重大な疑問が残る ...

  • 任天堂スイッチで「ポケモンGOは遊べない」と断言できる理由

    任天堂が投入する次世代のコンソールゲーム機、「ニンテンドースイッチ」の話題でインターネットはもちきりだ。スイッチは携帯性を売りとしており、その事は即座に同社のスマホの大ヒットゲーム「ポケモンGO」を想起させる。スイッチは左右のコントローラに本体が挟まれた形をしており、本体部分を持ち出して外でプレイす ...

  • ポケモンGOのユーザー離れ加速? 時速40キロで使用不能に

    先週、ナイアンティックがサードパーティ製のポケモン追跡ツールを全面禁止し、ユーザーから不満が噴出した。さらに今週、ポケモンGOに新たな問題が浮上した。ゲームをプレイ中に時速40キロ以上で移動すると「かくれているポケモン」が表示されず、ポケモンが出現しなくなるのだ。これまでも運転中にポケモンが出現する ...