• カリスマ創業者よりも「三本の矢」 目指すは全世界10億ダウンロード

    山本 智之 , Forbes JAPAN 編集部

    庵原保文、佐野将史、黒田真澄が2013年4月に設立したYappli(ヤプリ)は、クラウド型アプリ運営プラットフォームを提供。高品質なアプリを簡単、スピーディに制作・運営できる。開発実績は、ECアプリを中心に250社にのぼり、総ダウンロード数は2000万。直近では企業の新卒採用や社内向けの営業支援、大 ...

  • 仮想通貨、大手金融の参入はまだまだ先か[週間ビットコイン動向]

    田代 昌之 , Official Columnist

    8月下旬以降、じりじりとした反発で80万円台を回復したビットコインだが、日本時間9月5日夜辺りから下げ足を強める格好となった。8月23日以来となる70万円台割れの場面が見られるなど、さえない推移となっている。米大手投資銀行ゴールドマン・サックス(GS)が、仮想通貨デスク設立計画をホールドすると伝わっ ...

  • ヘルスケアのVC出資が年間2兆円突破、楽天もガン治療で注目

    Michela Tindera , FORBES STAFF

    調査会社「Pitchbook」のデータによると、ヘルスケア関連のスタートアップに対するベンチャーキャピタルからの出資は今年、8月までの累計で年間の過去最高額に達した。2018年のあたまから8月までの期間に、200億ドル(約2.2兆円)以上の資金が1186件のディールに注がれた。これは前年比59%の増 ...

  • あなたの信用力はいくつ?AIとビッグデータが算出する「信用スコア」とは

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    いま、各国で広がる「信用スコア」が注目を集めている。「信用スコア」とは、個人の社会的信用力を、年齢、勤務形態、年収などをもとに算出する数値のことだ。スコアリングされた個人の信用力は、金融機関による融資の判断にはもちろん、企業の採用時やサービス提供の際の判断材料としても活用され始めている。そんななか、 ...

  • ビットコイン、年内「1万ドル超え」が起こらない理由

    Great Speculations , CONTRIBUTOR GROUP

    仮想通貨の価格は、7月に入って全般的に堅調に推移した。ビットコインは過去2カ月間の下落トレンドから抜け出し、7月末には8200ドルをつけて6月に記録した5755ドルから大幅に上昇した。それでも、昨年12月に記録した最高値である2万ドルには遠く及ばず、わずか3カ月前の価格である1万ドルからも18%ほど ...

  • 新興国からの資本逃避が本格化するか[週間ビットコイン動向]

    田代 昌之 , Official Columnist

    8月中旬からここまでのビットコイン価格は、14日に66万円(フィスコ仮想通貨取引所、FCCE)まで下落するなど年初来安値(6月29日、64万7525円)に接近する場面が見られた。米証券取引委員会(SEC)がビットコイン建てのETF(上場投資信託)を承認するかどうかが足元の手掛かり材料となっているが、 ...

  • 企業価値1.5兆円、仮想通貨採掘企業「ビットメイン」が上場へ

    Pamela Ambler , Forbes Staff

    仮想通貨のマイニング分野の最大手企業が「ビットメイン(Bitmain)」だ。現代のゴールドラッシュといえる仮想通貨の採掘ブームで、同社のツールはデジタル版つるはしの役割を果たした。ビットメインを創業したのは現在32歳のジハン・ウー(Jihan Wu)だ。北京大学で経済学と心理学を学んだウーは、ビット ...

  • なぜオーストリア人は「金」を求めるのか

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    古来、気高くも美しい輝きで私たちを魅了してきた「金」。普遍的な価値の象徴として経済と深く結びつく一方で、人々の生活に根付き、文化的側面も彩ってきた。私たちはいかに「金」と付き合っていくべきか。渡欧中のブリオン・ジャパン代表取締役CEOの平井政光に同行し、ロンドン、ウイーンへ。後編では、ウィーンにその ...

  • 通貨急落のトルコ、今すぐ導入すべき「シンガポール戦略」

    Steve Hanke , CONTRIBUTOR

    トルコのレジェプ・タイップ・エルドアン大統領の就任以来、同国の通貨リラはほぼ一貫して値下がりしてきた。そしてリラは8月10日、対米ドルで急落。一時は前日比で18.5%下落した。国の経済にとって最も重要なのは、基準通貨である米ドルと自国通貨の為替レートだ。リラの急落に伴い、トルコのインフレ率は急上昇し ...

  • トルコでビットコイン取引が急増「リラより安全」との声も

    Billy Bambrough ,

    トルコでは経済危機の高まりとともに、ビットコインや仮想通貨の取引ボリュームがここ数日で急増している。トルコ最大の仮想通貨取引所「Koinim」は、ビットコインの取引高が63%の急増となったと報告した。一方、「CoinMarketCap」のデータでも、トルコの取引所「BTCTurk」と「Paribu」 ...

  • 一段安を警戒、年初来安値を睨んだ展開に[週間ビットコイン動向]

    田代 昌之 , Official Columnist

    7月下旬からここまでのビットコイン価格は、下への動きを強めており一時70万円台を割り込む場面も見られた。6月29日につけた年初来安値647525円(フィスコ仮想通貨取引所)を意識した展開を警戒する声も聞かれる。下落のきっかけは、話題となっていたシカゴ・オプション取引所(CBOE)が申請していたビット ...

  • シリコンバレーの起業文化を支える知られざる「エジェル投資協会」

    森若 幸次郎 / John Kojiro Moriwaka , Official Columnist

    日本でもここ数年、政府の後押しもあり、急速に日本式イノベーションのエコシステムが構築されています。アクセラレーターも増え、大企業とスタートアップによるオープンイノベーションも盛んになり、異業種が出会えるコワーキングプレイスも続々とつくられています。スタートアップに投資するベンチャーキャピタル(VC) ...

  • 強欲資本主義の終わり? ウォール街で広がるESG投資

    小出フィッシャー 美奈 ,

    仕事というものに葛藤はつきものだ。行き過ぎた資本主義の矛盾があちこちで吹き出し、大資本の欲が社会から批判されることの多いこの時代、大企業や金融機関でそうした資本の「代理人」として働いているサラリーマンには、ジレンマを感じている人は多い思う。何百兆円という巨大な顧客資産を動かすグローバルな投資業界に勤 ...

  • 災害時こそ投資を 「健全な楽観主義」が復興を支える

    藤野 英人 , CONTRIBUTOR

    西日本を襲った豪雨は多くの被災者を出し、平成で最悪の豪雨災害となってしまった。こうした困難に立ち向かう被災地の企業を支援するためにも投資すべき、と筆者は訴える。7月の初旬に起きた観測史上前例のない豪雨により、西日本の広範囲が大きな打撃を受けることになった。 被災された方々には心からお見舞い申し上げま ...

  • ビットコインETFの申請状況に一喜一憂[週間ビットコイン動向]

    田代 昌之 , Official Columnist

    先週末からここまでのビットコイン価格は、上への動きを強めており90万円台を回復する場面が見られたが、日本時間27日(金)早朝に92万円台から87万円台まで下落する場面が見られた。足元の上昇要因と見られていたビットコインETF(上場投資信託)への思惑が、やや沈静化したことが原因である。話題となっていた ...

  • 感性と美意識があれば、人間はAIに追いつかれない【落合陽一×山口周】

    INVALANCE blueprint , .

    シンギュラリティを迎える未来、人間に残されるものは何なのか。アートとビジネスの融合を目指す気鋭のコンサルタント・山口周と現代の魔法使い・落合陽一が示唆するのは感性、美意識、好き嫌いだという。AIにはわからないメッシュされる以前のアナログデータ。そこに意識を研ぎ澄ますことで、人間らしい暮らしと幸せを手 ...

  • 「訴訟ファンド」は正義の救済か、大金を賭けるルーレットか?

    長野 慶太 , Official Columnist

    「訴訟ファンド」というものをご存知だろうか。筆者は、この世界でこれほど賭博性の高い金融商品はないと考えている。大型訴訟の原告に投資をし、勝訴すれば利回り20%や30%の荒稼ぎができるものなのだが、敗訴すればマイナス利回りどころか、元本ごと吹き飛んでしまう。そのうち、日本にも上陸し、証券化され、一般市 ...

  • ビットコインが1カ月で33%以上の回復、底値打ちの期待も

    Charles Bovaird , CONTRIBUTOR

    ビットコインの価格はここ1カ月で大幅に回復し、7月23日時点で7700ドル付近での取引となっている。「CoinDesk」のデータによると、ビットコインは6月24日の安値から34.3%の上昇となっており、約2カ月ぶりの高値水準に達している。価格の上昇の背景には、いくつかの前向きなニュースが伝わったこと ...

  • 買い戻し主導で反発も、いったん上げ一服か[週間ビットコイン動向]

    田代 昌之 , Official Columnist

    先週末からここまでのビットコイン価格は、上への動きを強めており80万円台を回復している。じりじりと上昇するといった動きではなく、大口の買い戻しと思われるような動き(とくに18日)で一気に80万円台まで駆け上がった印象を受ける。足元、目立った買い材料が観測されていないなか、需給的な要因がビットコイン価 ...

  • 強まる膠着感、新興国通貨を睨んだ展開か[週間ビットコイン動向]

    田代 昌之 , Official Columnist

    先週末からここまでのビットコイン価格は、引き続き69万円台から74万円台の狭いレンジで推移している。上下5万円の値幅は6〜7%の変動率となるが、為替や株とは比較にならない変動率の高さを誇る仮想通貨としては静かな推移といえよう。6月22日に金融庁が仮想通貨交換登録業者6社に業務改善を命じて以降、上値の ...