欧州

2023.09.28

ロシアが仕留め方見つけたチャレンジャー2、ウクライナは追加装甲で応急

英陸軍のチャレンジャー2戦車。防御力は高いほうだが、前面下部のあたりなど防護が弱い部分もある(Andrew Harker / Shutterstock.com)

ウクライナ軍は、運用する英国製チャレンジャー2戦車に追加の防護を施した。前面下部の「グラシ」と呼ばれる傾斜装甲に、新たに装甲板を取り付けた。これは明らかに、重量69トン・乗員4人のこの戦車のよく知られた弱点を、ロシア軍のコルネット対戦車ミサイルのような2段式のタンデム弾頭から守るためのものだ。

チャレンジャー2の追加装甲は、最近SNSに投稿された動画に映っていた。しかし、チャレンジャー2のもうひとつの弱点をコルネットによって狙われた場合、この装備は無意味なものになってしまう。9月4日ごろ、ロシア軍によってチャレンジャー2が初めて仕留められた時には、まさにこの弱点を突かれたようだ。

チャレンジャー2は世界の戦車のなかでも防御力が高い部類に入る。その「ドーチェスター」複合装甲は、砲塔正面で少なくとも鋼鉄1400mm相当の防御力がある。

ただ、英陸軍の教義では長年、戦車部隊は掩体(えんたい)に潜んで防御的に戦うよう指南してきた。そのため英国の戦車設計者は、壕や防壁などに隠れることになるグラシの防護はかなり薄くした。

チャレンジャー2の就役から30年の間に、英陸軍は理由があってグラシに後付けで装甲を補強するようになった。だが、どういうわけか、英国はウクライナに供与したチャレンジャーについては、こうした追加装甲を施していなかったらしい。ウクライナ側がチャレンジャー2を防御的に使うと見込んでいたのだろうか。

問題は、ウクライナ軍で現在チャレンジャー2を運用している唯一の部隊である第82独立空中強襲旅団は、むしろ攻撃的に戦っているということだ。南部ザポリージャ州の集落ロボティネからロシアの占領下にある主要都市メリトポリまで、約80kmの軸の反転攻勢を主導しているのは、チャレンジャー2を14両(現在は1両失って13両)配備されたこの旅団なのだ。

ウクライナ軍が自前で即席のグラシ追加装甲を用意したのは当然だろう。チャレンジャー2を前進させることがあるのはわかっていたからだ。
次ページ > 「トップアタック」に備えて砲塔上面の防護も強化する必要

翻訳・編集=江戸伸禎

タグ:

連載

Updates:ウクライナ情勢

ForbesBrandVoice

人気記事