Forbes JAPAN Web編集部

Chesnot / Getty Images

ネットフリックスは12月14日、日本国内の視聴数を基にしたランキング「2020年 Netflixの話題作TOP10」を発表した。日本で最も話題になった作品の1位は、「愛の不時着」だった。

今年は新型コロナウイルスの感染拡大による外出自粛によって、多くの人が自宅で配信型サブスクを利用して映画やドラマを楽しんだことだろう。1位に輝いた韓国ドラマ「愛の不時着」は、日本で大きなブームを巻き起こし、「2020 ユーキャン新語・流行語大賞」のトップ10入りも果たした。

ネットフリックスによれば、この人気が象徴するように、今年は韓国ドラマの視聴が6倍以上の伸びを記録。これまでにないほど「ハリウッド以外」の作品が愛された1年だったという。

ほかにはどんな作品がランクインしているのか。年末年始にゆっくり楽しみたい作品の予習も兼ねて、発表された作品リストを順番に見ていこう。

2020年 日本で最も話題になった作品 TOP10


null
ネットフリックス提供

今年配信された作品のなかで、最も多い日数「総合TOP10(日本)」に入った作品のランキングがこちらだ。

1.「愛の不時着」
2.「梨泰院クラス」
3.「テラスハウス: Tokyo 2019-2020」
4.「ハイキュー!!」
5.「炎炎ノ消防隊」
6.「サイコだけど大丈夫」
7.「ARASHI’s Diary -Voyage-」
8.「青春の記録」
9.「キム秘書はいったい、なぜ?」
10.「痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。」

「愛の不時着」は、韓国の女性起業家がひょんなことから国境を越えて北朝鮮に不時着し、軍人と恋に落ちるというストーリー。そんな国境という障壁により際立った恋する2人の切なさに号泣したり、政治的な展開にハラハラしたり、はたまた脇を固める北朝鮮の「近所のおばちゃん」や「軍人の部下たち」に笑せられたりと、どっぷり沼にハマった人も多かったはずだ。

「愛の不時着」「梨泰院クラス」などの韓国ドラマと並んで、「ARASHI’s Diary -Voyage-」などのドキュメンタリーや、「ハイキュー!!」「炎炎ノ消防隊」などアニメーションもランクイン。半数以上が日本発の作品となった。

文=松崎美和子  

PICK UP

あなたにおすすめ