(博報堂生活総合研究所)「生活圏2050」プロジェクトリーダー/クリエイティブプロデューサー

「バルセロナ・デジタル・シティ」(バルセロナ市ウェブサイトより)(c)Clara Soler,

博報堂生活総合研究所「生活圏2050プロジェクト」刊行の『CITY BY ALL ~ 生きる場所をともにつくる』は、人口減少や少子高齢化、気候変動、社会的格差の拡大など、様々な社会変化や危機に対して、新たな適応策を生み出そうとする国内・海外の都市をフィールドワークしたレポートだ。

社会的変化を乗り越え、持続可能な社会をつくるための創造力とは何か? 第一回は、「バルセロナ」編。


「欧州イノベーション首都」のタイトル獲得


スペイン北東部、カタルーニャ自治州の州都・バルセロナ市。ユーロ圏第4位の経済大国であるスペインにおいて、バルセロナ市は首都マドリードに次ぐ国内第2の都市である。

海と山に囲まれた豊かな自然環境、そして建築、美術、デザイン、食など多彩な文化的魅力を備えた世界的な観光地であり、近年は「World Mobile Congress」や「Smart City Expo」のような世界的なイベントの中心地であることから、デジタル系スタートアップも拡大している。

また今、その独自の「スマートシティ」政策に対して、日本や世界各地から高い注目が集まっている。

「スマートシティ」とはさまざまな行政サービスに積極的にテクノロジーを取り入れ、市民の生活の質の向上を目指す都市マネージメントの方法論であり、またそれを生かして持続的な社会の実現を目指す都市の総称である。

バルセロナは、2014年に「欧州イノベーション首都」(European Capital of Innovation)に選ばれた。これは「革新的なソリューションを通して市民生活を改善した自治体」を評価するEUの制度で、バルセロナはそのタイトルを獲得したヨーロッパ最初の都市となった。

駐車場、街路灯、公共交通、ゴミ収集など、さまざまな行政サービスに積極的にICT(情報通信技術)を取り入れ、大気、騒音、水質、気温といった生活環境をリアルタイムに捉えることで、市民の生活の質の向上を目指す。そのバルセロナの先駆的な都市マネジメントの手法が評価された結果である。

以降、「スマートシティ」を目指すフロントランナーとして、バルセロナは世界的に大きな注目を集めてきた。

しかし翌2015年、バルセロナ市はこれまでのスマートシティ政策の成果に一定の評価を与えたうえで、その政策方針を大きく見直している。事実上「スマートシティ部門」は廃止され、新たに「バルセロナ・デジタルシティ」(Barcelona Digital City)計画をスタートさせたのだ。

null
「バルセロナ・デジタル・シティ」(バルセロナ市ウェブサイトより)(c)Clara Soler, (c)バルセロナ市役所

.

この著者の記事一覧へ

PICK UP

あなたにおすすめ