• 社名変更の「コーチ」を待ち構える厳しい現実

    Pamela N. Danziger , CONTRIBUTOR

    企業にとって、社名変更は一大事だ。重要なブランド知名度を失い顧客を困惑させ、自らに差し迫った危険を招く可能性がある。米フォーチュン誌に以前に掲載された記事は企業の社名変更について、次のように述べている。「そのブランドにとって善かれあしかれ、企業が戦略を展開する中で、社名が変更されることはある&hel ...

  • 「生産地獄」続くテスラ、マスクは責任をとるべきか?

    Dale Buss , CONTRIBUTOR

    米電気自動車(EV)メーカー、テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は10月上旬、勤務成績評価に基づき従業員数百人を解雇したと伝えられている。そのマスクはどうやら、ある人物についての評価を怠っているようだ。リーダーシップが極めて重要な分野、マスク以外の誰にも失敗が許されないだろう分野で、C ...

  • 最も稼ぐTV女優、ソフィア・ベルガラが6年連続首位 年収46億円

    Madeline Berg , Forbes Staff

    フォーブスが9月26日に発表した最新の「世界で最も稼ぐテレビ女優ランキング」で、コロンビア出身のソフィア・ベルガラが再びトップに輝いた。6年連続で首位を維持したベルガラの今年6月1日までの1年間の収入は、およそ4150万ドル(約46億6200万円)だった。ベルガラの収入は、多くがドラマへの出演料では ...

  • 世界の上位100ブランド・リスト、自動車部門は今年もトヨタが首位

    Dale Buss , CONTRIBUTOR

    ブランディング専門会社インターブランドが毎年発表している「ベスト・グローバル・ブランド(Best Global Brands)100」の最新版によると、自動車はその他の業種に比べ、ここ一年でのブランドの価値の上昇が目立った。「歴史的」な強さを維持するトヨタを筆頭に、自動車ブランドは2017年のベスト ...

  • 「テスラは過大評価されている」と判断する5つの理由

    John Wasik , CONTRIBUTOR

    進歩的な企業といえば、テスラは筆者が気に入っている企業の一つだ。クリーンエネルギーと輸送手段、家庭用電力を統合された一つのものにするために適切な全てのことを行っている。だが、テスラの株価は同社の規模、生産能力、直面する競争から考えれば、恐ろしく高く評価されている。同社の事業に関する現実的な見通しと投 ...

  • 外国人にとって危険な10の旅先、特に女性は要警戒の各国

    Laura Begley Bloom , CONTRIBUTOR

    旅行をより気軽で楽しいものにすることを目指すトリップ・ドットコムは先ごろ、「女性の一人旅が特に危険な10か国」を発表した。米国務省の危険情報や同社を利用した女性ユーザーから寄せられた情報などを基に特定した各国のリストだ。これらは必ずしも旅行するのを「避けるべき国」ではない。だが、特に「警戒を要する国 ...

  • 誰が会議を殺すのか? 会議にいる「3種のバカ」とは

    野呂 エイシロウ , Official Columnist

    「人件費の高い優秀な人間は日テレに行け! うちは安い人件費のバカがたくさんいればいいんだ。才能よりも頭数が大事だ!」と、某放送局のプロデューサーが大声で話す。会議室の外まで声が響く。「ということは、ここにいるのは馬鹿なんですか?」と部下が口をはさむ。「そのとおりだ! 能力がある人間は日テレに行け!」 ...

  • 経営・経済学の世界大学/大学院ランキング 上位は英米が独占

    Karsten Strauss , FORBES STAFF

    英教育専門誌「タイムズ・ハイヤー・エデュケーション(THE)」は今月、経営・経済学に秀でた世界の大学・大学院ランキングの今年度版を発表した。同誌は、13のパフォーマンス指標に基づき、教育、研究、論文の引用、産業界からの収入、国際性の5項目のスコアを算出し、上位200校をランク付けした。上位200校に ...

  • 映画「ブレードランナー」続編が大コケ 中年にしか受けない説

    Scott Mendelson , Contributor

    恐れられていた事態が現実になろうとしている──。映画ファンから熱狂的支持を集めると期待された伝説的SF映画「ブレードランナー」の続編の上映が米国で10月6日金曜日からスタートしたが、客の入りはパッとしない。1億5500万ドル(約175億円)という巨額な製作予算を投じて作られた「ブレードランナー204 ...

  • 4世代140年以上続く「非上場ファミリービジネス」成功の秘訣

    谷本 有香 , Forbes JAPAN 編集部

    名門ブランドには珍しい創業以来創業家による経営が続くオーデマ ピゲ。140年を超える伝統ブランドの成功の裏には「ファミリー」という考え方があった。機能性は勿論、斬新なデザインが特徴で、世界で初めてステンレス製の高級機械式時計を開発したことでも知られている世界三大時計ブランドの一つ、オーデマ ピゲ。1 ...

  • リーダーの資質がない上司が持つ10の特徴

    Liz Ryan , CONTRIBUTOR

    管理職とリーダーの違いは何か? その端的な答えはこうだ。管理とは、人がやるべき事をきちんとしているかを監督すること。伝統的な「監督」の考え方は、従業員は誰かに見張られていなければまじめに仕事をしなかったり、間違いを犯したりするという恐れに基づいている。「管理者」は後ろに向かって進み、自分の軍隊の誰か ...

  • 乗れる日が待ちきれない 今年一番の注目車「JPNタクシー」

    勝股 優 , Official Columnist

    大転換期だ。日頃あまり報道されない営業車の話だが、私は注目し、楽しみにしている。日本のタクシーが変わる瞬間が近づいてきたのだ。イギリスのロンドンタクシーのような本格的なタクシー専用車が、11月初めあたりから走り始める。ちょうど2年前の東京モーターショーにコンセプトカーとして出品されていたトヨタのタク ...

  • ソフトバンクのウーバー出資、来週合意か 2年以内にIPO説も

    Biz Carson , Forbes Staff

    ソフトバンクのウーバーに対する巨額の出資は、来週にも成立する見込みだ。ウーバーの取締役でハフィントンポスト創業者のアリアナ・ハフィントンが明かした。10月16日、ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)主催のカンファレンスに登壇したハフィントンによると、ソフトバンクはウーバーの株式の14%から20 ...

  • 職場にもいるサイコパス 見分け方と対処法

    Amy Morin , CONTRIBUTOR

    「サイコパス」という言葉からは、残虐な連続殺人犯を連想することが多い。実際に凶悪犯罪者の多くはサイコパスだが、ビジネスで成功するサイコパスもいる。サイコパスは愛想が良く、最初はその魅力によって企業で昇進を重ねる。しかしある時、周囲の人々を巧みに操っていることが明らかになるのだ。サイコパスと同じ職場で ...

  • 世界のクルママニアを魅了した、日本人が手がけるスーパーカー

    ピーター ライオン , Official Columnist

    グローバルに活躍する日本の工業デザイナー、ケン奥山こと奥山清行。彼が手がけるのは、新幹線からトラクター、ロボット、家具、めがね、食器と幅が広い。しかし、彼を一躍有名にしているのは、そのスーパーカーのデザインだ。昨年は、カリフォルニア州モンタレーで開催されるモーター・スポーツのイベント「ザ・クウェイル ...

  • 米国で人気のクラフトビール、経済効果も高まる

    Tara Nurin , CONTRIBUTOR

    米経済に対するクラフトビールの貢献度は、2014年からの2年間で20%以上高まったことが分かった。米国醸造家協会(Brewers Association、BA)が隔年で公表している調査報告書によると、小規模の独立系の醸造所は2016年、米経済におよそ678億ドルの経済効果をもたらした。この金額は、2 ...

  • 昇進できる人が持つ9つの特徴

    William Arruda , CONTRIBUTOR

    私が自己ブランド作りを支援するクライアントとキャリア上の目標について話す際、常に熱い義論となる話題が、昇進だ。キャリア向上の道において昇進は最も重要な節目の一つだが、保証されたものではない。キャリアが上昇するにつれ昇進はますます難しくなり、次のステップへの競争が急に激化するように感じるだろう。近年の ...

  • 米EV市場のシェア1位はテスラ、日産「リーフ」が4位

    Niall McCarthy , CONTRIBUTOR

    今年上半期の米電気自動車(EV)市場では、EVメーカーのテスラが支配的な地位を維持した。「モデルS」と「モデルX」を合わせたシェアは、全体の45%となっている。次いで販売台数が多かったのは、シボレー「ボルト」(16%)、日産「リーフ」(15%)だった。米格付け会社のムーディーズによると、同期の米EV ...

  • ジョブズ亡きアップルが犯した「最大の過ち」とティム・クックの限界

    Quora , CONTRIBUTOR

    ジョブズを失ったアップルが犯した最大のミスは何だろう──。質問サイト「Quora」に寄せられた疑問にテクノロジーライターのGlyn Williamsが回答した。スティーブ・ジョブズ亡き後、アップルが犯した最大の過ちは、パワーユーザーの取り込みに失敗したことだろう。アップルの製品には、ハイエンド・ワー ...

  • 麻薬より危険「食べるのをやめられなくなる食品」リスト

    Quora , CONTRIBUTOR

    研究者らによると、いくつかの太りやすい食べ物は、ヘロインやコカインと同様の依存性があるかもしれないという。ダイエットの経験がある人なら、体重を落とすために自制心を働かすことがいかに難しいかを知っている。脂肪を燃焼する運動も効果的だが、食べ過ぎが脳に影響を与え、依存傾向を強めるという研究結果がある。高 ...

  • F1伝説の名を受け継ぐ「MINI」は、ホットな2つの顔を持つ

    ピーター ライオン , Official Columnist

    1969年に制作されたイギリス映画、元祖「ミニミニ大作戦」はコミカルな犯罪映画だった。作品の中で、 金の延べ棒を大量に載せて逃走する青、白、赤3台のおかげで、MINIは一躍有名になった──。原題は「イタリアン・ジョブ」だったが、それは当時のイタリア車では追跡しきれない、英国車MINIクーパーの性能と ...

  • 精神の強い親がしない13のこと

    Amy Morin , CONTRIBUTOR

    社会で直面する課題に立ち向かえる強い精神を持つ子供を育てるには、子供の精神的な強さを奪う不健全ながらも一般的な育児方法をやめる必要がある。もちろん、子供の精神的強さを育てるのは簡単ではなく、親自身にも精神的な強さが求められる。子供が奮闘するのを見守り、恐怖に立ち向かわせ、自分が犯した過ちの責任を取ら ...

  • 米国の肥満率が過去最悪を更新、「標準」が少数派に

    Niall McCarthy , CONTRIBUTOR

    米疾病対策センター(CDC)がこのほど発表した新たな調査結果から、困った事実がまた明らかになった。米国では成人のほぼ10人に4人が、肥満度を示す体格指数(BMI)で「肥満」に分類されることが分かった。成人の肥満率は世紀の変わり目から上昇を続けている。1999~2000年には30.5%だった割合は、2 ...

  • フライドポテトの「残念な事実」が明らかに 早死にリスクが2倍に

    Alice G. Walton , CONTRIBUTOR

    体に悪いと分かっていても、おいしくて大好きだという人が多いフライドポテトに関する残念な事実がまた一つ明らかになった。長年にわたって食べ続けると、早死するリスクが高まるというのだ。米臨床栄養学会誌(American Journal of Clinical Nutrition)電子版に6月7日に発表され ...

  • 「グローバル化」で生き残りを図る、中国最大の家電メーカー

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    昨年、「美的集団(マイディアグループ)」は世界で最も多く家電製品を売り上げた。その売上高は239億ドル(約2兆6700億円)、純利益は22億ドルに達する。だが、CEOの方洪波(ポール・ファン、50)に油断はない。それどころか、「真のグローバル企業になりたい」と、追われるように改革を進めている。「我々 ...

  • 新しい社会の変え方、「こども宅食」の挑戦

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    7人に1人の子どもが、相対的貧困状態に陥っている日本。深刻化するこの問題に、前例のない革新的アプローチで挑む者たちがいた。その挑戦を、東京都文京区に追う。蒸し暑い7月の昼下がり、新橋駅からほど近い南桜公園。遅めの昼食をとるサラリーマン、一息入れる作業着姿の東南アジア系労働者── 。その日も、いつもと ...

  • テスラの「生産に障害」発生、目標達成率は2割以下

    Jim Collins , Contributor

    電気自動車(EV)メーカー、米テスラの株価は10月3日、終値が前日比2%高となった。前日に公表された2017年第3四半期(7~9月)の同社の生産台数から、この値動きを予想した人がいただろうか。新型の「モデル3」の生産台数は同期、目標の15%程度にとどまった。イーロン・マスクCEOが示した当初の計画が ...

  • 世界で最も稼ぐ男優、マーク・ウォルバーグが年収74億円で首位

    Natalie Robehmed , FORBES STAFF

    今年の「世界で最も稼ぐ男優」ランキングでは、1年間で6800万ドル(約74億3000万円)を稼いだマーク・ウォルバーグが首位に輝いた。ウォルバーグの年収は、SF映画「トランスフォーマー/最後の騎士王」などへの出演により自己最高額に達した。同作は映画評論家からこき下ろされ、興行収入もシリーズ史上最低と ...

  • おバカ映画で笑えなくなった、米ミレニアル世代の厳しい現実

    Dani Di Placido , CONTRIBUTOR

    自宅をカジノに変身させるというぶっ飛んだコンセプトに、主演はあの愉快な大人子供コメディアン、ウィル・フェレル──。ヒット映画に欠かせない要素を備えていたはずのコメディ「The House」(原題・6月末全米公開)が不発に終わった。この映画のどんちゃん騒ぎは、今の観客が求めているものではなかったのだ。 ...

  • 日本長者番付2017、孫正義が首位奪回 1年で資産6千億円増やす

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    フォーブスがまとめた今年の日本長者番付では、株式市場の活況が追い風となり、上位50位の4分の3近くが昨年から資産を増加させた。中でも好調だったのが、通信、テクノロジー、ゲームの3業界だった。今年の番付では、ソフトバンクグループ社長の孫正義が資産総額を204億ドル(約2兆2640億円)に増やし、ファー ...

  • 「毎日同じ服を着る」5つの利点 S・ジョブズも実践

    Joshua Becker , CONTRIBUTOR

    何年か前、筆者は毎日あえて同じ服を着るという実験をしてみた。一週間にわたり、同じダークグレーのTシャツとカーキのパンツで過ごした。周囲の人たちがそれについて何を言い、自分自身がどのような考えを持つか、試してみたいと思ったのだ。自発的にその実験を開始したにもかかわらず、感じたのは別の服を着るべきだとい ...

  • ウィンブルドンとイギリスのゴルフ史

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    テニスの四大大会の開催地として、世界的に名前が知れ渡っているウィンブルドン。19世紀中頃、この高級住宅街へ移住してきたスコットランド人からゴルフの文化が伝えられ、3つのゴルフ・クラブが誕生した。イギリスのゴルフ史に残る、偉大なゴルフ場の魅力とは。ゴールドマン・サックスを辞めてプータローをしていた頃の ...

  • 古代エジプトの新たな謎「去勢されたミイラ」が示す驚愕の事実

    Kristina Killgrove , CONTRIBUTOR

    ロシアの研究チームが、紀元前1000年頃の古代エジプト人女性のものと見られていたミイラを分析した結果、遺体が女性ではなく去勢された男性のものであることが分かった。10月3日の記者発表で研究チームはミイラのMRIスキャンの結果を報告した。このミイラはロシアのエルミタージュ美術館に、1929年から保管さ ...

  • iPhone Xに浮かぶアップルの「傲慢すぎる姿勢」 開発者らは不満

    Ewan Spence , CONTRIBUTOR

    iPhone Xの最大の特徴の一つは、ディスプレイ上部にある「ノッチ」(凹型の出っ張り)だ。ノッチには顔認証機能「Face ID」のセンサーが設置されている。筆者は、このノッチこそが、アップルのユーザーを無視した傲慢な姿勢を象徴していると感じている。ティム・クックは常々、「アップルならではの方法で最 ...

  • テスラ「モデル3」が納車開始、オプション付きの購入価格は?

    Chuck Jones , CONTRIBUTOR

    米電気自動車(EV)メーカー、テスラは7月28日、新型セダン「モデル3」の出荷を開始、予約注文していた最初の30人に納入した。同モデルの予約台数はすでに50万台を超えており、テスラは生産台数を8月に100台、9月に1500台、さらに12月には2万台とすることを目指している。最初の出荷分の納車に伴い、 ...

  • 男性に「ゲタをはかせていた」無意識の偏見の正体

    パク スックチャ , Official Columnist

    1970年代に「男性比率95%」という超男性社会の業界だった米国のオーケストラが変革を起こした。楽団員の採用方法を変えたのだ。音大を卒業する女性は多いにもかかわらず、楽団員はほぼ男性。その状況に問題意識を持った楽団が試したことはブラインド・オーディションだった。オーディションを行う前、演奏者と審査委 ...

  • アジアのトップ大学ランキング 日本が入選校数で1位に

    Karsten Strauss , FORBES STAFF

    英国の教育専門誌「タイムズ・ハイヤー・エデュケーション(THE)」は毎年、世界最高水準の教育機関に関する調査を実施する。アジア地域での今年の結果は、シンガポールの大学が2年連続で首位に立った。世界ランキングに69大学が入った日本は、入選校数で3年ぶりにアジア首位となった。アジアのトップ10校と各校の ...

  • コーチのケイト・スペード買収、アナリストらが歓迎する理由

    Grace L. Williams , CONTRIBUTOR

    高級服飾ブランドの米コーチは5月8日、同業のケイト・スペードを24億ドル(約2710億円)で買収すると発表した。両社はともに、今回の合意に前向きだったようだ。コーチのビクター・ルイス最高経営責任者(CEO)は発表文で、ケイト・スペードは「卓越したブランドであり続ける力を持つと同時に、ミレニアル世代の ...

  • 日本人の死因16%に影響する「運動不足」という問題

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    日本人の死因のうち、16%は運動不足が影響─。医学雑誌「LANCET」の指摘である。ITで生活がラクになった現代において、運動不足を解消するよい方法とは。今年の2月、筆者は東京マラソンを4時間27分で完走した。55歳にして自己ベストを大幅に更新できた。何歳になっても新しいことに挑戦し続けられる喜びを ...

  • アップル「Touch ID」廃止の有力情報 顔認証を全面採用か

    Gordon Kelly , CONTRIBUTOR

    「地球上で最も優れたアップルのアナリスト」と呼ばれるKGI証券のミンチー・クオ(郭明錤)がまたまた衝撃的なレポートを公開した。Macrumorsが掲載したクオのレポートによると、アップルは長年愛されたiPhoneの指紋認証機能「Touch ID」を、次期モデルで全面的に廃止し、その代わりに顔認証シス ...

  • アップルウォッチ売上好調 「前年比50%増」とティム・クック発言

    David Phelan , CONTRIBUTOR

    アップルCEOのティム・クックは、8月1日の第2四半期決算発表の場で、「アップルウォッチの売上が前年度比50%の伸びとなった」と述べた。また、アップルウォッチは競合製品に大幅な差をつけ、世界で最も売れるスマートウォッチとなったと宣言した。実際の数字は明かさなかったが、これはいつものことだ。しかし、ク ...

  • ウーバーに1兆円注ぐソフトバンクの「打算」とグーグルの思惑

    Biz Carson , Forbes Staff

    ソフトバンクはウーバーへの出資に向けた交渉に入っており、早ければここ2週間のうちに正式アナウンスが行われる見込みだ。出資額は50億ドルから70億ドル、もしくはそれ以上になる可能性もある。関係筋によるとソフトバンクはウーバーの出資元らに対し、株式の買い取り提案を進めており、同時に直接投資の道も模索中と ...

  • 子供の人身売買と性奴隷の撲滅へ、マリオット・ホテルなど対策強化

    Tanya Mohn , CONTRIBUTOR

    人身売買は、多くの人たちが考えるよりも広くまん延している問題だ。国連の国際労働機関(ILO)によると、被害者は世界全体でおよそ2100万人に上り、その多くが「現代の奴隷」にされている。人身売買の被害者らが都市から都市、国から国へと移動させられる際には旅客機、電車、バスといった交通機関が使われることか ...

  • LGBTのためにパートナーシップ制度より進めるべきこと

    加藤 年紀 , Official Columnist

    LGBTに関する複数の調査から、日本のLGBT当事者の比率は7〜8%と言われている。これは、左利きやAB型の割合と同じである。LGBTを取り巻く環境は、少しずつではあるが変わりつつある。東京都渋谷区では2015年3月、「渋谷区男女平等及び多様性を尊重する社会を推進する条例」が議会で可決された。この条 ...

  • 「モデル3」発売のテスラ、急激な増産は実現可能か

    Jim Collins , Contributor

    本当に大変なのは、ここから先だ──。新型「モデル3」の納入を7月28日に開始した米電気自動車(EV)メーカーのテスラは今後、大量生産を実現しなくてはならない。同社のイーロン・マスク最高経営者(CEO)は報道陣の前で、同社が少なくとも向こう6か月の「生産地獄」を経験すると述べた。そして、その後に行った ...

  • スイス時計の聖地、ジュウ渓谷で知るオーデマ ピゲの原点

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    オーデマ ピゲは創業の土地を非常に大切にし、ロゴに「Le Brassus(ル ブラッシュ)」の文字を組み込み、ブティックにもそのイメージが反映されている。そんなオーデマ ピゲの原点を訪ね、その時計作りの神髄に触れた。スイス時計の聖地、ジュウ渓谷 オーデマ ピゲは、ジュール=ルイ・オーデマとエドワール ...

  • 「アジアの富豪一族資産ランキング」発表、日本は二家族がトップ50入り

    Keren Blankfeld , FORBES STAFF

    フォーブス アジアは11月9日、「アジアの富豪一族資産ランキング」を発表した。2度目の発表となるランキングのトップは、昨年に続きサムスンの李一族。上位10家族の顔触れにはほぼ変わりがないものの、順位には変動がみられた。【昨年のランキング】また、日本からはサントリーを経営する佐治家が18位に、森ビルの ...

  • 世界の有力企業2000社リスト、トヨタが10位で日本首位

    Corinne Jurney , FORBES STAFF

    フォーブスは5月24日、2017年版「世界の有力企業2000社ランキング(グローバル2000)」を発表した。このリストからは、市場の不透明性と不安定性が高まり、政治における予期しなかった変化が起きたこの一年も、世界各国の有力企業は成長を続けたことが分かる。リストに入った2000社は、全体として前回か ...

  • 今そこにある「仮想通貨バブル」という危機

    Laura Shin , CONTRIBUTOR

    テクノロジーの進歩は、経済の血液たる「通貨」にまで及ぼうとしている。今後コインの種類こそ変わっても、仮想通貨がなくなることはないだろう。だが社会が新しい血に慣れる上で、副作用は避けられないのかもしれない。4月24日、マーティン・ケッペルマン(31)、ステファン・ジョージ(29)、マット・リストン(2 ...

  • カリフォルニア州「無人の自動運転」テスト解禁へ、全米初

    Alan Ohnsman , FORBES STAFF

    自動運転車両の実用化に向けて、米カリフォルニア州は大きな第一歩を踏み出した。自動運転車の開発を行う企業らは今後、セーフティードライバー(緊急時に対処する人員)が乗車しない自動運転車両を公道でテスト出来るようになる。カリフォルニア州車両管理局(DMV)は10月11日、ロボット車両のオペレーションに関わ ...