• iPhone XR「生産台数の大幅削減」で見えたアップルの誤算

    Ewan Spence , CONTRIBUTOR

    アップルCFOのルカ・マエストリは先日、今後は決算発表の場でiPhone、iPadおよびMacの売上台数を公表しないと宣言した。iPhone 6とiPhone 6 Plusの発売以来、iPhoneの販売台数は伸び悩んでおり、アップルは個別の製品価格を引き上げ、マージンを増やすことに注力してきた。しか ...

  • 日本は輸入量世界一 そもそもボジョレー・ヌーボーとは

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    今年のボジョレー・ヌーボー解禁日は、11月15日。この日は毎年多くのイベントが開催され、各地で賑わいをみせる。日本人に愛されるワインの代表格「ボジョレー・ヌーボー」とは、そもそもどんなワインなのか。全輸出量の約半分は日本にボジョレー・ヌーボーとは、フランスのブルゴーニュ地方南部、ボジョレー地区でその ...

  • 「Makuake」で歴代5位の支援金を調達!次世代型のスマートロック「SESAME」が開く新たなドアとは

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    ミニマルなデザインを追求しながら「世界最多機能」を実現した次世代型のスマートロック「SESAME」が日本に上陸。クラウドファンディングサイト「Makuake」で、わずか1カ月半で7000万円を達成し、 現在9000万円を調達し歴代5位の調達金額にまで達し、急速に認知を広めている。「SESAME」の開 ...

  • 米サイバー軍が支援「新種のマルウェア」検出サイトの威力

    Lee Mathews , CONTRIBUTOR

    インターネットの安全を守る上で、アメリカの「サイバー軍(USCYBERCOM)」が果たす役割は非常に重要だ。その任務を遂行する上で、軍は民間と協力する姿勢をみせている。サイバー軍はセキュリティ業界とも連携を深めており、11月5日には「新たなマルウェアを発した場合、そのサンプルを公開する」とプレスリリ ...

  • アリババ「独身の日」で取引額2.7兆円突破、史上最大に

    Robert Olsen , FORBES STAFF

    11月11日深夜、世界最大のEコマースの祭典として知られる「独身の日」が始まり、アリババは当日の午後3時49分時点で、取引額が1682億元(約2兆7500億円)を突破したと発表した。上海で開催されたアリババのイベントにはマライア・キャリーやミランダ・カー、シルク・ドゥ・ソレイユなども登場し、テレビや ...

  • CD不況の音楽業界で、エミネムの新作が「売り切れ」の理由

    Bobby Owsinski , CONTRIBUTOR

    音楽業界ではストリーミングの隆盛が伝えられる一方で、CDの深刻な売上低下が指摘されている。しかし、先日「ビルボード」が掲載した記事で、意外な事実が明らかになった。エミネムや、レディ・ガガなどの有名アーティスト4組のアルバムのCDは、発売直後にソールドアウトになったという。また、これらのアーティストの ...

  • 「GT-R50」が好評の日産、その勢いで高級クロスオーバーも開発か

    ピーター ライオン , Official Columnist

    日産とイタリアのイタルデザインが共同開発した限定モデル「GT-R50」が、1億円超えという価格にもかかわらず好評だ。日産はこれに気を良くし、次のモデルもやっちゃうらしい。同社に近い人による情報によれば、今回計画されているのは、やはりイタリアとのコラボで、720psのV6ツインターボを使ったラグジャリ ...

  • 顧客満足度最低、全米を席巻する「スピリット航空」に乗ってみた

    長野 慶太 , Official Columnist

    アメリカ連邦航空局(FAA)のルールで、すべての航空機は、「非常退避2分ルール」というものが適用される。満席でも2分で退避できるように搭乗員は訓練され、また機内のデザインや座席の配置も、それをクリアすることが求められる。逆に言えば、そのルールをクリアする限り、航空会社は機内にひとつでも多くの座席を置 ...

  • 来年のiPhoneはライトニング廃止「USB-Cに完全移行」との見方

    David Phelan , CONTRIBUTOR

    アップルは10月30日に開催の新製品発表会において、新型「iPad Pro」をアナウンスするとみられている。ここで話題となっているのが、新たなiPad Proの充電ケーブルについてだ。複数のリーク情報によると、アップルはiPad Proでライトニングポートを廃止し、USB-Cポートへ移行するとされて ...

  • インスタグラムに溢れる「ヌード画像」が放置されている理由

    Jonathan Berr , CONTRIBUTOR

    インスタグラムには膨大な数のポルノ画像や、セックス関連のイメージが投稿されている。これはインスタグラムが厳格なヌード禁止のルールを定めていることから考えて、とても奇妙なことだ。ガイドラインでは、たとえアート的なヌードであっても禁止されている。性行為や性器、裸体のクローズアップは掲載禁止で、女性の乳首 ...

  • 「家を買ってあげたい」 起業家たちが親へ贈る感謝の形

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    毎週火曜日、Forbes JAPAN常連起業家に、仕事とプライベートのことを聞いたアンケートの回答を公開している。第4回目のテーマは「これまでにした最高の親孝行」。我妻陽一|助太刀代表「父親にロードバイクを買った」父親が定年退職した時、ロードバイクをプレゼントしたという我妻。若い時に父親が乗っていた ...

  • 「今後のアジア発のコンテンツは楽しみだね」ネットフリックスCEOが考えを明かす

    新國 翔大 , Forbes JAPAN 編集部

    いまエンターテインメント業界で、その一挙手一投足に注目が集まっている人物──それは、この男をおいて他にいないだろう。ネットフリックス創業者兼CEOのリード・ヘイスティングスだ。彼は2017年「ハリウッドで影響力を持つ100人のリスト」に同社CCO(コンテンツ最高責任者)のテッド・サランドスと並んで2 ...

  • ついに「色気」を放ち出した日本のコンセプトカー

    ピーター ライオン , Official Columnist

    第45回となる今年の東京モーターショーは、いつもと違っていた。2年に一度開催されるこのショーは、新しい技術、 次期スポーツカー、奇妙なセンスでアニメ風なコンセプトカーが際立つことで知られている。それに実は、そういったアニメっぽいコンセプトカーを見るために訪れる海外のジャーナリストも、少なくない。とこ ...

  • iPhone XSとXS Maxは「充電が遅すぎ」の声、アンドロイドの約2倍

    Gordon Kelly , CONTRIBUTOR

    先日から発売中のiPhone XSとiPhone XS Maxについて、またもや気になる情報が浮上した。大手経済メディア「CNBC」にこれらの2端末の充電スピードが「とんでもなく遅い(insanely slow)」とする記事が掲載された。同様な指摘はガジェット系メディア「PhoneArena」からも ...

  • 世界で最も稼ぐマジシャン 年収69億円のカッパーフィールドに

    Hayley C. Cuccinello , FORBES STAFF

    デビッド・カッパーフィールドにとって、それは一目ぼれだった。10歳の時、母親に連れられて訪れたニューヨークのデパートで、常勤マジシャンが小さなボードの上でコインを消して再び出現させるパフォーマンスを披露していた。このシンプルなトリックが、幼きカッパーフィールドにそのボードを購入させ、マジックの道に進 ...

  • ついに世界の期待に応えた! マツダの新ロードスター

    ピーター ライオン , Official Columnist

    マツダのロードスターが想像以上に進化した。2014年から発売されてきた4代目は、いわゆる「ビッグマイナーチェンジ」の時期を迎え、2つの重要な改良がなされた。そして、先週、横浜で試乗したその改良版は、僕がこれまでに経験した中でもっとも感動的で、思わず声を上げてしまう「アップグレード」だった。新しくなっ ...

  • 代替肉商品の食塩含有量 一部は海水以上という驚きの調査結果に

    Lana Bandoim ,

    肉を含まない代替肉商品を対象とした新調査では、一部が海水以上のナトリウム濃度を持つという結果が出た。調査を行ったのは、ロンドン大学クイーン・メアリー校を拠点とし、24人の科学専門家をメンバーとする団体アクション・オン・ソルト(Action on Salt)だ。同調査が対象としたのは、ビーガンとベジタ ...

  • 日本人が知らない日本のカッコいい4WD「いすゞ D-MAX」

    ピーター ライオン , Official Columnist

    いすゞ自動車と聞くと、何を思い浮かべますか? クルマ好きであれば、かつて人気だったベレット、117クーペ、ジェミニ、ピアッツァ、そしてビッグホーンはすぐ口から飛び出すはず。特に「117クーペは美しかったな〜」と懐かしく思い出す人も多いだろう。しかし、いすゞは10年ほど前に、販売不調で乗用車販売から撤 ...

  • 孫正義、WeWorkへの即決40億ドル出資の舞台裏

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    「頭がいい奴とクレイジーな奴。戦いに勝つのはどちらだと思う?」ソフトバンクの孫正義は、WeWork経営者の2人にこう投げかけた。古い枠組みを壊し、新たな経済圏を作るのは、いつも異端児たちのクレイジーなストーリーだ。ウーバー、エアビーアンドビーに次ぐ企業価値200億ドルをつけた「WeWork」。新しい ...

  • 世界で「最も稼ぐテニス選手」、3位の錦織は年収38.4億円

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    世界で「最も稼ぐテニス選手」の1位は今年も、ロジャー・フェデラーだった。13年連続の首位となる。フォーブスの調査によれば、今年6月1日までの1年間の収入は推定7720万ドル(約85億8900万円)。うち6500万ドルが企業とのエンドースメント契約料(出演料を含む)だった。長年にわたって素晴らしい戦い ...

  • ダイムラー、完全自動運転タクシーの公道実験を米で開始へ

    Sam Abuelsamid , CONTRIBUTOR

    ドイツのダイムラーとボッシュは今年7月、2019年にシリコンバレーで自動運転タクシーの試験運用を開始すると発表していた。11月8日、両社は2019年下半期から米サンノゼで、メルセデス・ベンツ「Sクラス」の自動運転車両を用いた、実証実験を開始すると発表した。シュトゥットガルトに本社を置く2社は、以前か ...

  • 米有力テック企業FAANGに続く「TAND」の将来性

    Great Speculations , CONTRIBUTOR GROUP

    過去10年ほどの間、米国の有力なテクノロジー企業、いわゆる「FAANG(フェイスブック、アップル、アマゾン、ネットフリックス、グーグル)」の株価が相場の安定的な上昇を強力に後押ししてきたことは間違いない。今年に入ってからは特に、FAANG全体の影響力の大きさが目立っていた。自動車、金融、一般消費財な ...

  • ギグ・エコノミー時代、日本人に欠けてる「パーソナルブランディング」

    中原 孝子 ,

    自由裁量が認められ、自己貢献の認知がある働き方を重視するミレニアルズの価値観や、場所や時間に拘束されない働き方を可能にしたテクノロジーの進化により、単発のフリーエージェントとして働く「ギグワーカー」が増えていることがここ数年で話題になっています。人事関係者の間でも、数年先を見据えて「ギグ・エコノミー ...

  • 超富裕層のプライベート機利用、意外な実態が明らかに

    Doug Gollan ,

    ほとんどの人が経験したことのないプライベートジェットの世界を垣間見ることのできる興味深い調査結果が、専門誌ビジネス・ジェット・トラベラー(Business Jet Traveler)により発表された。同誌は今年8回目となる読者アンケート調査で、人々がプライベートジェットを使う理由や、プライベートジェ ...

  • イーロン・マスクが示す「地味でも不可欠」な事業への意欲

    Alan Ohnsman , FORBES STAFF

    イーロン・マスクの大計画は大抵、クリーンエネルギーや電気自動車、火星移住計画、地下に建設中の超高速交通システムといった革命的な技術を伴うものだ。だが、この億万長者の起業家は米国の各都市に対し、自らの現実的な側面も知ってほしいと望んでいる。マスク率いるトンネル掘削会社のボーリング・カンパニーは、真空状 ...

  • 合意なきEU離脱で「2、3年は地獄を見る」 英国在住の識者に聞く

    久世 和彦 ,

    イギリスの欧州連合(EU)離脱(通称ブレグジット)が2019年3月29日に迫っている。しかし、EUとイギリスの間で離脱をめぐるさまざまな条件の合意に至らず、迷走を続けている。イギリス国内では、最悪の事態として「合意なき離脱」も想定した動きが見られる。「合意なき離脱」となった場合、イギリスや日本の経済 ...

  • 「独身の日」売上高の記録更新から見通すアリババの今後

    Andria Cheng , Contributor

    「中国で現在みられる(中間所得層の拡大)傾向は、今後も続くだろう」──。同国の電子商取引(EC)最大手アリババ集団の蔡崇信(ジョー・ツァイ)副会長は年間で最大のショッピング・イベント、「独身の日」のセールを行った11月11日、自社のブログでそう述べた。この日の売上高は今年も、最高記録を更新した。中国 ...

  • 米国をまねたい中国が「コピーできないもの」

    Panos Mourdoukoutas , CONTRIBUTOR

    中国は米国から、さまざまなものをコピーすることができる。ビジネスモデルやテクノロジー、そして政策もまねることが可能だ。だが、中国が決して自国で再現できないものがある。それは、米国の経済システムの中核をなす政府と市場の偉大なコンビネーションだ。米国は“理想的”ではないとしても、 ...

  • アメリカ市場で「最も過激なホンダ」、シビック・タイプR

    ピーター ライオン , Official Columnist

    1990年にホンダNSXが登場したとき 、ドイツの名門サーキット、ニュルブルクリンクでのラップライムが8分16秒ということが、世界を驚愕させた。当時のスーパーカー作りを変えたそのNSXは3L、V6のミッドシップエンジンで280馬力だった。それから27年が過ぎた。2017年に登場したシビック・タイプR ...

  • 海外で箔をつけてから日本上陸 「1億円超え」の日産GT-R50

    ピーター ライオン , Official Columnist

    トランプ大統領が何を言おうが、グローバリゼーションは良いものだと思う。自動車業界では、特にそうだと確信する。世界のさまざまな国の強みとテイストを合わせることによって、クルマをアピールできる客層はより広がる。数年前には、マツダとフィアットが共同開発した「ロードスター」と「124スパイダー」という兄弟車 ...

  • 職場での悪評高いミレニアル世代 尊重されるための6つの方法

    Ashira Prossack , Ashira Prossack's Forbes Blog Contributor

    ミレニアル世代は、いまだに職場で悪評を買っている。私はミレニアル世代として、尊重されるためには他の人より多くの努力が必要だと感じることもある。尊敬はただ与えられるものではなく、自分で得るものだ。次の6つのコツに従い少し努力をすれば、すぐに尊敬を得られるだろう。1. 人の話を聞くこと時々、人の話を聞く ...

  • 「貧困地域の再生」を目指す米超党派グループ

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    「途方もない可能性を秘めた数多くの子供たちが不本意に命を落とすのを見てきました。ここでは葛藤や苛立ち、絶望が蔓延しています。だからこそ、違いを作りたかったのです」地元でそう話すのは米サウスカロライナ州選出の共和党議員ティム・スコット(53)だ。そして、その夢がついに叶うかもしれない。米議会は昨年、超 ...

  • 人間ドックは何歳から受けるべき? 医師3400人にアンケート

    イシコメ , CONTRIBUTOR

    健康の維持や管理のために、何か気をつけていることはありますか?こう質問をするときっと、「定期的に運動している」「塩分控えめの食生活を心がけている」「食事の栄養バランスを考えている」といった回答をする方が多いと思います。まぁ、それ以上に「何もしていない」という声も多いと思いますが…&he ...

  • ビジネスSNSのプロフィールに多い「即修正すべき」5つの問題点

    Zack Friedman , CONTRIBUTOR

    仕事を探している、素晴らしい人材を採用したい、最高のネットワークを築きたい─そう考える人たちにとって、まず必要なのがビジネス向けSNSのリンクトインだ。ただ、それにもかかわらず、リンクトインのプロフィールには驚くほど多くの「間違い」がみられる。多くのユーザーたちは仕事やお金、評判資本を自ら損なってい ...

  • WRXワゴンが復帰か、スバルのヴィジヴ・ツアラーの真相

    ピーター ライオン , Official Columnist

    これはWRXワゴンの再解釈だろうか? 迫力満点のブリスターフェンダーと鋭いエッジが効いた格好いいボディは、ちょうどレヴォーグとアウトバックの中間に当たるサイズだからこそ、再解釈と言えるかもしれない。今月のジュネーブ・モーター・ショーで発表されたスバルのヴィジヴ・ツアラー・コンセプトは、昨年の東京モー ...

  • グーグル発表のセクハラ研修 さらなる問題を生む恐れも

    Kim Elsesser ,

    インターネット大手グーグルは先週、従業員らが会社のセクハラ対応と多様性の問題を巡りストライキを行ったことを受け、対応策を発表した。サンダー・ピチャイ最高経営責任者(CEO)は、今後のセクハラ事案については調停による解決を義務付けないと宣言するとともに、性別と多様性の問題に対する取り組みの優先度を上げ ...

  • 職場にもいるサイコパス 見分け方と対処法

    Amy Morin , CONTRIBUTOR

    「サイコパス」という言葉からは、残虐な連続殺人犯を連想することが多い。実際に凶悪犯罪者の多くはサイコパスだが、ビジネスで成功するサイコパスもいる。サイコパスは愛想が良く、最初はその魅力によって企業で昇進を重ねる。しかしある時、周囲の人々を巧みに操っていることが明らかになるのだ。サイコパスと同じ職場で ...

  • 若い世代は「年中無休の好奇心」で仕事も遊びも全力投球せよ!

    堀 香織 , CONTRIBUTOR

    年中無休の好奇心で、仕事も遊びも全力投球。複数のインターネット事業を展開するギークス社長、曽根原稔人が自身の趣味や若い世代に伝えたいことを語る。ホテルサービスマン、不動産の総合サービス業務を経て、2001年、IT関連の会社を共同経営者と立ち上げ、上場を経験。07年にIT人材部門を子会社化して、独立し ...

  • 研究室で作る「高級ウイスキー」は業界に革命を起こせるか?

    Felipe Schrieberg , CONTRIBUTOR

    研究室で製造されたウイスキーは、果たしてウイスキーと言えるのか──? サンフランシスコのスタートアップ、エンドレス・ウエスト(Endless West)が、同社初の“ウイスキー”発売でその境界に挑もうとしている。同社の商品「グリフ(Glyph)」は現在、ニューヨークとサンフラ ...

  • 500人の医師に聞く 健康のために「控えるべき」3つの悪習慣

    イシコメ , CONTRIBUTOR

    健康志向が高まって久しいですが、あなたは普段、健康を意識した生活を送ることができていますか?「これ、健康に悪いんだろうな」そう思いながらも、なかなかやめられない習慣が誰しも一つはあることと思います。健康にいいと言われるサプリを飲んだり、毎日1駅分歩くようにしてみたり……。 ...

  • 夢のクルマ、フェラーリが史上最強のV8で業界を圧倒

    ピーター ライオン , Official Columnist

    カモフラージュを施したフェラーリ488ピスタのプロトタイプを遠慮ない速度で走らせる──。それは、オーロラを初めて見る感覚だ。一気に鳥肌が立ち、快感受容器が最大限になる。僕にとっては、伝説のテノール、ルチアーノ・パヴァロッティが、プッチーニのオペラ「トゥーランドット」で「誰も眠ってはならぬ」のクライマ ...

  • 日米「鉄道」体験比較 日本にあってアメリカにないものとは

    長野 慶太 , Official Columnist

    アメリカの大陸横断鉄道は、椅子やテーブルもゆったりと大きく、個室も2人用、4人用と充実していて寝心地もいい。展望車であるサロンカーは、文字通り360度見渡せ、天井もガラス張りで臨場感たっぷり。距離も、たとえばシカゴからサンフランシスコまで2泊3日というスケールで、「乗り鉄」にはたまらないワクワク感が ...

  • 絶対に受けてはいけない10のはり治療

    Steven Salzberg , CONTRIBUTOR

    なぜ人々は、自分の体に効果がないばかりか、時に害をもたらすようなことをし続けるのだろうか。自己破壊的とも思えるこうした行為は、えせ医学が横行する要因となっている。オーストラリアの研究チームは5年前に医学誌「Medical Journal of Australia」に発表した論文で、数千種類もの医療行 ...

  • 今後10年で生まれる「未来の仕事」21選

    Adi Gaskell , CONTRIBUTOR

    技術の進歩が雇用に与える影響については、まるでこの世の終わりといった悲観的な予測が、この1年ほどで増えてきた。これまで発表された調査の大半は、自動化などの技術の影響で多くの職業が失われると断言する結果が出ている。こうした調査にはさまざまな欠陥があるが、中でも最も大きな誤りは「労働塊の誤謬(ごびゅう) ...

  • 10月発売のiPhone XRを待つ人たちへの「残念なニュース」

    Gordon Kelly , CONTRIBUTOR

    iPhoneの新モデル、iPhone XSとiPhone XS Maxがいよいよ店頭に並んだ。多くのユーザーが上位機種よりも安価なiPhone XRの発売(10月26日)を待つ予想されているが、先行発売された2機種には、XRを大きく上回るメリットがあることが明らかになった。ガジェットの分解レポートで ...

  • 「投資家の言葉」を使え 金持ち父さんから社会起業家へのメッセージ

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    近年、利益よりも社会課題の解決を目的にする起業家「ソーシャルアントレプレナー(社会起業家)」が増えている。彼らに対して、長いキャリアを持つ投資家はどう考えるのか。そして、彼らは何を基準にして投資の判断を下すのか。全世界で3000万部以上を売り上げる『金持ち父さん 貧乏父さん』の「金持ち父さん」のモデ ...

  • 「台湾の富豪」トップにホンハイ創業者、資産8300億円

    John Koppisch , Forbes Staff

    フォーブスは11月12日、「台湾の富豪」50名のランキングを発表した。1位にはホンハイ(鴻海精密工業)創業者で、資産73億ドル(約8300億円)の郭台銘が入った。郭が本ランキングでトップに立つのは2010年以来のことで、彼は昨年の2位から順位をあげた。しかし、郭の資産額は2017年から23%の下落と ...

  • iOS 12で相次ぐ「バッテリーが持たない」の声、対応策は?

    Anthony Karcz , CONTRIBUTOR

    アップルは9月17日、最新OSの「iOS 12」をリリースしたが、iPhoneやiPadのバッテリー持ちが悪化したとの声が多く上がっている。バッテリー消費が早いのは、ソフトウェアのせいなのだろうか? 答えはイエスでもありノーでもある。バッテリー消費が早くなる原因がiOS 12であることは確かだが、そ ...

  • ネットフリックスが発表「最もイッキ見されたドラマ」10作品

    Dana Feldman , CONTRIBUTOR

    ネットフリックスの人気の高まりを受けて広く一般化したのが“binge watch(ビンジ・ウォッチ)”と呼ばれるイッキ見の習慣だ。2017年に新たに会員になった人が最もイッキ見した作品は、1980年代の米国中西部の架空の町を舞台としたSFホラードラマの「ストレンジャー・シング ...

  • アップルの次世代ヘッドホンは「自動で左右を認識」か

    David Phelan , CONTRIBUTOR

    アップルは来年、完全ワイヤレスイヤホン「AirPods」の新モデル「AirPods 2」を発売する見通しだが、これとは別のプロダクトとして独自のヘッドホンの製造計画を進めていることが明らかになった。ニュースサイト「9to5Mac」が、アップルが取得したヘッドホンの特許について報じている。このヘッドホ ...