世界38カ国、800万人が愛読する経済誌の日本版

Getty Images

「これから風の時代がやってくる」と耳にした人も多いだろう。 「占いは信じない」「スピリチュアルなのは苦手」でも、激動の2020年を経て、「時代の変わり目」を肌で感じた人も少なくないはずだ。

では一体、「風の時代」とはどのような時代で、これまでと何が変わるのか。その新しい時代において、手放すほうがいいものがあるとしたら、それはなんなのか。

多数の雑誌で連載を持つ人気占い師、水晶玉子氏に「2021年にやめるべきこと」を聞いてみた。



2021年は、西洋占星術では「風の時代」の始まりの年と言われます。

西洋占星術では、約20年に1度起きる木星と土星の大接近を「グレートコンシャンクション」というのですが、この現象はこれまでの約200年、土の星座(牡牛座・乙女座・山羊座)で起きていました。それが、2020年12月22日のグレートコンジャンクションは、水瓶座で起き、次の200年間はずっと風の星座(双子座・天秤座・水瓶座)で続くことをとらえて、「風の時代」の始まりとされるのです。

では、これまでの「土の時代」はどんな時代だったかというと、「土」は文字通り、物や形あるもの、経済などの象徴であり、人はみな「所有」することを求めた時代でした。約200年前の「土の時代」の始まりに起きたのが産業革命で、それが行き着いたところが現代の大量生産・大量消費の世界であるともいえます。

きたる「風の時代」は、「風」が目に見えないように、情報や知識など形のないもの、伝達や教育などが重視され、人々は何より「知る」ことを求めていくことになると言われています。

つまり2021年は、「持つ」ことから「知る」ことを重視するように世の中の価値観が大きく変わる、時代の曲がり角なのです。 

文=水晶玉子

VOL.14

支出は「ありがとう」の意味。古い価値観をや...

VOL.16

本を捨てることで、見えてくる自身の「原点」─...

PICK UP

あなたにおすすめ