世界が直面する課題の解決方法

大量失業の時代を乗り越えていく「6つの能力」(Photo by Unsplash)

Forbes JAPAN本誌の人気連載「深き思索、静かな気づき」を執筆する田坂広志が、世界経済フォーラムのアジェンダに寄稿した記事をご紹介します。


コロナ危機は、これから人類社会に、いかなる変化をもたらすのか? それは、何か全く新しい変化をもたらすわけではない。

コロナ危機は、これまで人類社会に求められていたさまざまな変化と変革を加速することになる。特に、この危機は「第4次産業革命」を大きく加速することになるだろう。なぜなら、コロナ危機が人類社会に求めるのは、人の「空間移動」と「相互接触」を最低限に減らし、感染の拡大を抑えることだからである。その結果、「非接触技術」(Contactless Technology)と呼ばれるものが、これから大きく社会に広がっていく。

具体的には、オンライン会議や仮想現実(VR、AR)の技術、ロボティックスや人工知能(AI)の技術、ドローンや自動運転の技術、総じて「デジタル・トランスフォーメーション」(DX)に関する技術が、急速に社会に広がっていくが、これらの技術は、いずれも、第4次産業革命によって急速に開発が進んできた技術である。

では、このコロナ危機が加速する第4次産業革命の結果、何が起こるのか。

大量の失業が発生する。

なぜなら、この危機と革命の結果、社会に広がっていくロボッティックスやAI、ドローンや自動運転の技術は、様々な職種の多くの労働者から仕事を奪っていくからである。

では、これから仕事を失っていくのは、どのような人材か。

まず、ロボティックスやドローン、自動運転などの技術によって代替可能な「単純肉体労働」に従事してきた人材は、仕事を失うだろう。しかし、これらの人材は、職を失っても、少し高度な肉体労働を身につけることによって、新たな職を得ることができるだろう。

むしろ、第4次産業革命が生み出す失業問題で深刻なのは、これまで「知識労働」に従事してきた人材の多くが、急速に発達するAIによって淘汰され、職を失うことである。

AIに代替されない3つの能力


特に、「専門的知識の活用」と「論理思考による判断」は、AIが圧倒的に強い能力であるため、その2つの能力によって仕事をしてきた職種は、その多くが職を失っていく。それは、弁護士や会計士、医師や薬剤師などの、これまで「高度な専門職」と思われてきた職種も例外ではない。

では、第4次産業革命が急速に進むこれからの時代に、我々は、どのような能力を身につけていくべきか。また、国家や企業は、どのような能力を身につけた人材を育成していくべきか。

文=Hiroshi Tasaka, Honorary Professor, Tama University

この著者の記事一覧へ

PICK UP

あなたにおすすめ