Close

PICK UP

世界38カ国、800万人が愛読する経済誌の日本版

左から、バーバラ・キングソルヴァー、アンディ・ウォーホル、マルコム・フォーブス(Photo by Gettyimages.com)

人々は「価値」にお金を支払い、経済はお金で回る。では、そもそも「価値」とは何なのだろうか。自分が決めるものなのか、他の誰かがが決めるものなのか? 現代における「価値」はどこから来るのか? 古えから今に至るまでの「価値」にまつわる思索と名言に、ヒントが隠されているかもしれない。 (vol.1はこちらから>>


Value is not made of money, but a tender balance of expectation and longing.
「価値は、お金でできているわけではない。期待や憧れが、絶妙に調和してできている」
——バーバラ・キングソルヴァー(作家、1955-)

Who steals my purse steals trash; ‘Tis something, nothing.
「財布なら、盗まれたところで大したことはない。それは何かであり、何でもない」
——ウィリアム・シェイクスピア(劇作家、1564-1616)『オセロ』

Statements of fact are after all statements, which presumes a number of questionable judgments.
「事実の陳述もしょせん事実ではなく陳述だ。だから、数多くの不確かな価値判断が含まれている」
——テリー・イーグルトン(文芸批評家、1943-)『文学とは何か』

Law, and force, and ether and the like, are merely useful symbols, while the ignorant and the careless take them for adequate expressions of reality.
「法則とかエネルギーとかエーテルとか、そういったものが記号として役に立つのは、ほんの一時にすぎない。無知と不注意のせいで、それらが現実の世界をうまく説明していると思い込んでいる間だけだ」
——トマス・ヘンリー・ハクスリー(生物学者、1825-1895)

Every Advance in knowledge brings us face to face with the mystery of our own being.
「知識が前へ進むたび、私たちが存在する謎に向き合うことになる」
——マックス・プランク(物理学者、1858-1947)『科学はどこへ行くのか』

Gold is the corpse of value. Wealth stored up in gold is dead.
「金は価値の死骸だ。金として蓄えられた富は、死んでいる」
——ニール・スティーヴンスン(作家、1959-)『クリプトノミコン』

It is in dialogue with pain that many beautiful things acquire their value.
「悲しみと対話してこそ、数々の美しい物事が価値あるものになっていく」
——アラン・ド・ボトン(哲学者、1969-)

Just Because people throw it out and don’t have any use for it doesn’t mean it’s garbage.
「使い道がなくて、みんなが放り出したからって、ゴミだと決まるわけじゃない」
——アンディ・ウォーホル(芸術家、1928-1987)

翻訳=有好宏文

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

あなたにおすすめ

合わせて読みたい