Close

Forbes JAPAN 会員登録で
3,000円分のギフト券が当たる!

PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

I cover ways to bring out the talent in other people.

PKpix / Shutterstock.com

本記事では、恐怖心にあふれた思考法からポジティブな思考法へと移行するためのキャリアのコツを紹介する。

同僚から次のような話を聞く場面を想像してほしい。「聞いた? ダイアンが辞めたから、彼女が務めていた注目度の高いポジションが今空いているらしい。挑戦してみたら?」

あなたの心には何が浮かぶだろう。この機会にわくわくして、即座に戦略を練るだろうか? それとも次のような恐怖心や疑念がどっと押し寄せてくるだろうか?

・あつかましいやつだと笑われたらどうしよう。
・今の職務が嫌いだと認めてしまったら、自分の地位が危うくなるだろうか?
・私は最高経営責任者(CEO)に嫌われている。
・きっとこの職務はビルに与えられるだろう。スキルはないけれど、口がとてもうまいから。

これらは自己破壊的な、恐怖に基づいた考え方だ。

その代わりに、自分が本当に望むものに正直になり、願望を膨らませて恐怖心を圧倒することもできる。私はキャリアを積み始めて間もないころ、この考え方を実践した。

私は当時、ボストン公共放送局(WGBH)の開発部署で下位の職務に就いていたが、どういうわけか、毎年恒例のオークション番組で司会者の一人になりたいと熱望するようになった。7日間にわたってテレビで生放送される同番組では、巨大なスタジオで4台のカメラをノンストップで稼働させ、地元のセレブや起業役員たちが絶えず登場し、寄付品をオークションで売るという内容だ。

当時私は24歳で、目立った資格や地位もなかったが、司会の役を与えることができそうな人に片っ端からしつこくアピールを始めた。しばらくすると、出演がキャンセルになったゲストの代役として競売人の一人になることができた。2年目には、忙しくない時間帯に2、3回、司会者を任せてもらうことができた。

3年目になると、視聴者数が最高を記録する最終夜の司会者を務めた。この枠は放送局の社長が務めていたものだったが、本人がその役を私に譲ってくれたのだ。

編集=遠藤宗生

 

あなたにおすすめ

合わせて読みたい