Close

PICK UP

I write about economic and social trends in China. @johannylander

testing / Shutterstock.com

マサチューセッツ工科大学(MIT)が、世界で最も優秀な企業トップ50を発表した。それによると、中国企業がますます優秀さを増しており、日本や韓国の企業を追い抜いて米企業に追いつきつつある。

2016年版の同ランキングでは、トップ10に中国企業2社が食い込んだ。2位の検索エンジン大手のバイドゥ(百度)と、10位のファーウェイ(華為技術)だ。2015年は3社がトップ10入り、2014年は0社だった。

最新のランキングでトップ10入りしたのは以下の企業。

1.アマゾン(ネット通販、アメリカ)
2.バイドゥ(検索サービス、中国)
3.イルミナ(バイオテクノロジー、アメリカ)
4.テスラ(電気自動車、アメリカ)
5.アクイオン・エナジー(蓄電池システム、アメリカ)
6.モービルアイ(運転支援システム、イスラエル)
7.23アンド・ミー(バイオテクノロジー、アメリカ)
8.アルファベット(複合企業、アメリカ)
9.スパーク・セラピューティクス(ヘルスケア、アメリカ)
10.ファーウェイ(通信機器、中国)

バイドゥもファーウェイも、革新的な技術や効果的なビジネスモデルの開発を行っている。バイドゥは米カリフォルニア州の研究設計チームの支援を得て、自動運転車の実用化を目指している。ファーウェイはスマートフォンの世界シェア3位で、低価格市場と高価格市場の両方において消費者の心をつかんでいる。

MITが作成する同リストでの台頭は、ますます多くの中国企業が“模倣者”から“革新者”に変身していることを示すものだ。米ビジネス誌ファスト・カンパニーが発表した、2015年度「世界で最も革新的な企業トップ50」ランキングでも、そのことは裏づけられており、中国のネット通販大手アリババがランキング3位に輝いた(2位のアップルと4位のグーグルの間に入った)。同誌ではその理由について「消費者の節約を手助けし、楽しませた」ことを挙げている。

編集=森 美歩

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

あなたにおすすめ

合わせて読みたい