Close

Forbes JAPAN 会員登録で
3,000円分のギフト券が当たる!

PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

企業家、テクノロジー、ビジネスをカバーするジャーナリスト。

Photo by Ben Hider/Getty Images

夏の到来とともに、米国では大学を卒業したばかりの若者たちが就職活動を始める。彼らの中には、なんとしてもメディアやエンターテインメントの世界に入りたいと考えている者もいるかもしれない。

キャリアの出発点となる企業を調べる際には、求人サイトのボルト(Vault.com)が3月に発表した、メディアおよびエンターテインメント企業のランキングが参考になる。ニューヨークを拠点とするボルトは、独自の国際調査チームを使って、給与や福利厚生、クオリティ・オブ・ライフ、昇進、総合的な満足度などの要素に焦点を絞った調査を行い、その結果を基にランキングを作成した。

メディア・エンターテインメント業界で1位に輝いたのは、3年連続でウォルト・ディズニー。それも当然と言えよう。カリフォルニア州バーバンクを拠点とするメディア大手の同社は国際的な知名度を誇る。ミッキーマウスやドナルドダック、シンデレラをはじめとした多くのディズニーキャラクターは、世界中で知らない子どもはいないほどだ。

傘下には映画会社(ピクサーを所有)、テレビ局、出版社やテーマパークがあり、2015年の売上高は524億ドル(約5.5兆円)を上回り、純利益は84億ドル(約8,785億円)に達した。従業員たちは同社でいい経験ができていると報告しているが、一方でマイナス面として、国際的な大企業の“社内政治”を挙げている。

2位は21世紀フォックス(かつて9位のニューズ・コーポレーションの一部だった)で、昨年の3位から順位を1つ上げた。ニューヨークを拠点とする同社のプラス面は、テレビや新聞、映画や書籍などの分野における国際性だ。マイナス面としては、ニューズ・コーポレーションが米共和党寄りに偏っていることだという。

3位はディレクTV。カリフォルニア州エルセグンドに本社を置く同社は、ボルトの調査によれば、米国内に約2,000万人の顧客を抱えており、ディレクTVおよびスカイ(SKY)ブランドの下で中南米に約1,900万人の加入者を擁している。

新たにトップ10入りしたのは、メディア大手ガネットから分社化したテグナ(Tegna)で、ランキング10位につけた。同社は、45の放送局やカーズ・ドットコム(Cars.com)などのウェブサイトなどの事業をガネットから引き継いでいる。2015年の売上高は30億ドル(約3,137億円)を上回り、純利益は4億6,000万ドル(約481億円)に達した。

ボルトが発表した「働きたいメディア&エンターテインメント企業2016」のランキングトップ10社は次のとおり。( )内の数字は2015年の順位。

1.ウォルト・ディズニー(1)
2.21世紀フォックス(3)
3.ディレクTV(4)
4.タイム・ワーナー(2)
5.NBCユニバーサル(5)
6.ナショナル・アミューズメンツ(7)
7.CBS(6)
8.バイアコム(8)
9.ニューズ・コーポレーション(10)
10.テグナ


編集=森 美歩

 

あなたにおすすめ

合わせて読みたい