• 夜にメールする上司は「悪」なのか?

    Chaka Booker ,

    「電子メールのエチケット」でネット検索したら、ヒットする記事の95%には、夜に仕事のメールは送るべきではない、と書かれているだろう。私は仕事で米国各地の人々と接してきたが、夜メールする人としない人の間の差はそれほど大きくないと感じている。また、業務時間外にメールをしない人の多くは、その理由の一つとし ...

  • 厳しいフィードバックを効果的に伝える方法

    Ashira Prossack , Ashira Prossack's Forbes Blog Contributor

    フィードバックは上司にとって最高のツールだが、その効果が発揮されるのは正しく使った時のみだ。一般的に、ポジティブなフィードバックは相手に伝えやすい。一方でネガティブなフィードバックは、伝えるのがより複雑で難しく、うまくやれないと部下から拒絶されてしまう。しかし、ネガティブなフィードバックでもうまく伝 ...

  • 自分だけの週4日勤務制を実現する5つの方法

    Caroline Ceniza-Levine , CONTRIBUTOR

    世界3000人の従業員を対象として先ごろ発表された調査では、ほぼ半分(45%)の従業員が業務を1日5時間以内で終えられることが判明した。この調査を実施したのは、米クロノス(Kronos)傘下のシンクタンク、ワークフォース・インスティテュート(Workforce Institute)と米人材コンサルテ ...

  • ブロードウェイと「glee」の俳優、T・レオンが語る自らのルーツ

    Jeryl Brunner , Jeryl's Forbes Site Contributor

    テリー・レオンの両親は、息子をハーバード大学へ進ませ、医師か弁護士にさせたいと思っていた。「僕の両親は、大学を出ていないブルーカラーの移民。僕にはハーバードに進学して、年収10万ドル以上の医者や弁護士になり、経済的に安定してほしいと思っていた」レオン自身は自分をパフォーマーだと思っていたものの、生活 ...

  • キャリアで充実感を得る5つの方法

    Ashley Stahl , CONTRIBUTOR

    働く目的が給与だけにとどまらない人がますます増えている。人は今、充実感を求め働いているのだ。しかし、充実感を得ることはそれほど簡単ではない。米調査会社ギャラップが2013年に発表した「State of the American Workplace Report(米国の職場の現状に関する報告書)」では ...

  • CEOが直面する「予想よりも難しい」4つの問題

    Victor Lipman , CONTRIBUTOR

    最高経営責任者(CEO)が直面する課題の数々については多くの情報が提供されている。しかし私は、CEOが直面する期待と現実のギャップについての分析をあまり見たことがない。私が先日、CEOの考え方について思慮深い分析を行った国際コンサルティング企業エゴンゼンダーの調査「The CEO: A person ...

  • 部下との信頼を構築する方法 必要なのは3つのコミットメント

    Tricia Emerson ,

    私の顧客のジョン(仮名)は、自分の会社に新たな社長、ポール(仮名)を雇った。ジョンはこれで、自分は戦略的問題や長期計画に集中できると思っていたが、これは間違いだった。ポールは数カ月の間にジョン抜きで会議を開くようになり、顧客サービスセンターを移転するとしたジョンの決断を覆したり、事業の他分野への影響 ...

  • 米大学で専攻すべき分野、1位はSTEMの「アクチュアリー学」

    Kate Ashford , CONTRIBUTOR

    大学で「STEM(科学、技術、工学、数学)」分野を専攻した人が高収入の仕事に就く傾向があることは、恐らく多くの人が知っているだろう。だが、その中でも特に高所得者になるチャンスが多くなりそうな専攻分野は何だと思われるだろうか?個人向け金融情報サイト、バンクレートが先ごろ発表した調査結果によると、その答 ...

  • 子どもにもヨガとマインドフルネスを ある米企業の試み

    Jeanne Croteau , CONTRIBUTOR

    現代人の人生は厳しく、精神的・身体的に強くなる方法を模索する人々はこれまでになく増えている。はやりのダイエットや運動法は一時的に話題をさらうかもしれないが、強くなるための最高の方法は、はるか昔から存在していたのかもしれない。さまざまなトレンドと同様、ヨガやマインドフルな瞑想といった古代の習慣は、多く ...

  • 男の同僚が先に昇進する本当の理由

    Adunola Adeshola ,

    あなたは、これまでにさまざまなプロジェクトに名乗りを上げ、一生懸命働き、一貫して成果を上げてきた。自分は目覚ましい活躍をしてきたとさえ自負できるほどだ。それでも、喉から手が出るまで欲しかった昇進は与えられなかった。そして今、あなたは自分が正当な評価を得ていないと感じていら立ちを募らせ、何がいけなかっ ...

  • 女性の地位向上 ビジネス上の根拠を示せない企業の問題点

    Karen Higginbottom , Contributor

    女性の存在の重要性や、それが財務的業績と関係することを男性に理解させるのには、今なお時間がかかりそうであることが、30カ国の500人以上を対象にした調査により明らかになった。調査対象の国にはカンボジアからカーボベルデまでさまざまな国が含まれるが、回答者の多くは米国と英国からが多くを占めている。人材斡 ...

  • 教育にイノベーションを!留学から始まったダイバーシティと自分探し

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    目まぐるしいスピードで変化し、複雑化する世界。数年前に思い描いた自分の将来像もあっという間に時代遅れになる。自らの本質へと近づく転身とは何か──。2017年度学部入学の合格率はわずか2%以下。14年設立だが、ハーバード大学よりも難関と言われるミネルヴァ大学大学院。橋本智恵は17年からデータサイエンス ...

  • あなたのリーダーシップ哲学を一変させる3つの事実

    John Hall , CONTRIBUTOR

    リーダーシップは、初心者が容易に習得できるものではない。かつて初心者だった私は、そのことがよくわかる。企業を率いる仕事について、多くの人はその華やかな部分だけを想像するだろう。豪華な会議テーブル越しにリーダー同士が握手を交わしたり、情熱的な基調講演をしたり、気さくなボスとして現場の従業員と一緒に過ご ...

  • ティンダーで学校をスワイプ 米大学、性問題啓発でアカウント開設

    Josh Moody ,

    米ユタ州立大学では最近、学生が人気出会い系アプリの「Tinder(ティンダー)」上で、自分の大学を“右スワイプ”できるようになった。より正確に言えば、同校の性的暴行・暴力防止情報局(SAAVI)の公式アカウントに対し「いいね」をできるようになった、ということだ。SAAVIは、 ...

  • 職場の多様性を高める5つの方法

    Christine Comaford ,

    あなたの会社は、多様性を最大限高められているだろうか? 米国人材マネジメント協会の調査によると、多様な候補者の興味を引くための戦略を用意しているリクルーターは57%に上っており、職場の多様性は緊急に取り組むべき課題の一つとなっている。多様性が大切な理由多様性のある組織が多大なる恩恵を得ることは、既に ...

  • マーク・ザッカーバーグの姉が説く、多忙な人生から罪悪感をなくす方法

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    2018年5月、『PICK THREE | YOU CAN HAVE IT ALL』を上梓したザッカーバーグ・メディアCEOのランディ・ザッカーバーグ。彼女は講演や会合で世界中を飛び回り、1年のうち100日は移動に費やしているという。理想は好きな仕事をしながら、家族の時間をつくり、友人と定期的に会い ...

  • 女性が職場で怒るのはNG? 性差別克服のためできる3つのこと

    Janice Gassam ,

    全米オープンの決勝戦で大坂なおみと対戦し破れたセリーナ・ウィリアムズは、試合中に怒りを爆発させたことで先日トップニュースになった。セリーナは、試合中にコーチから指導を受けたとして警告を出した主審のカルロス・ラモスと白熱した議論を繰り広げた。主審から警告を受けたセリーナは異議を唱え、主審を「(ポイント ...

  • あなたが時間を無駄にしている原因は? 注意すべき7つの要素

    Frances Bridges , CONTRIBUTOR

    自分は同僚よりも、プロジェクトを終わらせたり締め切りに間に合わせたりするのに時間がかかると気づいたら、自分の時間の使い方を分析し、効率性を上げる方法を考えなければならない。より良い時間の管理法や、時間を無駄にする癖の改善方法を考えなければ、自己成長は見込めない。自分がどこで、いつ時間を無駄にしている ...

  • 都市別に見る「米ミレニアル世代の借金」 大半が学生ローン

    Zack Friedman , CONTRIBUTOR

    ローン比較サイトの米レンディングツリー(LendingTree)がこのほど発表した調査結果によると、米国の50の大都市圏に住むミレニアル世代の負債額(中央値)は、2万3064ドル(約257万円)だという。この世代の消費者の負債(住宅ローンを除く)のうち、最も大きな割合を占めるのは学生ローン、自動車ロ ...

  • 起業家が絶対に身につけておくべき、たったひとつの素養とは?|新野良介

    Venture Navi ,

    「経済情報で、世界をかえる」をミッションに掲げ、企業・業界情報プラットフォーム「SPEEDA」やソーシャル経済メディア「NewsPicks」を提供しているユーザベース。2008年創業のベンチャー企業でありながら、2013年に上海・香港・シンガポールに拠点を開設し、2016年にはスリランカにリサーチ拠 ...