Caroline Castrillon

I write about career, entrepreneurship and women’s advancement.

I’m a business and life coach who helps people escape their 9-5 jobs, so they can find fulfillment working for themselves. As the founder of Corporate Escape Artist, I made the leap to entrepreneurship after a successful 25-year corporate marketing career and have never looked back. Prior to Corporate Escape Artist, I held executive leadership roles in small tech firms as well as Fortune 500 companies like AMD, Dell, and Sony. I have an MBA from the Thunderbird School of Global Management and am a Certified Professional Coach (CPC) and Energy Leadership Index Master Practitioner (ELI-MP). In addition to Forbes.com, I also contribute to Thrive Global and enjoy inspiring others through my weekly Facebook Live show and my blog on CorporateEscapeArtist.com.

  • パンデミック下での転職活動 5つの方法

    米国では、新型コロナウイルス感染症のまん延による失業者が多く出ている。たとえ解雇やレイオフ(一時解雇)されていない人でも、会社は当面の間、採用や昇給を凍結するかもしれない。当てにしていた昇進や昇給は数カ月以上遅れる可能性がある。何もせずに待つことが正しい選択肢に見えるかもしれないが、この時期に就職活 ...

  • キャリア変革に感じる恐怖心 3つの克服方法

    ストレスを感じる人生の出来事に関して、トーマス・ホームズとリチャード・レイが行った調査では、仕事を変えて異なる業種に就くことが、近しい友人の死のすぐ次にストレスを感じる人生の出来事として挙げられていることは知っているだろうか? キャリアを変えることは、それほど神経が疲れることなのだ。それでも、キャリ ...

  • 会社の命名で避けるべき5つの落とし穴

    新しく事業を起こすことは時に、途方に暮れてしまうような作業にもなる。多くの「部品」があり、それがどこに当てはまるかが常に明確とは限らない。スタートアップ設立の際に特に難しいのは、会社のネーミングだ。社名はスタートアップにとって最も重要な識別要素であるため、安易に決めるべきではない。米企業クラウドスプ ...

  • キャリアの方向性が見えない人がすべきこと

    あなたは、自分のキャリアをどうすればいいか分からないと感じることがあるだろうか? 何が自分の本当の情熱なのか分からないまま職を転々としてきたり、独立したいがどのようなビジネスから始めればよいか全く見当もつかなかったりしていないだろうか?大半の人は、キャリアの方向性が見えない状態に一度や二度陥ったこと ...

  • 成功を収める人が実践する3つの目標達成法

    傑出したことをやり遂げる人は、大きな夢を実現するために何が必要なのかを理解している。こうした人は、目標設定とその達成の間の違いを理解しているのだ。ここでは、成功を収める人が非常に高いキャリア目標を達成する3つの強力な方法を見てみよう。 1. 成功を視覚化する 優秀なアスリートは、長年視覚化と呼ばれる ...

  • キャリアで避けるべき、よくある5つの過ち

    アルバート・アインシュタインはかつて「間違いを犯したことがない人は、新しいことに挑戦したことが全くない人だ」と述べた。キャリアで間違いを犯したことがない場合、実は挑戦していないことを示している。挑戦していない場合は成功もしない。私たちは人間なので、仕事での間違いもよくあることだ。しかし、こうした間違 ...

  • 小企業成功の秘密は「自信」にあり

    小規模企業の成功の鍵は何だろうか? それは資金繰りでも事業計画でもなく、「自信」だ。米企業キャベッジ(Kabbage)の新たな調査では、起業家、特に小企業の経営者が自信の低さに悩まされていることが明らかになった。調査結果からは、小企業の大半が自社の売上高成長率が他社よりも低いと考えていることが示され ...

  • 男女間の金融リテラシー格差、解消すべき4つの理由

    米国では女性のエンパワーメントはかつてないレベルまで向上している。フォーチュン500企業での女性CEOの数は過去最多で、選挙に出馬する女性も記録的な数となっている。女性起業家の数は増え、学士号を持つ女性は男性より多い。さらに、一家の大黒柱、あるいは唯一の稼ぎ手になっているワーキングマザーも増加。こう ...

  • キャリアの挫折から立ち直る3つの方法

    上司から突然呼び出され、会社が買収されただとか、自分がリストラの対象になると伝えられたりしてキャリアが暗礁に乗り上げるような出来事は、時につらいものであり、多くの人が経験することだ。解雇や、昇進の見送りなどは、最初は悲劇的に思えるかもしれない。アイデンティティーと目的を失った感覚に襲われ、ショックや ...

  • 仕事を先延ばしせず片付ける方法

    明日までに仕上げねばならない重要な仕事を抱えているのに、突然集中力が途切れることがある。ひとまずフェイスブックを開いて友人の様子をチェック。その後、10分間だけプレゼンの準備をして、午後のおやつ休憩に入る。休憩室から戻る途中で、同僚からハッピーアワーに誘われる。ちょっとしたストレス解消も必要だし、プ ...

  • 仕事における成功の定義が変化した4つの理由

    あなたにとって成功の意味は何だろう? 仕事での成功はかつて、多くの人にとって年収10万ドル(約1100万円)以上の楽にもうかる仕事や目立つ役職、役員室などを意味していた。目標は会社の出世の階段を上がり、退職金を得るまでの間目立たないようにしていることだった。しかし最近の従業員は、終身雇用を当てにする ...

  • 「引き寄せの法則」で夢の仕事を手に入れる5つのステップ

    世間には難なく成功を引き寄せているように見える人がいるのはどういうことなのか、疑問を持ったことはあるだろうか? その理由の一つに、こうした人が「引き寄せの法則」を活用していることがある。米紙ニューヨーク・タイムズのベストセラー作家ジャック・キャンフィールドは、引き寄せの法則を次のように簡単な言葉で表 ...

  • あなたが「自分のキャリアのCEO」になるべき理由

    失業率が低水準を維持する中、現状の仕事に甘んじる気持ちが出やすくなっている。今の仕事はなかなか良く、給料も悪くない。さらに立派な肩書も付いている。そんな中でリスクを冒したり、パーソナルブランドに投資したりする必要はあるのだろうか──と。しかし現実として、安定した仕事など存在しない。好景気であっても、 ...

  • 職場で受けた批判、健全に対処する5つの方法

    業績評価面談で上司から思いがけず悪いフィードバックを受けたり、準備に何カ月もかけたプレゼンテーションに対して同僚から手厳しい批判が出たりといったことは、誰しも身に覚えがあるだろう。職場での批判は受け止めるのが難しいものの、貴重な機会ともなりうる。建設的なフィードバックなしには、パフォーマンスの向上と ...

  • メンター探しで避けるべき5つの過ち

    成功を収める人の背後には、その人を成功に導いたメンターがいるものだ。歴史上で特に有名なメンター関係としては、マヤ・アンジェロウとオプラ・ウィンフリー、スティーブ・ジョブズとマーク・ザッカーバーグ、ウォーレン・バフェットとビル・ゲイツらがいる。オプラ・ウィンフリーはマヤ・アンジェロウについて「彼女はい ...

  • 失敗がキャリアの成功につながる理由

    失敗は否定的に見られがちだ。最も分かりやすい例が学校で、生徒は落第しないように指導される。だが現実社会では、失敗は良いものとなることがある。発明家のトーマス・エジソンは失敗について質問された際、「私は1万回失敗したのではない。うまくいかない方法を1万通り見つけることに成功したのだ」と答えた。もしエジ ...

  • 事業のアイデアを現実にする5つの方法

    商品やサービスの素晴らしいアイデアを思いつき、「では、これからどうすればよいのか?」と思ったことはあるだろうか? 素晴らしい事業のコンセプトを思いついても、どこから始めればよいか分からないかもしれない。アイデアを実現させることは簡単ではない。情熱や忍耐力、さらには実行能力が必要だ。重要なのは始めるこ ...

  • 新年にキャリアを変革するための5つの方法

    新年は、欧米では従来花火や祝典、新年の抱負の時期だが、現在はキャリア変革の時期でもある。イスラエルのフリーランスサービスサイト、ファイバー(Fiverr)と英世論調査会社ユーガブ(YouGov)の新たな調査によると、米国の労働者10人中6人近くが、新年には仕事かキャリアに関するいずれかの要素を変える ...

  • 職場と友好的な関係を残したまま仕事を辞める5つのコツ

    仕事を辞める人は以前よりも増えている。米労働統計局(BLS)によると、米国で仕事を辞める従業員の数は2010年から9年連続で増加し、2018年には4000万人を少し超えるほどとなった。従業員に関するソリューションやプログラムを提供するワーク・インスティテュートのダニー・ネルムズ社長は、「経済は健全で ...

  • 今こそ検討すべき「ポートフォリオ型」キャリアとは

    自分の残りの人生を満ち足りたものにしてくれるたった一つのキャリアを見つけようとして奮闘している人は多い。でも、一つの道を選ぶ必要がないとしたら?最近は、安定しているとされる企業での仕事よりも、自由や柔軟性を重視する人が増えている。この現象は、米企業フレッシュブックスによる最近の調査でも裏付けられてい ...