Caroline Castrillon

I write about career, entrepreneurship and women’s advancement.

I’m a business and life coach who helps people escape their 9-5 jobs, so they can find fulfillment working for themselves. As the founder of Corporate Escape Artist, I made the leap to entrepreneurship after a successful 25-year corporate marketing career and have never looked back. Prior to Corporate Escape Artist, I held executive leadership roles in small tech firms as well as Fortune 500 companies like AMD, Dell, and Sony. I have an MBA from the Thunderbird School of Global Management and am a Certified Professional Coach (CPC) and Energy Leadership Index Master Practitioner (ELI-MP). In addition to Forbes.com, I also contribute to Thrive Global and enjoy inspiring others through my weekly Facebook Live show and my blog on CorporateEscapeArtist.com.

  • 「引き寄せの法則」で夢の仕事を手に入れる5つのステップ

    世間には難なく成功を引き寄せているように見える人がいるのはどういうことなのか、疑問を持ったことはあるだろうか? その理由の一つに、こうした人が「引き寄せの法則」を活用していることがある。米紙ニューヨーク・タイムズのベストセラー作家ジャック・キャンフィールドは、引き寄せの法則を次のように簡単な言葉で表 ...

  • あなたが「自分のキャリアのCEO」になるべき理由

    失業率が低水準を維持する中、現状の仕事に甘んじる気持ちが出やすくなっている。今の仕事はなかなか良く、給料も悪くない。さらに立派な肩書も付いている。そんな中でリスクを冒したり、パーソナルブランドに投資したりする必要はあるのだろうか──と。しかし現実として、安定した仕事など存在しない。好景気であっても、 ...

  • 職場で受けた批判、健全に対処する5つの方法

    業績評価面談で上司から思いがけず悪いフィードバックを受けたり、準備に何カ月もかけたプレゼンテーションに対して同僚から手厳しい批判が出たりといったことは、誰しも身に覚えがあるだろう。職場での批判は受け止めるのが難しいものの、貴重な機会ともなりうる。建設的なフィードバックなしには、パフォーマンスの向上と ...

  • メンター探しで避けるべき5つの過ち

    成功を収める人の背後には、その人を成功に導いたメンターがいるものだ。歴史上で特に有名なメンター関係としては、マヤ・アンジェロウとオプラ・ウィンフリー、スティーブ・ジョブズとマーク・ザッカーバーグ、ウォーレン・バフェットとビル・ゲイツらがいる。オプラ・ウィンフリーはマヤ・アンジェロウについて「彼女はい ...

  • 失敗がキャリアの成功につながる理由

    失敗は否定的に見られがちだ。最も分かりやすい例が学校で、生徒は落第しないように指導される。だが現実社会では、失敗は良いものとなることがある。発明家のトーマス・エジソンは失敗について質問された際、「私は1万回失敗したのではない。うまくいかない方法を1万通り見つけることに成功したのだ」と答えた。もしエジ ...

  • 事業のアイデアを現実にする5つの方法

    商品やサービスの素晴らしいアイデアを思いつき、「では、これからどうすればよいのか?」と思ったことはあるだろうか? 素晴らしい事業のコンセプトを思いついても、どこから始めればよいか分からないかもしれない。アイデアを実現させることは簡単ではない。情熱や忍耐力、さらには実行能力が必要だ。重要なのは始めるこ ...

  • 新年にキャリアを変革するための5つの方法

    新年は、欧米では従来花火や祝典、新年の抱負の時期だが、現在はキャリア変革の時期でもある。イスラエルのフリーランスサービスサイト、ファイバー(Fiverr)と英世論調査会社ユーガブ(YouGov)の新たな調査によると、米国の労働者10人中6人近くが、新年には仕事かキャリアに関するいずれかの要素を変える ...

  • 職場と友好的な関係を残したまま仕事を辞める5つのコツ

    仕事を辞める人は以前よりも増えている。米労働統計局(BLS)によると、米国で仕事を辞める従業員の数は2010年から9年連続で増加し、2018年には4000万人を少し超えるほどとなった。従業員に関するソリューションやプログラムを提供するワーク・インスティテュートのダニー・ネルムズ社長は、「経済は健全で ...

  • 今こそ検討すべき「ポートフォリオ型」キャリアとは

    自分の残りの人生を満ち足りたものにしてくれるたった一つのキャリアを見つけようとして奮闘している人は多い。でも、一つの道を選ぶ必要がないとしたら?最近は、安定しているとされる企業での仕事よりも、自由や柔軟性を重視する人が増えている。この現象は、米企業フレッシュブックスによる最近の調査でも裏付けられてい ...

  • 日曜夜の憂鬱を克服する5つの方法

    理論的には、金曜日の夜から月曜日の朝までは全てあなたが自由に使える時間のはずだ。日曜日の午後の時間を家族や友人、恋人、愛するペットと楽しむ代わり、「明日はどんな会議があるのか」「上司に提出しなければいけないものは何か」「朝の会議に出席するためには何時に起きなければならないか」といった考えが頭の中を駆 ...

  • キャリアで充実感を得る5つの秘訣

    キャリアにおける真の充実感は、なかなか得られないものではあるが、決して実現不可能なものではない。充実感を得るために努力が必要であることに気づいていない人は多い。3歳の時点で自分が情熱を燃やせるものを見つけられるような天才は滅多にいない。ほとんどの人は、見つける努力が必要だ。運がよければ、あなたも単な ...

  • 独立労働者の重要性 今こそ認めるべき理由

    米国は「機会の国」として知られており、これは4000万人以上の人々にとって、自由と充実感を与えてくれる仕事を求めることを意味する。こうした労働者は、請負人、フリーランサー、ギグワーカー、コンサルタント、自営業者と呼ばれる。そしてこれらを包括した言葉が、独立労働者(インディペンデント・ワーカー)だ。米 ...

  • 副業をフルタイムの仕事にする5つのコツ

    夢を実現させるための経済的な自信が欲しい人は多いはずだ。多くの米国人は現在、副業を育てることで自由と充実感を得るようになっている。金融情報サイト「バンクレート(Bankrate)」の新たな調査では、働く米国人の半分近く(45%)が本業の他にギグ(単発や短期の仕事)をしていると報告している。また、米銀 ...

  • 常に謝る女性たち 不要な謝罪をやめて力を取り戻すには

    あなたは、気づいたらいつも「すみません」と言っていないだろうか? 誰かのメールに返信し忘れたとき、スーパーで意図せず人にぶつかってしまったとき、会議の途中でくしゃみをしてしまったときなど、まるで終わりのない謝罪のサイクルに陥っている状態だ。必要以上に謝罪を繰り返すと、あなたの権威は損なわれ、キャリア ...

  • 1日に100回スマホをチェックするのをやめる方法

    スマートフォンに生活を乗っ取られていると感じることはあるだろうか? あなたが夜寝る前、最後にすること、そして朝起きて最初にすることは? そう、スマホのチェックだ。私たちは車の運転中(願わくば信号待ち中)も、スターバックスで列に並んでいる時も、美容院、空港、バス停、会議、列車でも、さらには旅行中もスマ ...

  • キャリアに行き詰まったとき 打開のための5つのステップ

    あなたは、満足できないキャリアで表面的に成功しているように感じるだろうか? 振り返ってみると、大学卒業後最初の仕事を受けた理由は給与の高さや福利厚生の手厚さ、あるいは安全な仕事に見えたことであって、その仕事に情熱を持っていたからではないことに気づく人は多い。あなたは、常識的ではなく取るに足りないもの ...

  • 満足できないキャリアから自分を解き放つ4つの方法

    人生が偶然に進んでしまったように感じることはあるだろうか? 一つの仕事が次へと続き、5年、10年、20年後、特に満足感も得られないキャリアを積んでいる。もしかしたら、自分が何をしたいのか、どのようにそれを達成するかをきちんと考える時間を取らず、偶然によって今の仕事に就いていると感じるかもしれない。こ ...

  • 起業において大切なのは断ること 「ノー」と言う3つの方法

    「イエス」と言うのは簡単だが、「ノー」と言うのは難しい。子どもを持つ人であれば、「ノー」を学ぶのが子どもにとってどれほど簡単なことか理解できるだろう。子どもはいつもこの言葉を使っている。しかし成長するにつれ「ノー」という言葉が遠い記憶となり、「イエス」が日常化する。これは不思議なことだ。人を喜ばせた ...