CONTRIBUTOR

Zack Friedman

I focus on personal finance, investing and financial freedom.

I have spent my career as an investor, executive and entrepreneur. I worked at Blackstone and Morgan Stanley and as an investor at a multi-strategy hedge fund. I served as CFO of a global energy company and on several boards of directors. I have worked with Fortune 500 companies and start-ups. I also worked at The White House for the Chief of Staff to the President. I founded Make Lemonade to help empower people to save money, reduce debt and build wealth. From paying off student loan and credit card debt to growing investment and retirement portfolios, I write about how to make the most of your money and achieve financial freedom. I have my pulse on financial markets and want to highlight the best strategies for personal finance and investing. I also cover innovative companies that are industry game changers and how they can help you save money. Follow me on Twitter @zackafriedman.

  • ビジネスSNSのプロフィールに多い「即修正すべき」5つの問題点

    仕事を探している、素晴らしい人材を採用したい、最高のネットワークを築きたい─そう考える人たちにとって、まず必要なのがビジネス向けSNSのリンクトインだ。ただ、それにもかかわらず、リンクトインのプロフィールには驚くほど多くの「間違い」がみられる。多くのユーザーたちは仕事やお金、評判資本を自ら損なってい ...

  • 名門ウォートン・スクールに過去最高56億円の寄付、卒業生から

    ペンシルベニア大学ウォートン・スクールに、ある卒業生が5000万ドル(約56億2000万円)を寄付した。1件の寄付としては、137年に及ぶ同校の歴史で最大額となる。誰が、何のために寄付をしたのだろうか。寄付したのは誰?ウォートン校に5000万ドルを寄付したのは、卒業生である富豪ビジネスマン、マーク・ ...

  • いま思い返すべき「賢人」バフェットの10の言葉

    つまるところ、米著名投資家ウォーレン・バフェットは「言葉の扱い方を心得ている」のだ──。投資会社バークシャー・ハサウェイの創業者であるバフェットは投資、お金、さらには人生について、常に自身の持つ知恵と創造的思考を人に伝えるための適切な言葉を見つけ出している。以下、最も印象的なバフェットの10の言葉と ...

  • アマゾンの支援で起業し「年間30万ドル」を稼ぐ方法

    アマゾンの業務を請け負い年間30万ドル(約3340万円)の利益を得る──そうしたビジネスを自ら手掛けることについて、あなたはどう思うだろうか。米アマゾン・ドット・コムは今年6月、自社の配送業務を請け負う企業の設立を支援するための計画を明らかにした。国際物流業務を担当するアマゾンのシニア・バイス・プレ ...

  • 都市別に見る「米ミレニアル世代の借金」 大半が学生ローン

    ローン比較サイトの米レンディングツリー(LendingTree)がこのほど発表した調査結果によると、米国の50の大都市圏に住むミレニアル世代の負債額(中央値)は、2万3064ドル(約257万円)だという。この世代の消費者の負債(住宅ローンを除く)のうち、最も大きな割合を占めるのは学生ローン、自動車ロ ...

  • ビル・ゲイツが推奨、「賢く学べる」4つの生涯学習サイト

    ビル・ゲイツは“ハッキング”に関しても多くのことを知っている。特に学ぶことに関する「ハック(難しい問題に対する賢い解決策)」については、いくつかのお気に入りの方法があるという。オンライン上には、私たちが自分自身のスキルを高め、“知的資本”を増やすために ...

  • グーグルが「最高のマネージャー」に求める10の資質

    グーグルの調査チームは2008年、自社にとってはどのような存在が「素晴らしいマネージャー」なのかを明らかにする試みを開始した。最も高い実績を挙げているマネージャーの共通点を割り出すため、社内で調査を行う「プロジェクト・オキシジェン(Project Oxygen)」を実施。その調査結果に基づき、マネー ...

  • IBM人事管理部トップに聞く「これからの仕事に必要なもの」

    人事管理を巡る世界的な状況について最新の動向を知りたいなら、ダイアン・ガーソンの話を聞くべきだ。ガーソンはIBMの最高人事責任者(CHRO)として、13年間にわたって同社の改革を支えてきた。「仕事の未来」を含め、職場に関するいくつかのことについて、ガーソンの意見を聞いた。──クラウドやアナリティクス ...

  • バフェットの「寄付戦略」について知りたい4つのこと

    米著名投資家ウォーレン・バフェットは、富の創出と深くかかわっている。そして、寄付についても同様だ。投資会社バークシャー・ハサウェイの会長兼最高経営責任者(CEO)であるバフェットは先ごろ、34億ドル(約3779億円)に相当する自社株を5つの慈善団体に寄付した。バフェットが今回、自社株を寄付したのは以 ...

  • ビル・ゲイツが大学卒業生に贈る「ファクトフルネス」の重要性

    新たに就く仕事、大学院への進学に向けた準備や引っ越し──米国の大学を卒業したばかりの人たちは今、色々なことに思いを巡らせているだろう。そんな人たちに、米マイクロソフトの創業者、ビル・ゲイツが贈り物を用意している。新たな生活を始める人たちに手にしてほしいとゲイツが考えるのは、公衆衛生の専門家で統計学者 ...

  • 米国人に多いお金にまつわる5つの誤解

    インターネット上には驚くほど数多くの、お金に関する誤った情報が出回っている。事実と作り話は、分けて考えなければならない。全くの間違いと言える5つのことと、それに関して知っておくべき事実を紹介する。1. 自宅の購入は投資不動産の売買でもうけることはできる。だが、購入した自宅が自動的に、あなたに大きな利 ...

  • 「2年以内に仕事を辞める」従業員、ミレニアル世代では4割超

    権利を主張する、自己中心的、まだ真価が問われていない──。ミレニアル世代を言い表すためによく使われるのは、このような言葉だ。だが、米コンサルティング会社デロイトが先ごろ公表した調査結果によれば、彼らをより正確に表現するのは、「不安定」「悲観的」「心配している」といった言葉のようだ。この世代については ...

  • あなたの上司がクビにされるべき5つの理由

    私たちの大半にとって、お金の問題は仕事と直結している。高額でもそうでなくても、仕事から得る収入が生活の頼りだからだ。だからこそ、ひどいリーダーは私たちの多くにとって、特別に大きな問題だ。直属の上司でも勤め先の経営者でも、リーダーシップが取れないリーダーは、組織やチームを崩壊させてしまいかねない。そう ...

  • 宝くじで高額当せん? 実行すべき5つのこと

    10億ドル(約1100億円)を手に入れたら、あなたは何をしたいだろうか?宝くじで高額当せんを目指すなら、当たった場合に行うべき次の5つのことを知っておく必要がある。1. 匿名を貫く幸運をつかんだあなたが最も避けたいのは、注目の的になることだ。そして、そのための最善の策は、匿名のままでいることだ。だが ...

  • 米国の家計負債が過去最多に 自動車「サブプライム」ローンは要警戒

    株式市場が比較的安定している中で、米国では別の「最高値」が更新された。ニューヨーク連邦準備銀行が11月14日に発表した新たなデータによると、家計負債が13四半期連続で、過去最高額を記録している。今年第3四半期(7~9月)の家計負債は前期比0.9%増(インフレ調整前)となり、総額およそ13兆ドル(約1 ...

  • ゲイツとブランソンが出資、「クリーンな肉」の将来性

    ビル・ゲイツとリチャード・ブランソンは、少なくとも2つのことについて熟知している。ある業界をいかに破壊するか、いかに利益を上げるか、ということだ。その2人が食料の未来に革命を起こそうとする新たな業種のスタートアップ、メンフィス・ミーツ(Memphis Meats)にそろって投資をしていることが注目に ...

  • アマゾンの事業者向けローン、米英日で総額3千億円超を融資

    クレジットカードの発行、プライムデーのセール、クラウドコンピューティング・サービスの提供、テレビ番組の放送、書店の運営、そして米高級スーパーホールフーズの買収──ネット通販最大手のアマゾンは特にここ1年間、無敵だったといえるだろう。そのアマゾン「帝国」には、今後さらに注目を集めるようになるかもしれな ...

  • リチャード・ブランソンの4通の手紙 「過去と今の自分へ」 

    ヴァージン・グループ会長、リチャード・ブランソンは価値ある挑戦が大好きだ。だからこそ2015年に65歳の誕生日を迎えたとき、その後1年間で65のことに挑戦すると約束した。その挑戦の中には、過去と今(65歳)の自分に合わせて4通の手紙を書くことが含まれていた。異なる年齢のリチャード・ブランソンに宛て、 ...

  • 世界の「価値あるユニコーン」、テック系が197社で大半占める

    世界の非公開会社のうち、最も価値が高いのはどの企業だろうか──。スタートアップ企業に関するデータベースの作成と情報提供を行うCBインサイツ(CB Insights)はこのほど、自社の調査に基づく「世界のユニコーン225社」リストを発表した。ユニコーンは、時価総額が10億ドル(約1109億円)を超える ...

  • トランプのツイート対策も可能なアプリ、米の個人投資家に人気

    米国のドナルド・トランプ新大統領のツイートが自分の経営する企業や勤務先、投資先の株価を急落させるかもしれないと心配だ──。そんな人たちがソーシャルメディアの「荒波」を乗り越えていくことを助ける新たなアプリが登場した。開発したのは、コーネル・テックで共に学んだ3人のエンジニアが2015年に起業したトリ ...