Forbes Staff

Lauren Gensler

金融市場に関する記事を中心に執筆

Forbes Market Deskのライターとして、市場関連のニュース、投資、個人財務についての記事を中心に執筆。Forbes入社以前は、貯蓄および預金に関する記事をMoney magazineに数多く寄せるほか、CNNMoney、スタートアップのニュースサイトKickerにも一時的に在籍。
Email: lgensler@forbes.com.

  • 小売業の世界有力企業、トップの座はウォルマートが堅持

    米小売業界では、倒産や店舗の閉鎖が相次いでいる。その中で急速に、誰はばかることなく成長し続けているのが、インターネット通販大手の米アマゾンと中国のアリババだ。だが、売上高と利益、資産、時価総額に基づく総合スコアによって世界各国の公開会社をランク付けするフォーブスの「世界の有力企業2000社ランキング ...

  • 世界を動かす25人、フォーブス「ゲームチェンジャー・リスト」発表

    フォーブスはこのほど、現状に満足しない勇敢なビジネスリーダーたちを世界各国から選び出して紹介する「グローバル・ゲームチェンジャーズ(Global Game Changers)」リストを発表した。第2回目の作成となる今回のリストに入った企業の創業者や最高経営責任者(CEO)たちは、それぞれが携わる業界 ...

  • ダイエット業界の老舗、ウェイトウォッチャーズ 新CEOで株価急騰

    米国のダイエットプログラム大手のウェイト・ウォッチャーズ(Weight Watchers)は先日、ホームショッピングネットワーク(HSN)のミンディ・グロスマンCEOが近々、同社のトップに就任すると発表した。ウェイト・ウォッチャーズは2016年9月に株価が下落し、ジム・チェンバーズが辞任して以来、C ...

  • 脱「一発屋」狙うGoProが好決算 中国と欧州でカメラ製品好調

    黒字化に向けて奮闘中のGoProが最新の決算で売上の伸びを報告した。4月27日の時間外取引で、GoProの株価は5%の上昇となった。今年第1四半期の売上は19%増の2億1860万ドル(243億円)で、アナリスト予測の2億790万ドルを上回った。GoProの売上の約3分の2は米国外からで、特にアクショ ...

  • アップルが契約終了を通告の英チップメーカー、法的措置を示唆

    アップルによる契約終了の決定は、同社サプライヤーの一社である英国のグラフィックチップメーカー、イマジネーション・テクノロジーズ(Imagination Technologies)の株価を大幅に下落させた。アップルはiPhoneのグラフィックや映像の処理に採用してきたイマジネーションの技術の使用を向こ ...

  • 「ヴァージン・アメリカ」ブランド名が消滅へ アラスカ航空が発表



    「ヴァージン・アメリカ」のブランド名とロゴが、姿を消すことになった。昨年およそ26億ドル(約2895億円)で米ヴァージン・アメリカを買収した同国のアラスカ航空は3月22日、2019年中に「ヴァージン・アメリカ」の名称の使用を中止すると発表した。 ただし、「ムードライティング」と呼ばれるヴァージンなら ...

  • 「一発屋」疑惑のGoPro、新たなコスト削減でコア事業に集中へ

    ウェアラブルカメラのGoProに対しては長い間、投資家やアナリストの間で「一発屋」疑惑が浮上していた。同社の株価は過去12か月で3分の1下落し、現在の株価は約8ドル(約902円)。空売りも多く、現在は同社の株の30%が空売りされている。そんな中、3月15日、GoProは270名の人員削減を行うと発表 ...

  • 北米で競争に直面のナイキ、増収増益も「期待外れ」?

    米スポーツ用品大手ナイキは3月21日、増収増益となる第3四半期(2016年12月~17年2月期)の決算を発表した。だが、売上高の伸びが大方の予想を下回る結果となったことから、同日の株価は時間外取引で1%下落した。ナイキの同期の売上高は、前年同期比5%増の84億3000万ドル(約9410億円)。増収と ...

  • 高級ダウンのカナダグース、米加で同時上場 国際事業を拡大へ

    カナダ・トロントに拠点を置く高級ダウンウェアブランド、カナダグースが3月16日、ニューヨーク証券取引所とカナダのトロント証券取引所に上場した。ニューヨーク市場では同日、株価は一時、新規株式公開(IPO)価格を41%上回る18ドルを付けた。初日の終値は、26%高の16ドルだった。価格900ドル(約10 ...

  • GAPの業績が好転、理由は競合他社の「脱落」?

    米カジュアル衣料大手ギャップ(Gap)のアート・ペック最高経営責任者(CEO)は、消費者にはぜひ自社の実店舗で買い物をしてもらいたいと願っている。「店舗の明かりが消え、窓に板が打ち付けられることは、業界に残るその他の企業に市場シェアが分け与えられたことを意味する」と話すペックは、自社がその「別の誰か ...

  • 米外食のヤム・ブランズ、ピザハットが苦戦 ハイテク化するドミノ・ピザに出遅れ

    ピザハットやケンタッキー・フライド・チキン(KFC)、タコベルなどを運営する米ファストフード大手のヤム・ブランズは2月9日、2016年第4四半期(10~12月期)の決算を発表した。ヤム・ブランズ全体としては増収となったが、ピザハットの業績は不振が続いている。同期のピザハットの既存店売上高は、前年同期 ...

  • 2016年最悪の銘柄10社 半数が製薬会社に

    2016年の米株式市場はおおむね堅調な推移を見せた上、11月の大統領選以降はドナルド・トランプ当選を受けた劇的な回復傾向が続いているが、中にはすっかり投資家から見捨てられた銘柄もある。中でもバイオテクノロジーと製薬の両業界は、医薬品の価格高騰に対する反発の高まりや、トランプによる薬価引き下げ宣言によ ...

  • アップル2017年の株価はどうなる? 新政権の恩恵で復調か

    アップルにとって2016年は、忘れてしまいたいような一年だったかもしれない。成長のけん引役だった主力製品iPhoneが苦戦を強いられ、中国事業に対する懸念が増大する中、株価は伸び悩んだ。十数年ぶりに四半期の売上高が前年同期を下回り、著名投資家のカール・アイカーンは、保有していた同社株を手放した。その ...

  • 消えたアメリカン・ドリーム 親世代の稼ぎ下回る30歳が半数に

    アメリカン・ドリームはより多くの米国民にとって、手の届かないものになりつつある。新たに発表された調査結果によると、子どもが親世代のかつての収入を上回る稼ぎを得られる可能性は、下がり続けている。長年にわたってアメリカン・ドリームの中核をなすものと考えられてきた「親世代よりも豊かになる」ことについて、暗 ...

  • スナップチャット上場、4兆円予測も 売上は400億円突破へ

    スナップチャットが秘密裏に上場申請書類の提出を行なった。11月15日、関係者の証言をロイターやCNBCらがリポートした。スナップチャットは最近、社名をSnap Incに改め上場の準備を進めている。同社の広報担当者はコメントを避けた。テクノロジー業界で久々の大型IPO案件として期待されるスナップチャッ ...

  • 自動車保険業界を破壊するフィンテック企業「メトロマイル」の躍進

    フィラデルフィア在住のスーザン・ギボンズは、30年間に渡り大手保険会社「ステートファーム」の自動車保険に加入していた。彼女は何度か担当者に電話をし、保険料を下げる交渉を試みたが、毎回きっぱりと断られた。割高な保険料を払い続けることに苛立ちを覚えた彼女は昨年、グーグル検索で「メトロマイル(Metrom ...

  • 米ディズニー、減収を発表 スポーツ専門局ESPNが苦戦

    スポーツチャンネルESPNの加入者減少で苦戦が続くウォルト・ディズニーは11月10日、今年7-9月(第4四半期)の決算結果を発表した。売上高が予想以上の減少となったことから、年初来9%下落していた同社の株価は発表を受け、時間外取引でさらに3%下げた。ケーブルテレビを解約し、ネット配信サービスに切り換 ...

  • 米銃器大手S&W、大統領選前に社名変更を発表

    米国最大の銃器メーカーの一つ、スミス&ウェッソン(S&W)は、“イメージチェンジ”を目指しているようだ。同社は11月7日、「アメリカン・アウトドア・ブランズ(American Outdoor Brands)」に社名を変更する方針であることを明らかにした。同社の ...

  • フェイスブック、好調な決算結果も株価下落 幹部発言に過剰反応か

    フェイスブック(FB)株は11月3日の取引でも売りが優勢となった。同社幹部が今年第3四半期(7〜9月)の決算発表時に述べた(主力の広告事業の利益の伸びが)「“大幅に”鈍化する可能性がある」、投資を「“積極的に”増やす用意がある」という2つの言葉が原因だ ...

  • ウェアラブルFitbitが大苦戦 「400億円上場」の栄光も今は昔

    11月2日の決算発表後、ウェアラブルメーカーFitbitの株価は約30%の下落となった。業績はアナリスト予測を下回り、今年のホリデーシーズンの見通しも明るいものとは言えない。今年1月に29.76ドルだったFitbitの株価は半値以下の約13ドルに下落していたが、決算発表後にさらに30%下落。最安値を ...