Lana Bandoim

I write about food tech and science.

I am a freelance writer and editor with more than a decade of experience. My work has appeared on Yahoo! News, Business Insider, The Huffington Post, The Week, MSN Money and many other publications. I have a Bachelor of Science degree from Butler University and graduated summa cum laude with a double major in biology and chemistry. I specialize in science, tech and health content. I have been a judge for the Scholastic Writing Awards from the Alliance for Young Artists & Writers. My work has been nominated for a Best Shortform Science Writing award.

  • 植物由来の魚代替食品 新たなビーガンのトレンドに?

    消費者がより多くの選択肢を求めるにつれ、代替肉の人気が伸びている。そして現在では、植物由来の魚の代替商品が次のビーガン(完全菜食主義)のトレンドになろうとしている。企業は魚介類を模倣した新商品で、このトレンドに応じている。スタートアップや大企業は、植物由来の魚代替食品に関心を寄せている。アトランティ ...

  • コロナ禍のなか、2020年に成長が見込まれる唯一の分野とは

    ユーロモニター・インターナショナル(Euromonitor International)のリポートによれば、新型コロナウイルス流行の影響により、2020年に伸びる分野は、食品・ノンアルコール飲料業界だけとなる可能性があるという。コロナ危機により、レストランなどの事業は、数週間にわたって店内での飲食休 ...

  • 植物由来肉のインポッシブル・フーズ 消費者直販を計画か

    植物由来肉を販売する米インポッシブル・フーズはツイッターの投稿で先日、同社が植物由来肉商品を消費者に直接販売することを計画していると示唆した。同社が、消費者や企業向け非接触型の集荷・配送サービスを提供するチータ(Cheetah)との協働を発表した以前の報道発表でも、同様の計画がほのめかされた。複数の ...

  • 米国で価格急騰のオレンジジュース、その理由とは

    オレンジジュースを飲みたくても、自分で生のオレンジを絞ったり、搾りかすを片づけたりする面倒は避けたい消費者にとっては、瓶や紙パックに入った市販のオレンジジュースは簡単でありがたい。しかし、新型コロナウイルスの感染拡大中にオレンジジュースの売上が伸びているのは、消費者が便利さを求めているからではない。 ...

  • コロナ禍で冷凍食品の売上が増加、米国人が「ほっとする」食べ物に

    新型コロナウイルスのまん延により、外食する代わりに自宅で料理をする家庭が増えている。その影響で、冷凍食品の消費が増えている。米国冷凍食品協会(AFFI)による新たな調査では、米国人の70%が3月以降、冷凍食品の購入量を増やしていることが分かった。冷凍食品は多くの人にとって、ほっとする食べ物になったの ...

  • パンデミックの意外な影響、飲食業界を脅かす「二酸化炭素不足」

    新型コロナウイルスの流行により、社会的距離政策(ソーシャルディスタンシング)や外出禁止令に伴って企業が閉鎖されていることで、さまざまな製品が不足状態に陥っている。出勤や旅行をする人が減少していることから、エタノールなどの燃料の需要が低下しており、工場はエタノールとその副生成物の生産を縮小するか、完全 ...

  • ドアダッシュ、バーチャル背景でレストランの雰囲気も提供

    フードデリバリー企業のドアダッシュ(DoorDash)は、新型コロナウイルス流行の影響で外出できない人々に、レストランで食事をしている気分を届けようとしている。人気の飲食チェーンのバーチャル背景を提供し、Zoomなどの動画プラットフォームにアップロードできるようにしているのだ。これで、外食するのがど ...

  • 新型コロナで需要増の米食料品店 棚スキャンロボットが支援

    食料品店は、新型コロナウイルスがまん延する中でも必要不可欠なビジネスと考えられている。従業員はその中で、店頭の在庫が切れないよう残業して働いてきた。小売業者が、高まる需要を満たすための従業員の追加採用に苦労する中、ロボットの活用が増えるかもしれない。シンベ・ロボティクス(Simbe Robotics ...

  • 新型コロナの影響で需要急増、オンライン販売が直面する課題

    食料品のオンライン購入が急増している。新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、消費者たちが、食料品や必需品をまとめ買いしているためだ。混雑する店に買い物に行きたくない消費者や、実店舗に足を運んだら棚が空っぽで何も買えなかった消費者が、インターネットショッピングに目を向けている。他人との接触を避けようと ...

  • 米スタートアップが研究室で作る「分子ワイン」 合成日本酒も

    米カリフォルニア州サンフランシスコを拠点とするスタートアップ、エンドレス・ウェスト(Endless West)は先日、ブドウを使わずに作る合成ワインを発表した。同社はまた、研究室で作る分子日本酒も発表している。今回の2つの新商品は、同社が以前発表した合成ウイスキーと同じく、必要とする天然資源や製造過 ...

  • チョコレートのキャドバリー、近く「ヴィーガンチョコ」を発売か

    米食品大手モンデリーズ・インターナショナル傘下の英キャドバリーは、同社を象徴する商品ともいえるチョコレート「デイリーミルク」のヴィーガン向けタイプを発売する計画だ。発売日は今のところ未定だが、乳製品を使用しないキャンディーやスナックの需要の増加に対応したい同社は、すでにこの新商品の開発におよそ2年を ...

  • 大量の食材が無駄になる米国の家庭 毎年約3分の1が廃棄に

    ペンシルベニア州立大学の新たな調査からは、米国の家庭では毎年、購入される食品の約3分の1が無駄になっていることが明らかになった。今回の調査結果は、米国人が食品のおよそ30〜40%を無駄にしていることを示すこれまでの研究と類似している。 食品廃棄のデータ 米国農業経済ジャーナル(American Jo ...

  • ソフトバンクも出資の「配膳ロボット」メーカー、世界規模で量産へ

    人工知能(AI)を搭載したロボットの開発を手掛ける米ベア・ロボティクス(Bear Robotics)が先ごろ、ソフトバンクが主導したシリーズAラウンドで3200万ドル(約34億9000万円)を調達した。これにより、飲食店向けの自律走行型ロボット「ペニー(Penny)」の世界規模での量産を目指す。ペニ ...

  • コカ・コーラがPETボトルを全廃しない理由

    コカ・コーラが、プラスチックボトルの使用をやめるつもりはないという姿勢を示した。プラスチックボトルを好む消費者が多いというのがその理由だ。2020年1月に開催された世界経済フォーラム(WEF)年次総会(ダボス会議)に出席した同社幹部は、コカ・コーラは今後もプラスチックボトルを使い続けると述べた。ただ ...

  • インポッシブル・バーガー、FDAの安全判断に批判も

    米食品医薬品局(FDA)は、遺伝子操作された大豆レグヘモグロビンの安全性について、非営利組織「食品安全センター」(Center for Food Safety:CFS)の異議を却下する通告を出した。大豆レグヘモグロビンをビーガン向けの「インポッシブル・バーガー」で使っているインポッシブル・フーズ(I ...

  • コーヒー豆を取り巻く脅威が拡大、価格不安定化の要因に

    コーヒーの需要は世界的に増加を続けている。消費量は世界全体で1日当たり20億杯とされており、市場規模は200億ドル(約2兆1800億円)に上る。コーヒー豆の価格は2011年に1ポンド(約454g)当たりおよそ3ドルをつけ、その後は一時的に高騰することがあっても、おおむね下落を続けてきた。米紙ウォール ...

  • 「ドローンによる料理・食品配送」普及の鍵になるのは?

    ウーバーは2019年10月、同社のフードデリバリー部門「ウーバーイーツ」において、ドローン配送の試験運用を2020年中にカリフォルニア州サンディエゴで開始すると発表した。この動きは、ドローン配送が今後、ごく日常的な配送方法になるのだろうかという疑問を生んだ。ドローンによる料理や食品の配送を検討してい ...

  • 植物由来の食品が人気でも「ビーガン向け」が嫌われるわけ

    食品のパッケージに貼られているラベルやメニューに書かれた説明は、消費者の好みに影響を及ぼす場合がある。たとえば、消費者は「ベジタリアン」や「ビーガン(完全菜食主義)」と書かれた商品よりも、「植物由来」と書かれているものを好む傾向がある。食肉を使わない商品を発売するメーカーが増加するなか、各社はそうし ...

  • 自動運転トラクターとAIが変える農業の未来

    農業の分野で人工知能(AI)と自律機械がより一般的なものになる中、業界では大きな変化が起きている。精密農業情報プラットフォームを運営する企業、タラニス(Taranis)の共同創業者であるオフィア・シュラム最高経営責任者(CEO)は先日取材に対し、農業界でのこうした変化に関する情報を共有してくれた。タ ...

  • 自動化を活用した循環型農業 食品安全を大きく改善へ

    食中毒は世界共通の問題だ。世界保健機関(WHO)によると、汚染された食品を食べたことで気分が悪くなる人は毎年6億人存在する。農業セクターが食中毒への対処法を見つける中、スタートアップ企業はその革新的な支援方法を探している。イーデンワークス(Edenworks)の共同創業者、ジェイソン・グリーン最高経 ...