Lana Bandoim

I write about food tech and science.

I am a freelance writer and editor with more than a decade of experience. My work has appeared on Yahoo! News, Business Insider, The Huffington Post, The Week, MSN Money and many other publications. I have a Bachelor of Science degree from Butler University and graduated summa cum laude with a double major in biology and chemistry. I specialize in science, tech and health content. I have been a judge for the Scholastic Writing Awards from the Alliance for Young Artists & Writers. My work has been nominated for a Best Shortform Science Writing award.

  • 空気と電気から食用タンパク質を生成 「宇宙食」も視野に

    フィンランドのスタートアップ「ソーラー・フーズ(Solar Foods)」が、空気と電気から食用タンパク質を生産しようとしている。同社は欧州宇宙機関(ESA)と提携を結び、未来の宇宙旅行に備えて食料生産技術を開発していくと発表した。ソーラー・フーズはこれまでに200万ユーロ(約2.5億円)の資金を調 ...

  • ウォルマートが中国で「食品の即日配達サービス」を試験実施中

    米小売り最大手ウォルマートが、中国の一店舗で食品の即日配達サービスを試験実施している。いずれはサービスを拡大させることを視野に入れてのことだ。このサービス「ウォルマートTo Go」は、「WeChat(ウィーチャット)」のアプリ内ミニプログラムから利用が可能だ。ウォルマートはこれまでも、WeChatの ...

  • ターキーもミニマル化、米社会を変えつつあるミレニアル世代

    ミレニアル世代が消費しなくなったせいで、さまざまなものが消滅しつつある。紙ナプキンやシリアル、デパートといったものだ。彼らが次に破壊したのは、感謝祭(サンクスギビング)のディナーだ。ミレニアル世代は、10kgを優に越すようなターキー(七面鳥)ではなく、小さめのものを買うようになった。ブルームバーグは ...

  • 代替肉商品の食塩含有量 一部は海水以上という驚きの調査結果に

    肉を含まない代替肉商品を対象とした新調査では、一部が海水以上のナトリウム濃度を持つという結果が出た。調査を行ったのは、ロンドン大学クイーン・メアリー校を拠点とし、24人の科学専門家をメンバーとする団体アクション・オン・ソルト(Action on Salt)だ。同調査が対象としたのは、ビーガンとベジタ ...

  • ゴマを9つ目の「主要食品アレルゲン」に? 米FDAが検討中

    アメリカ食品医薬品局(FDA)は、ゴマを主要食品アレルゲンに追加することを検討しており、情報提供を求めて公式ページを開設した。規制措置をとることになれば、ゴマは9つめの主要食品アレルゲンとなり、アメリカの食品メーカーは製品にゴマが含まれていることを表記しなくてはならなくなる。食品アレルギーは、体内の ...

  • 米マクドナルドが「無添加」のバーガーを目指す理由

    米ファストフードチェーン大手マクドナルドは先ごろ、提供する「クラシックバーガー」7種類について、食品添加物の使用を中止すると発表した。ビーフパティ、バンズ、チーズ、ビッグマック・スペシャルソースをより健康的なものにするため、人工の調味料や保存料、着色料などを使用しないことにする。バンズについては、カ ...