最先端の経済誌「Forbes JAPAN」の記事紹介

Shutterstock.com

新型コロナウイルスは経済危機と地政学的な緊張をもたらした一方で、最も多くのビリオネアを誕生させた。パンデミックによるパラドクスは不安よりも歓喜をもたらすのか。その理由とは。


昨年、34回目の米フォーブス誌による世界ビリオネアリスト発表してから1年。2021年の世界ビリオネアリストでは、劇的な変化が読み取れる。

12カ月の間に世界各国から493人が新たに加わった。約17時間に1人のペースでビリオネアが誕生した計算になる。資産価格の上昇により、前回のリストから漏れた250人も再びランク入りした。世界的に経済が不安定ななかでも、死亡した以外で前年のリストから外れたのはわずか61人で、統計を取り始めてから最も低い脱落率だった。

最終的な試算によると現時点で世界のビリオネアの数は2755人で、前年の2095人から大幅に増加。ビリオネアの総資産額13兆1000億ドル(約1440兆円)は、1年前より5兆1000億ドル(約552兆円)も増えている。

パンデミックにより世界中が恐怖を覚え、気分も悪く悩まされている最中に、一部の人々の総資産額が5兆ドルも増加したのはなぜか。圧倒的な経済格差は、現代の社会秩序に対する最大の脅威となっている。しかし、リストの数字を上向かせている要因のひとつとして、楽観的な観測もある。ワクチンが世界中に拡散すると同時に、世界経済は再び勢いを取り戻す準備ができ始めたようだ。

2021年は、新たに加わったビリオネアが最も多かった。確かに、リストを一見すれば、(一部の富裕層への)怒りを覚えるかもしれない。しかし一方で、全員がさらに繁栄するためのロードマップも読み取れるのだ。

2002年までにリストにランク入りした自力で成功したビリオネアは、半数をやや上回る52%で、その内59%が米国人だった。それが10年前のリストでは、世界全体で69%に増加した。しかし、2021年は別格だ。リストに加わった493人の新入りの内、84%は資産の継承者でなく自力で成功し(内90%は米国人)で、ビリオネア全体の資産総額の72%を占める。いずれの数字も新記録だ。

新記録が乱立した一年


10年前は財を成して新たなビリオネアになるまでに平均で18年かかっていた。ところが2021年版に新たにランク入りした88人の米国人ビリオネアは平均13年と、さらに期間が短縮。一昔前は富を手にするのに、資金の確保が必要だった。いまは、コンセプトが良ければ資金が集まる。

富をつかむチャンスが増えることで、ビリオネアになる人々も多様化してきた。女性はいまも男性よりも投資を集めにくい状況にあるが、着実にランクアップして、世界のビリオネアの11%、米国人ビリオネアの12%、新ビリオネアの13%を占めた。すべて史上最高だ。すべてのビリオネアのなかで女性起業家が占める割合は4%に達し、5年前の2倍以上に増えた。

文=ランドール・レイン 翻訳=荒川伸二 イラストレーション=ポール・ライディング

ビリオネア世界長者番付

PICK UP

あなたにおすすめ