.

Getty Images

「NFT(Non-Fungible Token)」については、なにかしら聞いたことがある人が多いはずだ。ソーシャルメディアでこの単語を目にした、あるいは、友人が話題にしているのを聞いた人もいるかもしれない。そして、暗号通貨やアート、イーロン・マスクのパートナーでもあるアーティストのグライムス、仮想猫の売買ゲーム「CryptoKitties」などに関連した何かだろうといった、ぼんやりとしたイメージを抱いているのではないだろうか。

何のことだかさっぱりわからないと戸惑っている人もいるかもしれないが、それはあなただけではない。以下では、「NFTとは一体何なのか?」という疑問に答える形で、NFTの基礎知識を解説していこう。最後まで読めば、NFTを自作する方法についても知識が得られるはずだ。

「非代替性トークン」とは


大まかに言うと「非代替性」とは、唯一無二で他のものと替えが効かないという意味だ。これに対して「代替性」とは、何か別のものと交換可能で、交換してもまったく同じものを手にできる性質を指す。つまり、マネーやビットコインは代替性の資産だ。

仮に私があなたに10ドルを渡して、あなたから代わりに10ドルを受け取ったとしたら、お互いに交換前と全く同じものを手にしていることになる。だが、もし私があなたからベーブ・ルースのサイン入りベースボール・カードを受け取り、それと引き換えにサイン入りのブリトニー・スピアーズのポスターを渡したとしたら、交換後に互いの手元にある物は、交換前とは別の物だ。こうした物品は「非代替性」ということになる。

では次に、「トークン」について解説しよう。これは、NFTのデジタル資産という性質に関連する部分だ。トークンは、ブロックチェーン内に存在する。「ブロック」とは個々のトランザクションないしはレコードで、これが「チェーン」と呼ばれるひとつながりのリストに並べられている。最近では、ブロックチェーンという言葉が用いられるのは、ビットコインのような暗号通貨に関するケースが最も多いが、署名や知的財産(IP)を保存することも可能だ。

NFTとは何に属する資産か?


現状では、NFTはイーサリアムのブロックチェーンに属しているが、他の暗号通貨も独自のNFTを立ち上げつつある。イーサリアムコインは、暗号通貨の一種という意味ではビットコインと同じ仲間に属するが、ドルとユーロのような違いはある。

そしてNFTは、代替性資産であるイーサリアムコインとは異なるものだ。先ほども言ったように、NFTに含まれている情報は、もうおわかりだろうが……非代替性、つまり唯一無二だからだ。さて、読者のみなさんはまだついてきてくれているだろうか?

翻訳=長谷睦/ガリレオ

NFT仮想通貨

PICK UP

あなたにおすすめ