Shutterstock

5月中旬、米疾病予防管理センター(CDC)がワクチン接種済みの人に対するマスク着用指針を緩和した直後に、ワクチン接種証明カードの偽造品を探すインターネット検索件数が急増した。ワクチン接種証明カードは、接種完了を証明できる数少ない方法のひとつだが、簡単に偽造できることが以前から指摘されてきた。

米国のパンデミックにおいては、ロックダウンやマスク着用、ワクチン接種をめぐって著しい党派対立が目につくが、(接種済みかどうかは)自己申告に任せてマスク非着用を認めるというCDCの新しい方針が妥当かどうかについて、さらなる疑問が持ち上がっている。

Googleトレンドの過去90日間のデータによれば、新型コロナワクチンの接種を証明するカードの偽造品に対する関心が急上昇した時期は、CDCが新たなマスク着用指針を発表したときと一致し、発表から数日で関心は薄れた。

「fake covid card(偽造 コロナ カード)」「fake vaccine card(偽造 ワクチン カード)」「fake covid vaccine card(偽造 コロナ ワクチン カード)」といったキーワードの検索件数は、CDCが指針を発表した5月13日、もしくはその直後に急増し、ピークに達した。

「fake covid card」と「fake covid vaccine card」の検索件数は、それ以前の90日間と比べて、それぞれ950%および1150%増加した。

偽造ワクチン接種証明カードに関する検索の増加は、ワクチンへの抵抗がもっとも強い州を含めて、特定の州に集中していたわけではないようだが、イリノイ、インディアナ、ニュージャージー、ネバダなどのエリアで検索件数が比較的多かった。

ワクチン接種証明カードを実際に購入することに関連する検索も、CDC発表のあとに急増し、とりわけフロリダ、カリフォルニア、オハイオで関心が高かった。

翻訳=梅田智世/ガリレオ

アメリカ経済

PICK UP

あなたにおすすめ