Close

無料会員に新規登録すると、
3,000
円分のギフト券が当たる!

PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

I cover digital business models and how they create value.

フォードのマーク・フィールズ前最高経営責任者(左、Darren Brode / Shutterstock.com)

企業リーダーシップの世界では今、大変動が起きている。多くの組織が、今の古いリーダーを変身させるよりも、新しいリーダーを見つける方が簡単なことに気づいたのだ。

たとえ最高のリーダーでも、信条や行動、評価などの習慣が変わることはほとんどない。新たな事業モデルを作るために古い考え方を捨てられる人は、ほんの一握りだ。現職のリーダーにとっては残念なことに、急速に変化する厳しい競争を生き残るには、新しく、より価値の高い事業モデルが必要だ。こうした変革を起こせないリーダーが行きつく先は、リーダーシップの交代だ。

このパターンははっきりと表面化しつつある。ウォール・ストリート・ジャーナルによると「これまで長く四半期収益にこだわってきた投資家や取締役会は今、不可能を可能にすることを目指す新興企業の攻勢を防ぐべく、大きく迅速な賭けに出られるリーダーを探している」という。

これは、従来の市場で求められていたものとは大きく異なる。これまでは、組織を“軌道通り”に走らせ、先見性のある新戦略を打ち出すよりも、現状の戦略を最適化できるリーダーがよしとされてきた。だが、旧式の手法はもはや通用しない。ウーバーやエアビーアンドビー、ソーシャル・ファイナンス(SoFi)のようなユニコーン(企業評価額が10億ドル以上の未上場企業)は、足取りの重い大企業の下で状況を一変させている。

現代のリーダーは過去の習慣を壊し、プラットフォームやネットワーク、人工知能(AI)の時代にふさわしい新たな考え方、ビジネス、評価のモデルを見つける必要がある。最近、自分自身や会社を変革できなかったため交代させられたリーダーたちを見てみれば分かることだ。

1. フォード・モーター(自動車大手)

同社は、入社28年のベテラン、マーク・フィールズ前最高経営責任者(CEO)を解任し、「変化をもたらす人材」として、自動運転車の開発に取り組むフォード子会社の会長を務めていたジム・ハケットが新CEOに就任した。これにより取締役会が発したメッセージはシンプルで、ソフトウエアとテック業界が急速に破壊を進める中で、現代のリーダーは速度を上げて大きな賭けに出なければいけない、というものだった。

2. バーンズ・アンド・ノーブル(書籍販売大手)

ロナルド・ボーワー前CEOが解任された理由について、取締役会は「同社に適さず、退社するのが全関係者のためだった」と説明した。短い在任期間中、ボーワーは原点回帰の戦略を推し進めたが、世界でも指折りのイノベーション企業であるアマゾンが最大の競合となる同社にとって、これはリスクの高い戦略だった。

編集=遠藤宗生

 

あなたにおすすめ

合わせて読みたい