PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

I cover business and investing in emerging markets.

Tom Wang / Shutterstock

米テスラの電気自動車(EV)は“富裕層向け”。だが中国BYD(比亜迪)の電気自動車なら、上海のタクシー運転手にも手が届く――かもしれない。

米国で販売されている唯一のBYD製のEV、BYD E-6クロスオーバーの希望小売価格は、テスラ製のEVと同程度の61,000ドル(約661万円)前後。だが補助金やインセンティブを適用すれば35,000ドル(約380万円)前後で買える場合があり、そうなれば同サイズのシボレー・ボルトよりも安く、また4人乗りのプリウスのプラグイン・ハイブリッドの31,000ドル(約336万円)と同程度になる。

BYDは世界で最も裕福な企業500の仲間入りをしつつある。「中国の国産自動車メーカー、特に新エネルギー部門に新しい時代が到来した」と、BYDの王傳福(Wang Chuanfu)会長兼CEOは語る。昨年の同社の売上は対前年比37%増の800億元(約1.3兆円)に達した。

2015年の中国製のEVの販売台数は33万台に達した。中国汽車工業協会によれば、EVの生産台数は2014年から300%増加している。その筆頭がBYDだ。

中国は今、EV分野に参加したい諸外国のベンチャー投資家を引きつけている。2015年9月にはセコイア・キャピタルとジョイ・キャピタルが、BYDとテスラを追うNextEVに約10億ドルを投資した。

10年以内に300万台のEV販売を達成するのが中国政府の目標だ。それにはまだ長い道のりがあるが、主要都市で大量のスモッグが発生している現状を考えると、少なくとも都市部でのガソリン車削減を促す機運は高まっている。2016年2月、中国の李克強首相は民間セクターに対して、ガソリンスタンドに充電ポストを設置するための投資を要請した。李は5年以内にも、国内のEVの数が500万台に達すると推定している。

NextEVは民間のベンチャー企業だが、BYD同様、政府のこうした影響力を当てにしている。大気汚染の影響に苦しむ中国国民は、平均的な“入門レベルの(初めて買う人向けの)車”よりも高価なハイテク車の後押しをできるだけの十分な財力もあるからだ。

編集=森 美歩

 

あなたにおすすめ

SEE ALSO

YOU MAY ALSO LIKE