PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

I write about innovation, lifestyle and luxury in China.

Re_sky / Shutterstock

体型で人を判断することは良くないと誰もが知っている。それでも私たちは、メディアに溢れるイメージから影響を受けずにはいられない。

中国でも長年、肥満は恥だとされてきた。今、若い中国人女性の間で爆発的にシェアされている3つの画像も、その風潮が根強いことを示している。その3つとは、「A4ウエスト」、「iPhone 6膝」、「100元札手首」と呼ばれる画像だ。

今年2月頃に出現し、3月中旬に人気に火がついた「A4ウエストは」は、縦にしたA4サイズの紙を腰に当てた写真をSNSに投稿し、ウエストの細さをアピールするもの。中国版ツイッター「ウェイボー(微博)」のハッシュタグ# A4 Waistは1億3,000件ものアクセスを集め、10万件以上のコメントが付いている。驚くべきことに、警察関係者もこのブームに参加しており、ネット上のなりすましに対する警告文が書かれたA4用紙を持った女性職員の写真をアップしている。

5億7,000万アクセスを誇る「iPhone 6膝」も同じくらい馬鹿げている。こちらは両膝の上にiPhone 6 を横向きに置き、足の細さを誇示するもの。iPhone 6とiPhone 6 Plusのどちらを使うべきなのかは不明だが、アップル社以外のスマホを使うことは許されない。

そして最新の「100元札手首」は、幅15.5センチの100元札を手首に巻いた画像や動画だ。紙幣の両端が重なっていれば、痩せている証明になる。ウェイボーや動画アプリの「メイパイ(美拍)」では、手首痩せコンテストが開催され、1億7,000万のアクセスを稼いでいる。より小さな紙幣を巻く者も続出するなど、競争はエスカレートする一方だ。

中国人の体型自慢は今に始まったことではない。昨年は、腕を背中から回して自分のおへそにタッチする「お腹チャレンジ」や、鎖骨に硬貨を何枚乗せられるかを競い合う「鎖骨チャレンジ」が流行った。

もちろん、これらの美容トレンドを憂慮する者も多い。これまで多数の識者が反対の声を上げてきた。しかし、若い中国人女性の痩せ願望は強く、カルチャーの主流となっているのが実情だ。

編集=海田恭子

 

あなたにおすすめ

SEE ALSO

YOU MAY ALSO LIKE