Close

PICK UP

I write about tech, media, culture, and science.

Colin Anderson / gettyimages

調査会社のIDCは、ロボット産業の動向を予測したレポート「世界の商用ロボット購買動向(Worldwide Commercial Robotics Spending Guide)」を発表した。IDCは、ロボティクスにIoT、認知システム、次世代セキュリティ、AR/VR(拡張現実/仮想現実)、3Dプリンティングを加えた6つの技術を「イノベーション・アクセラレータ」と位置付け、これらの浸透によって新たな収益の創出や、仕事のあり方の変革といった「デジタル・トランスフォーメーション」が促進されるとしている。レポートは、今後5年間のロボット関連支出の年平均成長率(CAGR)が17%を超えると予測している。

IDCでロボティクスのリサーチディレクターを務めるJing Bing Zhang博士は、「ロボット技術は、製造業に革命をもたらした」と述べ、ロボット関連の支出が2015年の710億ドル(約8兆円)から2019年には1354億ドル(約15兆3000億円)に急拡大すると予測している。製造現場では半自律式で器用に動く作業用ロボットの導入が急ピッチで進んでいるが、「エレクトロニクス、小売、ヘルスケア、物流、農業、サービス、教育、政府関連などの分野でも急速に普及し始めている」とZhang博士は話す。

レポートによると、ロボット関連の支出が最も大きかったのは組立て製造業とプロセス製造業で、2015年の総支出に占める割合はそれぞれ33.2%と30.2%となっている。この他トップ5には、運送、リソースマネジメント、ヘルスケアの各業界が含まれている。

ロボット産業の将来を占うとき、ロボット技術の広範な普及やこれまでの成長トレンドなど、あらゆるデータが高い成長性を示唆している。バンクオブアメリカ・メリルリンチが2015年11月に発表したレポートは、ロボット産業の市場規模が2014年の107億ドル(約1.2兆円)から2020年までに830億ドル(約9.4兆円)規模に拡大するとしている。

「幅広い業界でロボットの導入が進んでいる背景には、人件費の高騰、熟練労働者の不足、品質の均質化へのニーズなどの事情がある。また、ロボット導入のコストが低下していることや、政府主導による導入政策なども影響している」とZhangは指摘する。

編集=上田裕資

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

あなたにおすすめ

合わせて読みたい