Close

Forbes JAPAN 会員登録で
3,000円分のギフト券が当たる!

PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

Photographee.eu / shutterstock

特別な理由もなくイライラしたり機嫌が悪くなったりする、気分屋な上司を持ってしまった経験はないだろうか。そんな気分屋上司とうまく仕事をする方法を、ビジネスライターが10のコツとして伝授する。

1. パターンを見つける
嵐のくるタイミングやきっかけにはパターンがある。このパターンを押さえることで上司の機嫌を予測できる。上司に近しいアシスタントを味方につけるのも1つの手だ。彼らは長年の経験から上司の機嫌の波をよく分かっている。

2. 一線をおく
上司の機嫌には様々な要素があり誰もコントロールできない。この気分の波を避けるためには、上司と一線を置くことも解決策の一つになる。

3. 冷静に対処する
上司の態度に耐えられなくても、あなたが取り乱してはいけない。上司の機嫌が悪い時こそあなたが冷静でいれば、その冷静さが際立つはずだ。

4. 自分に過失がないかを確かめる
念のために自分に過失がないか、確認しておこう。期待通りの仕事ができない部下をみると、イライラや怒りをぶつけてくる上司もいる。

5. 自分を責めない
上司の機嫌が悪いのは自分のせいだと思わない。目立たないように席を外したり好きな写真を眺めたりと、気晴らしをしよう。自分を責める必要はないのだ。

6. 上司の行動を記録する
自分を守るためにも上司の行動を記録しよう。何か起こった時に証拠となるからだ。

7. 引き金を引かない
機嫌が悪くなるきっかけがわかれば、その引き金を引かない。仕事が片付くまでは耐え抜くことが肝心だ。

8. 時間を慎重に選ぶ
上司と話をするのに1番いいタイミングを見計らう。ストレスの多い時に話かけるのは賢明ではない。機嫌が悪い時間帯を避けて話しかける。

9. 機嫌が悪い時に向き合わない
上司の機嫌が悪そうな時は、あえて近づかない。機嫌が直るまでそっとしておくことも大切なのだ。

10. 話し合ってみる
上司の機嫌によって仕事に悪影響が生じるのであれば、同僚らと愚痴を言い合うのではなく、直接上司と話し合ってみることも必要だ。的確な時間に話し合いを持つことが、上司にとってあなたが必要な人間であることを認識させる。

編集=上田裕資

 

あなたにおすすめ

合わせて読みたい