Close

無料会員に新規登録すると、
3,000
円分のギフト券が当たる!

PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

科学と医薬を担当。21世紀は生物学の世紀であると信じている

Ethan Miller / shutterstock

12月14日、アメリカ大統領候補ドナルド・トランプの担当医が同候補の健康状態を非常に良好とする書簡を公開し、話題となった。Lenox Hill Hospitalの胃腸科専門医であるHarold Bornsteinによれば、実際にトランプはとてつもなく健康だというのだ。

「トランプ氏が選出されたら、これまで大統領に選ばれた人々の中で最も健康な人物だとはっきり申し上げることができる」とBornsteinは記した。

注目のトランプ関連の話題とあって、この書簡は大きな注目を浴びた。しかし、Bornsteinの言うことは、本当だろうか? 答えはNoだ。事実、トランプの年齢の男性が、バラク・オバマ大統領が7年前に当選した当時と比べ、より健康である可能性は低い。

大統領の健康状態を示す証拠として挙げられる数字の多くは、心血管系リスクを判断するための数字だ。患者の心血管系リスクを評価する際、医者は、フラミンガム研究(マサチューセッツ州フラミンガムで5,000人以上の健康状態を追跡した調査。アメリカを代表する疫学研究)から得られた「フラミンガムリスクスコア」と呼ばれるものを利用する。

フラミンガムリスクスコアは、年齢、喫煙の有無、総コレステロール値、血圧から、今後10年以内に心臓発作を発症する確率を予測する。米国立衛生研究所(NIH)のウェブサイトでは、このフラミンガムリスクスコアを簡単に計算することができる。

Bornsteinの公開書簡には、トランプの総コレステロール値がなく、ただトランプの健康状態を示す数値は「驚くほど素晴らしい」と書かれているだけだ。仮に彼の総コレステロールが130mg/dlだとし(これはあり得ないほど良い値で、入力可能な範囲で最も低い数値だ)、彼の年齢69歳と、書簡にある110という彼の最大血圧を入力すると、今後10年でトランプが心臓発作を発症する確率は7%という結果が出た。

言い換えれば、仮に100人のドナルド・トランプがいたら、10年の間に7人のトランプが心臓発作を起こすだろう、ということだ。バラク・オバマが大統領選を戦ったときに彼の担当医が発表したデータを確認すると、当時46歳のオバマは総合コレステロール値が173 mg/dl、最大血圧は90。彼は時々喫煙していたので「タバコを吸ったことがある」の欄にチェックを入れる。

しかし、それでも結果は明らかにオバマの方が良い。今後10年で彼が心臓発作を起こす確率は、たった3%だ(もしタバコを吸ったことがなければ、その確率は1%になっていた)。
年齢(オバマは就任時、歴代で5番目に若い大統領だった)、体調の良し悪しを考慮に入れると、史上最も健康な大統領はオバマであるとすべきだ。

単純に、46歳は69歳と比べて心臓発作を起こす危険性はずっと低い。それを考えれば、Bornstein医師の主張は信じ難いとしか言いようがない。外見から見ても、トランプが過去の大統領らよりも健康的だとは思えない。それに、今後8年間大統領が病気にならないかどうかなど、誰にも予測できない。だからこそ副大統領が存在するのだ。
Bornstein医師は電話及びメールでの問い合わせに対し、コメントを控えている。

編集=上田裕資

 

あなたにおすすめ

合わせて読みたい