Close

無料会員に新規登録すると、
3,000
円分のギフト券が当たる!

PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

フォーブステクノロジーチャンネルのシニアニュースプロデューサー

Photo by Alex Wong/Getty Images

アプリ開発を行うジュリオ・カスティロは「共和党のドナルド・トランプ候補の発言をブロックするアプリを開発してほしい」というユーザーの声を実現した。

11月半ば、カスティロは「K Blocker」というiOS9向けのコンテンツブロッカー(コンテンツをブロックするアプリ)を立ち上げた。K BlockerのKはリアリティ番組のセレブ、クロエ・カーダシアンを意味する。米国ではプロバスケ選手と離婚協議中の彼女のゴシップが連日報道されているが、意識の高いネットユーザーらはこれにうんざりしており、このアプリをインストールすれば、そのニュースを見なくて済むようになる。

その次回作として登場したのが「Trump Trump(トランプへの切り札)」。これで、iOS 9ユーザーは、ドナルド・トランプ関連のニュースに悩まされることが無くなる。

開発者のカスティロはニュースサイトProduct Huntで、開発の経緯をこう話した。「iOS向けのカーダシアン・ブロッカーを作った後、トランプ・ブロッカーを望む声がどっと寄せられた。我々は嫌なものは何でもブロックできる未来に向かっているかどうか。その善し悪ししは分からない。けれども、このアプリはそんなディストピアへのささやかな貢献だと思う」

編集=上田裕資

 

あなたにおすすめ

合わせて読みたい