• テスラが開発中の「自動運転AI」 AMDの関与を関係筋は否定

    Aaron Tilley , Forbes Staff

    昨年、テスラは密かに世界トップクラスの半導体設計者であるジム・ケラーを採用していた。ケラーはアップルの独自プロセッサであるApple A4を手がけたほか、AMDでもいくつかの重要プロジェクトを率いていた。イーロン・マスクが率いるテスラは、あらゆるイノベーションを自家製で生み出そうとしている。テスラが ...

  • 「InsTech」がもたらす保険業界の劇的な変革

    AI Lab 編集部 , CONTRIBUTOR

    コンサルティング会社、アクセンチュアのレポート「Technology Vision for Insurance 2017」(2017年7月26日発表)によれば、保険会社の経営幹部の75%(日本では67%)が、AI(人工知能)によって今後3年間で保険業界全体が大きく変わる、もしくは完全に変容するだろう ...

  • 脳とインターネットが接続可能に、南アの大学が新システムを開発

    David DiSalvo , CONTRIBUTOR

    私たちはすでに「モノのインターネット(IoT)」という言葉をよく知っている。そして、インターネットの無限の広がりを通じ、デジタル接続可能なものは全て、間違いなく接続されていくだろうということを受け入れている。だが、私たちの「脳」がそうしたモノの一つになったら、どうだろうか?また新たな「かつてはSFの ...

  • トラックの無人運転も実現へ ハイテク化が進む「物流」業界

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    ロボットとの協働、トラックの自動運転化……。アナログな手法が一般的だった物流業界だが、ここ数年、テクノロジーが浸透し始め、ハイテク化が進んでいる。人とモノ、人と機械、企業と企業がつながるコネクテッド・インダストリーズ。「物流」を変える4つの最新事例を紹介する。1. ロボッ ...

  • インテルが推進、300機のドローンが夜空を彩る「ライトショー」

    Ian Morris , Contributor

    インテルは先日、米ロサンゼルスで開催された映画「ワンダーウーマン」のブルーレイ版発売記念イベントで、300機のドローンが夜空を彩るライトショーを開催した。インテルは以前から自社開発の「Shooting Starドローン」を活用し、全く新しい形の光のショーで観客らを魅了してきた。今回のイベントではワン ...

  • 知られざるiPhoneの新機能「QRコード標準化」に見る中国シフト

    Paul Armstrong , CONTRIBUTOR

    アップルは9月20日、iOSの最新バージョン「iOS 11」の配布を開始した。ここで注目したいのはiPhoneやiPadの標準カメラアプリに、史上始めてQRコードの読み取り機能が導入されたことだ。これまでアップルのデバイスでQRコードを読み取る場合は、サードパーティのアプリをインストールする必要があ ...

  • 英ウーバー禁止で見えた「オンデマンド」企業が抱える爆弾

    Parmy Olson , FORBES STAFF

    9月22日、英ロンドン交通局は30日で期限切れを迎えるウーバーの営業免許を更新しないと発表した。ロンドンのウーバーのドライバーは4万名、顧客数は350万名とされている。これに対しウーバーは「即座に法廷に訴える」と宣言し、営業を続行する意思を示した。当局はウーバーの乗客の安全上の懸念や、ウーバーが規制 ...

  • ALS治療にも期待、脳神経領域におけるAIの可能性

    大澤 法子 , CONTRIBUTOR

    近年、人工知能(AI)と並行して、ブレイン・コンピュータ・インタフェース(BCI)の研究が進められている。BCIを通じて人間の脳をコンピュータに接続することで、脳の電気信号を読み取り、コンピュータを制御することが可能となるなか、神経系疾患の診療に変化が起きている。統合失調症は原因不明の病気であり、日 ...

  • AI開発でグーグルを追撃するスタートアップ「Bonsai」の試み

    Aaron Tilley , Forbes Staff

    グーグルが2004年に買収した英国の「DeepMind」は囲碁AIソフトウェア「AlphaGo」を開発したことで有名だ。DeepMindは強化学習という洗練されたアプローチで人工知能(AI)を鍛え上げている。強化学習においてコンピュータは数千回や何百万回にも及ぶ試行錯誤を繰り返し、正しい答にたどり着 ...

  • カードの「スキミング防止」アプリ アンドロイド限定で公開中

    Lee Mathews , CONTRIBUTOR

    犯罪者たちはあらゆる手段を用いてユーザーのクレジットカード情報を盗み出そうとしている。先日発生した信用情報会社Equifaxから約1.4億人の個人情報が流出した事件では、犯罪者らがサーバの脆弱性を突いてデータを持ち出した。また、街角のATMやガソリンスタンドの給油マシン等にカード情報を盗み取るツール ...

  • 株価は1年で170%上昇、エヌビディアの好業績を支えるGPUの力

    Aaron Tilley , Forbes Staff

    投資家たちは、エヌビディアのデータセンター事業に熱い視線を注いでいる。同社のGPUは、ディープラーニングにおいて圧倒的なシェアを握っており、多くのデータセンターがエヌビディア製品をサーバに搭載しているからだ。エヌビディアのデータセンター事業は、ゲーム事業に比べてまだ規模は小さいが、四半期ごとに前年対 ...

  • アップルウォッチ所有者の半数が「Series 3」を購入予定 米調査

    John Koetsier , CONTRIBUTOR

    現在アップルウォッチを所有する人の約半数が、9月22日に発売の「Apple Watch Series 3」の購入を考えているという。このデータは調査企業Fluentの2500名を対象とした調査で明らかになった。これが事実であれば、アップルは既存ユーザーの“乗り換え需要”のみで ...

  • 急拡大のAR市場、2023年に「4兆円突破」 米調査企業が報告

    John Koetsier , CONTRIBUTOR

    テクノロジー業界で今後大きな成長が期待されるのがAR(拡張現実)だ。ここ数ヶ月でアップルの「ARKit」やグーグルの「ARCore」等、新たなAR向けフレームワークが発表された。調査企業Greenlight InsightはARデバイスやARコンテンツの売上が、2023年には364億ドル(約4.1兆 ...

  • レシピ解析からナレーションまで、AI関連アプリの今

    AI Lab 編集部 , CONTRIBUTOR

    AI(人工知能)を使ったアプリと言えば、「Siri」や「Google Now」など、音声アシスタントが真っ先に思い浮かぶ。普通に会話するようにスマホ端末に話しかけると、AIが適切な検索結果や情報を教えてくれたり、一部のアプリではユーザーの行動を管理・サポートしてくれる機能も搭載されている。昨今、こう ...

  • グーグルは「1200億円以上」を自動運転に投資 裁判資料で判明

    Alan Ohnsman , FORBES STAFF

    アルファベット傘下の「ウェイモ(Waymo)」が自動運転技術の盗用でウーバーを提訴している裁判で、新たな事実が浮き彫りになった。テクノロジーサイト「IEEE Spectrum」が裁判資料を詳細に調べた結果、ウェイモのシニア・フィナンシャルアナリスト、Shawn Bananzadehの証言記録が見つか ...

  • 台湾の「電動スクーター版テスラ」 住友商事等から330億円調達

    Aaron Tilley , Forbes Staff

    “電動スクーター業界のテスラ”の異名をとる台湾の「Gogoro」が9月19日、3億ドル(約335億円)のシリーズC資金調達を行ったとアナウンスした。出資元にはシンガポールの政府系ファンドのテマセクや、日本の住友商事、フランスのエネルギー企業のENGIEらが加わった。2011年 ...

  • 製造現場を「スマート」に コマツ、YKK、KDDIらの取り組み

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    自動走行する建機、稼働率の把握。IoT、AI、センシングの活用によって、「スマートファクトリー化」が加速。製造現場が大きく変化している。人とモノ、人と機械、企業と企業がつながるコネクテッド・インダストリーズ。「現場」を変える9つの最新事例を紹介する。1. 発注に合わせて最適なマッチング|シタテル大量 ...

  • いやが応でもEV時代!? 体験的「電気自動車論」

    勝股 優 , Official Columnist

    タイトルだけだと、電気自動車(EV)否定派の意見かと思われるかもしれないが、私はEVに魅力を感じる一人だ。まだEV黎明期の2009年末から、自宅で200V充電ができるようにして5年乗った。感想はというと「こんなに便利で、不便なクルマはない」だったが、魅力のほうが大きかった感じである。不便は走行距離の ...

  • 迷惑な「自動再生サウンド」を停止 クロームが新機能導入へ

    Lee Mathews , CONTRIBUTOR

    ウェブを閲覧中に誰もが迷惑に感じるのが、サイトを開いた際に自動再生される動画コンテンツのサウンドだ。周囲の静寂を打ち破るようなタイミングでスピーカーから音が鳴り響くのは、非常に不快な思いにさせられる。グーグルはこの問題に対処するため、クロームブラウザの次期アップデートで、自動再生動画のサウンドを強制 ...

  • ソフトバンクとAIで提携、Skymindが描く「介護ロボット」の未来

    Aaron Tilley , Forbes Staff

    機械学習分野で最も認知度の高いアプローチであるディープラーニングは、様々な分野で活用が進んでいる。しかし、その大部分はクラウドで処理されるものだ。そんな中、サンフランシスコ本拠の人工知能(AI)のスタートアップ「Skymind」は、ディープラーニングを直接ロボットに組み込もうとしている。Skymin ...