FORBES STAFF

Alan Ohnsman

I write about the future of mobility and evolution of transportation.

I write about the evolution of transportation and intersection of the auto industry and Silicon Valley for Forbes from Los Angles, the U.S. capital of cars and congestion. I've covered global automakers, advanced vehicle technologies and environmental regulations for two decades, including 15 years at Bloomberg News, as well as stints in the financial industry and corporate world. Started out at a small English-language paper in Tokyo in the final phase of Japan’s economic boom years. Later had a ringside to cover the launch of Toyota’s Prius and rise of Elon Musk’s Tesla Motors. From self-driving cars and ride-sharing services to battery and hydrogen propulsion, new approaches to urban transit and the commercialization of space travel, I want to know how we get there from here.

  • 都市交通を変えるデータマッピング企業「Esri」の巨大なパワー

    自動運転車の実用化に先立ち、都市部の交通を変革しようとする動きが活発化している。テクノロジー企業各社が、人や車両を監視して交通を改善するクラウドツールの開発を進める中、空間データ解析を手掛ける「Esri」は、インテル傘下の「モービルアイ」と提携し、車両に搭載したセンサーから交通データを収集する取組み ...

  • 自動運転ウェイモ、米大手ディーラーと提携 保守業務を委託

    グーグル系の自動運転車開発企業「ウェイモ(Waymo)」が、全米最大手の自動車ディーラー「AutoNation」と提携したことが明らかになった。自動運転車業界に自動車ディーラーが参入するのは、今回が初めての事例となる。「全米にあるAutoNationの店舗において、ウェイモの自動運転車の保守や修理を ...

  • NASAが開発支援の人型ロボット、4千キロの「自律歩行」目指す

    自動運転車の実用化が間近に迫る中、カリフォルニア工科大学は既に次世代の自動運転技術の開発に取り組んでいる。同校が検討中の新技術の中には、数千マイルを自律歩行できる人型ロボットや救命ドローン、群れをなして飛行する宇宙船などが含まれる。同校は10月24日、これらの構想を実現するために、NASAのジェット ...

  • トロントで「ロボットタクシー」運行へ グーグルの未来都市

    アルファベットが手掛けることが決まったトロントのウォーターフロント再開発プロジェクトについて、同社が自動運転車によるオンデマンド型輸送システムの構築を目指していることが分かった。自動運転車の供給は、アルファベット傘下の自動運転車開発企業、ウェイモが行うと見られる。アルファベット傘下の都市開発企業、「 ...

  • 米運輸省が自動運転「ウェイモ」を賞賛 商用化へ前進

    アルファベットの自動運転部門「ウェイモ(Waymo)」は、かつてないボリュームのレポートを公開し、同社のプロジェクトの詳細を明かした。グーグル内部で密かに進むムーンショットプロジェクトとして始動したウェイモが、ようやくその全貌を明かそうとしている。10月12日、ウェイモは43ページにわたるレポート「 ...

  • GMが自動運転車の「劇的低コスト化」実現へ、新興企業を買収

    自動運転における視覚の役割を果たす、LiDARセンサー分野でまた新たな買収が発表された。GMは10月9日、ほぼ無名のカリフォルニア州本拠のスタートアップ「Strobe」の買収をアナウンスした。Strobeが開発するLiDARセンサーは既存のセンサーよりも価格がかなり安く、サイズも小さいという。GMは ...

  • カリフォルニア州「無人の自動運転」テスト解禁へ、全米初

    自動運転車両の実用化に向けて、米カリフォルニア州は大きな第一歩を踏み出した。自動運転車の開発を行う企業らは今後、セーフティードライバー(緊急時に対処する人員)が乗車しない自動運転車両を公道でテスト出来るようになる。カリフォルニア州車両管理局(DMV)は10月11日、ロボット車両のオペレーションに関わ ...

  • GMが描く「自動運転」の本格導入、都市部の課題と可能性

    米ゼネラル・モーターズ(GM)傘下のクルーズオートメーション(Cruise Automation)は、自動運転の実用化に向けて米国の都市部で厳格なテストを重ねていくと宣言した。10月3日、クルーズCEOのKyle Vogt はカンファレンスの場で、サンフランシスコ市内での自動運転車の走行テストが、い ...

  • 元ウーバー幹部が「AI宗教」を設立 税金対策との見方も

    グーグルから自動運転関連の機密資料を盗み出した容疑で告発された元ウーバー幹部、アンソニー・レバンドウスキーが、新興宗教団体を設立していたことが明らかになった。「Way of the Future(未来の道)」と呼ばれるこの団体は、人工知能(AI)が作り出す神を崇拝し、社会の発展に貢献することを目的に ...

  • トヨタが自動運転で提携のスタートアップ「Luminar」を率いる22歳

    現在22歳のオースティン・ラッセルが立ち上げたLiDARメーカーの「Luminar Technologies(以下、Luminar)」はトヨタの研究部門と提携し、自動運転テクノロジーの開発を行っている。Luminarはシリコンバレーのポートラバレーに拠点を構え、トヨタ・リサーチ・インスティチュート( ...

  • アジア版ウーバーが自動運転に大型出資、シンガポールで導入へ

    Drive.aiはシリコンバレーで2年前に設立された若い企業ながら、自動運転分野の最注目企業の一つとなった。同社は9月7日に配車サービス大手の米リフトと提携を発表した。そのDrive.aiがアジアでウーバーの最大の競合とされるGrabタクシーと提携し、自動運転テクノロジーをシンガポールに投入する。D ...

  • グーグルは「1200億円以上」を自動運転に投資 裁判資料で判明

    アルファベット傘下の「ウェイモ(Waymo)」が自動運転技術の盗用でウーバーを提訴している裁判で、新たな事実が浮き彫りになった。テクノロジーサイト「IEEE Spectrum」が裁判資料を詳細に調べた結果、ウェイモのシニア・フィナンシャルアナリスト、Shawn Bananzadehの証言記録が見つか ...

  • テスラが待望のEV大型トラック発表へ 「驚異的性能」とマスク

    テスラはEV(電気自動車)のラインナップに新たにトラックを加えることを明らかにした。イーロン・マスクがかねてより言及していたことがいよいよ現実のものとなる。マスクは9月13日、テスラにとってこれまでで最大にして最高額のEVとなるセミトレーラー・トラックを、来月ロサンゼルス郊外で披露するとツイートした ...

  • 自動運転の未来を担う「ベロダイン」 テスラ社員らを引き抜き

    自動運転車向けセンサー「LiDAR」のトップメーカーであるベロダインは、2018年から年間100万台のLiDARを生産する予定だ。大量生産に対応する「メガファクトリー」の稼働に備え、同社は業界のベテラン2名を採用した。一人は、元ヒュンダイモーターアメリカのMircea Graduで、品質管理担当のシ ...

  • イスラエルのLiDARメーカー「イノヴィズ」 70億円を資金調達

    イスラエルのスタートアップ企業「イノヴィズ・テクノロジーズ(Innoviz Technologies)」は6500万ドル(約70億円)の資金調達を行ったと発表した。出資元は世界トップレベルの自動車部品メーカーであるデルファイとマグナの2社だ。イノヴィズは今回の調達資金により、自動運転車向けの低コスト ...

  • 中国テンセントらが100億円出資の「空飛ぶタクシー」Liliumの野望

    ドイツのスタートアップ企業「Lilium Aviation」は世界初の、垂直離着陸が可能な小型電動飛行機のテスト飛行を成功させた。Liliumが生み出した飛行機はヘリコプターよりも小型で騒音の少ない “空飛ぶタクシー”的サービスの実現を目指している。Liliumは今年4月、ド ...

  • フォードの「次世代モビリティ」戦略 デリバリーにも進出へ

    今から1年前、フォードは自動運転車による配車サービスを2021年までに開始すると宣言した。5月に新CEOに就任したジム・ハケットはさらに野心的な目標を掲げ、オンデマンドのデリバリーサービスも立ち上げ、モビリティ事業の早期収益化を目指す考えを表明した。「我々は新事業の立ち上げに際し、人とモノの両方を運 ...

  • GMが狙うシリコンバレーの頭脳 現役幹部が語る才能発掘の舞台裏

    8月の初め、マウンテンビューで開催された「500 Startups」主催のピッチコンテストに、GMのエンジニアリング部門の幹部が数人参加した。彼らの目的は、有望なスタートアップを発掘して育成することだ。GMは昨年末から500 Startupsの「Demo Day」のスポンサーになっている。同社は他の ...

  • イーロン・マスク、ツイッターで「躁うつ」を告白 業界に波紋

    イーロン・マスクはドナルド・トランプと同様に、現在の心境をツイッターで赤裸々に語ることで有名だ。そのマスクが7月30日朝にツイッター上に投稿した内容が、関係者らの間に波紋を広げている。ツイートでマスクは自身が「躁うつ的な気質を持っている」と告白したのだ。テスラの新型セダン、モデル3の納品は7月28日 ...

  • 元テスラ社員が創業の「電気バス」プロテラ 新工場で増産体制

    ドナルド・トランプは今年6月、地球温暖化対策の国際的枠組み「パリ協定」からの離脱を宣言したが、カリフォルニア州では現在もなお、CO2の排出削減に向けた動きが続いている。カリフォルニア州本拠の電気バスメーカー、プロテラは排気ガスを全く出さない電気バス「Catalyst」を製造する。同社は先日、ロサンゼ ...