FORBES STAFF

Alan Ohnsman

I write about the future of mobility and evolution of transportation.

I write about the evolution of transportation and intersection of the auto industry and Silicon Valley for Forbes from Los Angles, the U.S. capital of cars and congestion. I've covered global automakers, advanced vehicle technologies and environmental regulations for two decades, including 15 years at Bloomberg News, as well as stints in the financial industry and corporate world. Started out at a small English-language paper in Tokyo in the final phase of Japan’s economic boom years. Later had a ringside to cover the launch of Toyota’s Prius and rise of Elon Musk’s Tesla Motors. From self-driving cars and ride-sharing services to battery and hydrogen propulsion, new approaches to urban transit and the commercialization of space travel, I want to know how we get there from here.

  • イスラエル発交通アプリ「Moovit」が扱う世界1500都市のビッグデータ

    日本以外の世界の国々では、バスや電車など公共交通機関の時間の正確さや情報に期待できない国が多い。そんな中で急成長しているのが、イスラエル発の交通ナビゲーションアプリ「Moovit」だ。わずか5年間で1億ユーザーに達し、これはグーグルに2013年に11億ドル(約1200億円)で買収されたWaze(ウェ ...

  • 元ウーバー役員が創業の「電動スクーター」シェア、全米展開へ

    このところロサンゼルスのサンタモニカの街角で、洒落たデザインの電動キックスクーターを乗り回している人をよく見かける。昨年9月、この電動スクーターのシェアサービスを提供しているスタートアップの「Bird」は、1500万ドルを調達したことを明らかにした。同社は、この資金でサービスを全米に拡大する予定だ。 ...

  • フォードが直面する「交通の未来はカネになるか」問題

    フォードは、スマートシティ時代におけるモビリティ構想を長年語ってきたが、コア事業に育てる具体的なプランを描けていなかった。しかし、それが今変わろうとしている。1月24日に市場予想を下回る決算を発表したフォードは翌25日、都市部で人やモノを効率的に輸送する主力企業になるための具体的な取組みを示した。同 ...

  • 自動運転ウェイモが「渋滞都市」アトランタに進出へ

    アルファベット傘下の自動運転企業「ウェイモ(Waymo)」が、激しい交通渋滞で知られるジョージア州アトランタで試験走行を開始する。同社は2018年中にアリゾナ州フェニックスで自動運転車による配車サービスを開始する予定だが、アトランタはさらに課題の多い都市となるだろう。「アトランタの皆さん、ウェイモは ...

  • エヌビディアCEO、2時間に及ぶ「自動運転強化宣言」の中身

    自動運転車向けのコンピューティングとAI(人工知能)で世界をリードするエヌビディアは、新たにウーバーとフォルクスワーゲン(VW)との提携を発表した。エヌビディアは、ウーバーが開発中の自動運転車にテクノロジーを提供し、VWとはAIアプリケーションの開発で協業する。エヌビディアの創業者兼CEOであるジェ ...

  • 元グーグル社員らが創業の自動運転企業Aurora、現代やVWと提携

    シリコンバレーで自動運転車の開発を手掛けるスタートアップ「Aurora」がフォルクスワーゲン(VW)と現代自動車と提携する。約1年前の創業以来ステルスモードだった同社が、一気に表舞台に躍り出た形だ。Auroraを創業したのは、グーグルの自動運転プロジェクトの元責任者であるクリス・アームソン(Chri ...

  • フォード会長が認めたLiDAR企業「Ouster」が打倒ベロダイン宣言

    自動運転の実現に向けて競争が激化しているのが、LiDARセンサーの分野だ。そんな中、競合よりも劇的に安価で、高性能なセンサーを提供すると宣言したスタートアップ企業がある。サンフランシスコ本拠の「Ouster」は先日、LiDARセンサー「OS1」を1台あたり1万2000ドルで販売開始すると発表した。同 ...

  • ウェイモ、自動運転車に保険を適用 来年にはサービス開始へ

    アルファベット傘下の自動運転開発会社「ウェイモ(Waymo)」は、2018年中にアリゾナ州フェニックスで自動運転車による配車サービスを開始する予定だ。ユーザーはスマホのアプリを使ってウェイモのミニバンの配車を依頼できるようになる。ウェイモは、自動運転車に対する不安を緩和するため、保険企業と提携して乗 ...

  • トヨタ、米で「家畜のふん」活用の燃料電池プロジェクト始動

    燃料電池(FC)を用いた乗用車やトラックは、米国ではほとんど普及していない。その理由の一つが充電に必要な水素ステーションの数があまりにも少ないことだ。トヨタはこの問題を解決する試みとして、カリフォルニア州で家畜の排せつ物から水素を取り出し発電を行うプロジェクトを始動する。トヨタの北米事業体「Toyo ...

  • E・マスクを突き動かす「渋滞への憎悪」とLAトンネル計画

    イーロン・マスクは、長年怒りを覚えていたロサンゼルスの激しい交通渋滞の問題解決に乗り出した。マスクの運営するトンネル掘削会社「The Boring Company」は先日、ロサンゼルス西部を走るフリーウェイ405号線に隣接する地下トンネル掘削の申請書を市に提出した。申請書は、11月21日にロサンゼル ...

  • 都市交通を変えるデータマッピング企業「Esri」の巨大なパワー

    自動運転車の実用化に先立ち、都市部の交通を変革しようとする動きが活発化している。テクノロジー企業各社が、人や車両を監視して交通を改善するクラウドツールの開発を進める中、空間データ解析を手掛ける「Esri」は、インテル傘下の「モービルアイ」と提携し、車両に搭載したセンサーから交通データを収集する取組み ...

  • 自動運転ウェイモ、米大手ディーラーと提携 保守業務を委託

    グーグル系の自動運転車開発企業「ウェイモ(Waymo)」が、全米最大手の自動車ディーラー「AutoNation」と提携したことが明らかになった。自動運転車業界に自動車ディーラーが参入するのは、今回が初めての事例となる。「全米にあるAutoNationの店舗において、ウェイモの自動運転車の保守や修理を ...

  • NASAが開発支援の人型ロボット、4千キロの「自律歩行」目指す

    自動運転車の実用化が間近に迫る中、カリフォルニア工科大学は既に次世代の自動運転技術の開発に取り組んでいる。同校が検討中の新技術の中には、数千マイルを自律歩行できる人型ロボットや救命ドローン、群れをなして飛行する宇宙船などが含まれる。同校は10月24日、これらの構想を実現するために、NASAのジェット ...

  • トロントで「ロボットタクシー」運行へ グーグルの未来都市

    アルファベットが手掛けることが決まったトロントのウォーターフロント再開発プロジェクトについて、同社が自動運転車によるオンデマンド型輸送システムの構築を目指していることが分かった。自動運転車の供給は、アルファベット傘下の自動運転車開発企業、ウェイモが行うと見られる。アルファベット傘下の都市開発企業、「 ...

  • 米運輸省が自動運転「ウェイモ」を賞賛 商用化へ前進

    アルファベットの自動運転部門「ウェイモ(Waymo)」は、かつてないボリュームのレポートを公開し、同社のプロジェクトの詳細を明かした。グーグル内部で密かに進むムーンショットプロジェクトとして始動したウェイモが、ようやくその全貌を明かそうとしている。10月12日、ウェイモは43ページにわたるレポート「 ...

  • GMが自動運転車の「劇的低コスト化」実現へ、新興企業を買収

    自動運転における視覚の役割を果たす、LiDARセンサー分野でまた新たな買収が発表された。GMは10月9日、ほぼ無名のカリフォルニア州本拠のスタートアップ「Strobe」の買収をアナウンスした。Strobeが開発するLiDARセンサーは既存のセンサーよりも価格がかなり安く、サイズも小さいという。GMは ...

  • カリフォルニア州「無人の自動運転」テスト解禁へ、全米初

    自動運転車両の実用化に向けて、米カリフォルニア州は大きな第一歩を踏み出した。自動運転車の開発を行う企業らは今後、セーフティードライバー(緊急時に対処する人員)が乗車しない自動運転車両を公道でテスト出来るようになる。カリフォルニア州車両管理局(DMV)は10月11日、ロボット車両のオペレーションに関わ ...

  • GMが描く「自動運転」の本格導入、都市部の課題と可能性

    米ゼネラル・モーターズ(GM)傘下のクルーズオートメーション(Cruise Automation)は、自動運転の実用化に向けて米国の都市部で厳格なテストを重ねていくと宣言した。10月3日、クルーズCEOのKyle Vogt はカンファレンスの場で、サンフランシスコ市内での自動運転車の走行テストが、い ...

  • 元ウーバー幹部が「AI宗教」を設立 税金対策との見方も

    グーグルから自動運転関連の機密資料を盗み出した容疑で告発された元ウーバー幹部、アンソニー・レバンドウスキーが、新興宗教団体を設立していたことが明らかになった。「Way of the Future(未来の道)」と呼ばれるこの団体は、人工知能(AI)が作り出す神を崇拝し、社会の発展に貢献することを目的に ...

  • トヨタが自動運転で提携のスタートアップ「Luminar」を率いる22歳

    現在22歳のオースティン・ラッセルが立ち上げたLiDARメーカーの「Luminar Technologies(以下、Luminar)」はトヨタの研究部門と提携し、自動運転テクノロジーの開発を行っている。Luminarはシリコンバレーのポートラバレーに拠点を構え、トヨタ・リサーチ・インスティチュート( ...