FORBES STAFF

Alan Ohnsman

I write about the future of mobility and evolution of transportation.

I write about the evolution of transportation and intersection of the auto industry and Silicon Valley for Forbes from Los Angles, the U.S. capital of cars and congestion. I've covered global automakers, advanced vehicle technologies and environmental regulations for two decades, including 15 years at Bloomberg News, as well as stints in the financial industry and corporate world. Started out at a small English-language paper in Tokyo in the final phase of Japan’s economic boom years. Later had a ringside to cover the launch of Toyota’s Prius and rise of Elon Musk’s Tesla Motors. From self-driving cars and ride-sharing services to battery and hydrogen propulsion, new approaches to urban transit and the commercialization of space travel, I want to know how we get there from here.

  • トラック版ウーバーとして躍進のConvoy、430億円を新規で調達

    シアトルに本拠を置く物流トラックのオペレーター「コンボイ(Convoy)」が、新規で4億ドル(約435億円)の資金を調達した。コンボイはこれまでビル・ゲイツやジェフ・ベゾス、アル・ゴアなどから支援を受けている。同社のCEOのダン・ルイスはトラック輸送を効率化することで、輸送時間を短縮し、トラックの燃 ...

  • シャッターストックCEOらが語る「スタートアップとIPOの関係」

    スタートアップのビジネスを数十億ドル規模に成長させる上で、IPOを行うことは今では必須ではなくなった。ストックフォト企業の「シャッターストック」のジョン・オリンガーCEOと、ウェブ作成ツールとホスティングサービスを提供する「スクエアスペース」のアンソニー・カサリナCEOらは先日、フォーブスの「30ア ...

  • ウェイモCEOが語る「完全な自動運転」実現までの道のり

    アルファベット傘下の自動運転企業「ウェイモ」は昨年末から、アリゾナ州フェニックス郊外の公道上で、ロボットタクシーの試験サービスを開始した。同社はこのサービスの立ち上げ時には、常に人間のセーフティードライバーを同乗させていたが、今年8月以降は「乗客のみ」の運行回数を増やしている。ウェイモのジョン・クラ ...

  • ボルボが「初のEV車両」で見せたサステナビリティへの意欲

    電気自動車(EV)は排ガスを削減するが、生産工程で大量のエネルギーを消費する。ボルボは工場のオペレーションも含め、CO2排出量を40%削減すると宣言しており、その第1段階として同社初のEV車両のコンパクトSUV「XC40 Recharge(リチャージ)」をリリースした。同社のホーカン・サムエルソンC ...

  • ウェイモがLAに自動運転テストを拡大、道路の3Dマップを作成

    混雑したロサンゼルスの道路はこれまで、自動運転車両のテスト走行には向かない場所と考えられてきた。この分野の企業は主にシリコンバレーやアリゾナ州フェニックス、ペンシルベニア州ピッツバーグなどでテストを重ねてきた。しかし、アルファベット傘下のウェイモは先日、ロサンゼルスに自動運転車両を投入し、ロボタクシ ...

  • 自動運転トラックEmbarkが80億円調達、「輸送ハブ」建設へ

    20代のカナダ人起業家2人が創業した自動運転トラック企業「Embark Trucks」が、7000万ドル(約76億円)の資金を新たに調達した。同社は今後、自動運転トラックのオペレーションのハブを建設する計画だ。サンフランシスコ本拠のEmbarkはウェイモがロボタクシーに採用したものと同等の技術を、ト ...

  • IPO目前のフードデリバリー企業が未来を託す「出前ロボット」

    フードデリバリー企業「Postmates(ポストメイツ)」は、自動運転車向けに遠隔操作技術を提供するシリコンバレーのスタートアップ「Phantom Auto」と提携したことを明らかにした。Postmatesは今後、歩道を走行する配達ロボット「Serve」にPhantom Autoのソフトウェアを搭載 ...

  • アマゾンがEV車「10万台」発注するスタートアップRivianの実力

    アマゾンCEOのジェフ・ベゾスは9月19日、パリ協定で定められた環境への取り組みを、10年前倒しで達成するコミットメント「Climate Pledge」を発表し、その一環として電動配送車10万台を発注すると宣言した。アマゾンが配送に採用するEV(電気自動車)バンは、ミシガン州本拠のEVスタートアップ ...

  • 自動運転トラック「TuSimple」がユニコーン化、累計320億円を調達

    米国と中国で自動運転トラックを開発中のスタートアップ企業「TuSimple(トゥーシンプル)」が、新規で1億2000万ドル(約130億円)を調達した。同社は18輪型のAIで稼働する大型トラックを開発中だ。今回のシリーズD資金調達には既に、米国のUPSや中国のCDH Investmentsのほか、韓国 ...

  • 高齢者コミュニティ特化の自動運転企業「Voyage」を生んだ31歳

    高齢者コミュニティに特化した自動運転ソリューションを開発するシリコンバレー企業「Voyage」が、3100万ドル(約33億円)を新規で調達した。Voyage の31歳の共同創業者でCEOのオリバー・キャメロンは、かつてフォーブスの「30アンダー30」に選出されていた。今回のシリーズBラウンドは資産運 ...

  • 36歳が率いる電動ピックアップトラックRivian、累計20億ドル調達

    高性能な「電動ピックアップトラック」で、EV(電気自動車)業界に新たな革新をもたらそうとしているのが、米ミシガン州本拠の「Rivian Automotive(以下、リビアン)」だ。リビアンは既にフォードやアマゾンから出資を受けているが、新たに自動車関連サービス企業の「コックス・オートモーティブ(Co ...

  • 競争激化の「自動運転トラック」市場、米UPSがTuSimpleに出資

    米国の貨物運送大手UPSは、サンディエゴ本拠の自動運転トラックのスタートアップ「TuSimple」に出資を行った。UPSは、輸送の安全性と効率性を高めることが出資の目的だとしている。米国の大手貨物運送会社による自動運転トラック企業への出資は、今回が初めての事例だ。UPSは、TuSimpleのマイノリ ...

  • EVバスのプロテラ、IPO直前の資金調達でユニコーン化へ

    シリコンバレー本拠のEV(電気自動車)バスメーカーの「プロテラ(Proterra)」は年内にIPOを計画中と伝えられているが、同社はIPO直前の資金調達で、評価額10億ドル超えのユニコーン企業になる見通しだ。米国全土の公共バスをEVに置き換えることを目指すプロテラは、昨年9月、ダイムラーの「トーマス ...

  • 米国で本格化の「ロボット宅配」、Postmatesが大規模テスト開始

    米サンフランシスコ本拠のフードデリバリー企業「Postmates」が、LiDARメーカーの「Ouster」のセンサーを、配達ロボットのServeに採用すると発表した。これにより、配達ロボットが歩道で人間を避けながらデリバリー業務を行うことになる。OusterのLiDARセンサー「OS1」は1台1万2 ...

  • テスラ決算で「利幅の縮小」鮮明に、株価は10%以上も下落

    テスラは今年の第2四半期(4〜6月期)に過去最高の納車台数を記録したが、赤字幅は予想を上回る4億833万ドル(約440億円)だった。決算報告を受けて株価は10%以上の下落となった。さらに、イーロン・マスクCEOがこれまで同社の最高技術責任者(CTO)を務めてきたJBストラウベルが現職を退くと発表し、 ...

  • GM傘下の自動運転「クルーズ」が商用化を延期、来年に期待

    米自動車最大手、ゼネラル・モーターズ(GM)傘下の自動運転企業「クルーズ」が自動運転タクシー事業の年内開始を断念した。しかし、クルーズはサンフランシスコでのEV(電気自動車)を活用したロボットカーのテストに、今後も注力する意志を明確にしている。この動きは「クルーズがハイレベルの安全基準を満たし、世間 ...

  • 自動運転技術で独走する24歳、「ルミナー」創業者の野望

    シリコンバレーに本拠を置くLiDARメーカー、「Luminar Technologies(以下、ルミナー)」は新たに1億ドルを調達し、乗用車や商用車向けに開発した低コストなセンシングプラットフォーム「Iris」のマーケティングを強化している。現在24歳のオースティン・ラッセルは3年前にルミナーを設立 ...

  • 米国の「トラック輸送」を変える中国出身の女性起業家

    急成長中の物流スタートアップ「NEXT Trucking」は、ロサンゼルス南部の工業地域リンウッドから、スタートアップが集積するシリコンビーチに本社を移転する。新社屋はかつてゼロックスが入居していたビルだ。同社の150人の社員は、洗練されたオフィス環境への引っ越しに興奮しているが、創業者のリディア・ ...

  • テスラ幹部がまた辞任、高級EVメーカー「ルーシッド」に移籍

    高級EV(電気自動車)を開発中の米国のスタートアップ「ルーシッド・モーターズ(Lucid Motors)」がテスラの製造部門の幹部を引き抜いた。この報せは、テスラの投資家らが同社の4〜6月期決算を待ち望む中でもたらされた。シリコンバレー本拠のルーシッドは、元テスラ幹部のPeter Hochholdi ...

  • 自動運転トラックで急浮上のStarsky Robotics、「遠隔操作」で物流を革新

    自動運転トラックの商業化を目指すサンフランシスコのスタートアップ「Starsky Robotics」は、無人の18輪大型トラックで高速道路を走行する実験に世界で初めて成功した。同社の無人トラックは、必要に応じてオペレーターが遠隔操作をすることが可能だ。実験は、6月16日にオーランドにあるフロリダ・タ ...