FORBES STAFF

Alan Ohnsman

I write about the future of mobility and evolution of transportation.

I write about the evolution of transportation and intersection of the auto industry and Silicon Valley for Forbes from Los Angles, the U.S. capital of cars and congestion. I've covered global automakers, advanced vehicle technologies and environmental regulations for two decades, including 15 years at Bloomberg News, as well as stints in the financial industry and corporate world. Started out at a small English-language paper in Tokyo in the final phase of Japan’s economic boom years. Later had a ringside to cover the launch of Toyota’s Prius and rise of Elon Musk’s Tesla Motors. From self-driving cars and ride-sharing services to battery and hydrogen propulsion, new approaches to urban transit and the commercialization of space travel, I want to know how we get there from here.

  • テスラが上海に建設の大型工場、「支援者」は現れるか

    新型セダン「モデル3」の生産目標をようやく達成し、タイで洞窟に閉じ込められていた少年たちの救出にも一役買ったばかりの米電気自動車(EV)メーカー、テスラのイーロン・マスクCEOが7月10日、中国・上海に姿を現した。以前から目標に掲げてきた同国での大規模工場の建設を発表するためだ。だが、同社がこの工場 ...

  • 中国バイドゥの自動運転バス「アポロン」、量産を開始

    中国のインターネット検索大手、百度(バイドゥ)は7月4日、自動運転バス「アポロン(Apolong)」の量産を開始したことを明らかにした。近く北京のほか深セン、武漢などの都市で営業運転を開始する予定だ。アモイ金龍聯合汽車工業と共同開発した乗車定員14人のアポロンは、「レベル4」の自動運転技術を採用して ...

  • テスラの精鋭を引き抜く「ロボットタクシー」企業、Zooxの野望

    テスラには、創業者イーロン・マスクの絶大な人気も手伝って優秀なエンジニアが数多く集まっている。しかし、同業他社の多くはテスラのエンジニアを高い報酬で引き抜いており、シリコンバレーに本拠を置くロボットタクシーのスタートアップ、「Zoox」も例外ではない。Zooxはオーストラリア出身のTim Kentl ...

  • テスラ追撃の「ファラデー」に中国の富豪が2000億円出資

    一時は経営難が囁かれた中国発のEVメーカー「ファラデー・フューチャー」がようやく難局を切り抜けたようだ。ジア・ユエティン(賈躍亭)率いる同社は新たに約20億ドル(約2190億円)の資金調達を行ない、米国財務省の承認も受けた。中国のビリオネア許家印が率いる恒大集団傘下の香港企業「恒大健康産業集団」は、 ...

  • 巨大な工場はもういらない 米スタートアップが描く21世紀の製造業

    クルマなどの工業製品は、巨大な工場で大量に同じものが製造されている印象を持つ人は少なくないだろう。ところが、米技術開発企業「ディバージェント3D」の創業者兼CEO、ケビン・ジンガー(58)は違う未来を予測している。21世紀の製造業は、郊外のどこにでもある小規模の工場がネットワークでつながるというのだ ...

  • 23歳のLiDAR企業「ルミナー」がボルボと提携、トヨタに次ぎ2社目

    23歳のオースティン・ラッセルが立ち上げたLiDARメーカー、「Luminar Technologies(以下、ルミナー)」が、スウェーデンの「ボルボ」に同社のプロダクトを納品することが明らかになった。ルミナーは同社のLiDARやカメラに加え、自動運転に必要なAI(人工知能)ソフトウェアを組み合わせ ...

  • ウェイモが「自動運転車の個人販売」検討、FCAとの協業で

    自動運転車の商用化を推進するアルファベット傘下の「ウェイモ(Waymo)」が、大胆なプランを発表した。それによると、同社はフィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)製ミニバン「パシフィカ」6万2000台に自動運転技術を搭載するほか、個人顧客向けにも自動運転車を販売するという。ウェイモは今年 ...

  • テスラ「3万5000ドル版」に発売中止説、財政地獄が深刻に

    テスラが「モデル3」の予約者から予約金1000ドルを受け取り始めてから2年が経つが、同社が3万5000ドル版を納品できるかは依然として不透明だ。イーロン・マスクCEOは、大衆向けEVに対する想いを長年に渡って語ってきた。しかし、3万5000ドル版のリリースは、テスラの財務状況に致命的なダメージを与え ...

  • AIの権威が率いる自動運転「Drive.ai」米国で公道テスト開始

    自動運転スタートアップの「Drive.ai」は、本社のあるシリコンバレーから遠く離れたテキサス州で初の公道テストを開始する。ダラス郊外の住民に対して自動運転車による配車サービスを提供する予定だ。テストは7月から6カ月間に渡ってフリスコ市で行われ、多くのオフィスビルが集まる地域と「The Star」( ...

  • 難問山積、イーロン・マスク「トンネル交通計画」の実現性

    イーロン・マスクはガソリン車の排除や火星への移住を進めるのと並行し、ロサンゼルスに地下トンネルを掘り、渋滞を根絶する挑戦に乗り出した。しかし、技術やコストの面での課題も大きく、専門家らは実現に懐疑的だ。マスクは、自身が経営するトンネル掘削会社、「The Boring Company」は既存技術よりも ...

  • 23歳の天才が生んだ自動運転の視覚「ルミナー」の野望

    23歳のオースティン・ラッセルが立ち上げたLiDARメーカー、「Luminar Technologies(以下、ルミナー)」は、新製品の量産体制が整ったことを明らかにした。同社はステルスモードでの開発を終え、正式に事業をローンチしてから1年が経つ。ルミナーの新型LiDARは、従来よりも小型で軽量化さ ...

  • イーロン・マスクの「トンネル掘削」企業、120億円を調達

    イーロン・マスクが指揮をとるトンネル掘削会社「ボーリングカンパニー(The Boring Company)」が、私募発行により1億1300万ドル(約120億円)の資金調達を行ったことが明らかになった。4月16日、米証券取引委員会(SEC)に提出された資料によると、出資にはマスクが運営するBMI(脳マ ...

  • テスラ創業者が参加の中国EVメーカー「SF Motors」の恐るべき実力

    シリコンバレー本拠の中国のEVメーカー「SF Motors」が、エレガントな外観のクロスオーバー車両2モデルを発表した。同社は昨年、テスラの初代CEOだったマーティン・エバーハードを会社に迎え入れているが、今回のアナウンスは奇しくもテスラ株の急落の時期と重なった。SF Motors創業者のJohn ...

  • ウーバー、死亡事故で問われる責任と「LiDARメーカー」の立場

    3月18日、ウーバーの自動運転車がアリゾナ州テンピで夜間走行中に、自転車を引きながら道路を横断していた女性をはねて死亡させた。現在、連邦機関が事故原因を捜査している。車両に搭載されていたLiDARのメーカー「ベロダイン(Velodyne)」は、「困惑している」とコメントしている。ベロダインは、自動運 ...

  • 自動車部品マグナが「リフト」に200億円出資 自動運転車の開発強化

    ライドシェア大手の「リフト(Lyft)」は、カナダに本拠を置く自動車部品大手「マグナ(Magna)」と自動運転車の開発でパートナーシップを締結した。これを機に、マグナはリフトに2億ドル(約210億円)を出資する。リフトの共同創業者兼CEOのLogan Greenは、ビデオカンファレンスの中で「マグナ ...

  • 元BMW社員が設立の「EV界のアップル」 1000億円調達に成功

    ロサンゼルス本拠の「EVelozcity」は、EV業界に新たに参入した注目のスタートアップだ。3人の創業メンバーはBMW出身で、グローバルファイナンスと自動車開発分野で豊富なキャリアを持つ。彼らは、短期間ながら「ファラデー・フューチャー」に在籍したこともある。EVelozcityは、「スケートボード ...

  • 米テック大手3社激戦の「自動運転トラック」 各地で実用試験

    グーグル系の自動運転開発会社「ウェイモ(Waymo)」は、ロボットトラックの実用試験をアトランタで開始する。グーグルの持ち株会社であるアルファベット傘下のウェイモは、オンデマンド配車サービスに加え、トラック分野でも自動運転技術の商用化を進めたい考えだ。この数週間で、ウェイモ以外にもウーバーとテスラの ...

  • 電動スクーターで交通革命狙うBird、100億円調達で全米拡大へ

    2月に1500万ドル(約16億円)を調達したばかりの電動スクーターのシェア企業「Bird」が、また新たな資金を調達した。ロサンゼルスのサンタモニカ本拠のBirdは1億ドル(107億円)を調達し、同社のラストワンマイルの移動サービスを全米に拡大しようとしている。Birdを設立したのは、リフトとウーバー ...

  • 自動運転のスターエンジニア結集のAurora、大型資金調達で加速へ

    グーグルの自動運転プロジェクトの元責任者をはじめ、自動運転分野のスターエンジニアらが結集して創業した、スタートアップ「Aurora」が大型資金調達を実施し、テック業界の有名投資家らを役員会に招き入れた。AuroraのシリーズA資金調達に、ベンチャーキャピタルの「Greylock Partners」と ...

  • イスラエル発、1.2億人が使う「乗り換えアプリ」が54億円調達

    世界で最もダウンロード数の多い乗り換えアプリとして知られる「Moovit」が、5000万ドル(約54億円)の資金調達を行った。Moovitはイスラエル企業が開発したアプリで、今回のシリーズD資金調達はインテル傘下の「インテルキャピタル」が主導した。また、「セコイアキャピタル」やBMW傘下の「iVen ...