FORBES STAFF

Alan Ohnsman

I write about the future of mobility and evolution of transportation.

I write about the evolution of transportation and intersection of the auto industry and Silicon Valley for Forbes from Los Angles, the U.S. capital of cars and congestion. I've covered global automakers, advanced vehicle technologies and environmental regulations for two decades, including 15 years at Bloomberg News, as well as stints in the financial industry and corporate world. Started out at a small English-language paper in Tokyo in the final phase of Japan’s economic boom years. Later had a ringside to cover the launch of Toyota’s Prius and rise of Elon Musk’s Tesla Motors. From self-driving cars and ride-sharing services to battery and hydrogen propulsion, new approaches to urban transit and the commercialization of space travel, I want to know how we get there from here.

  • 24歳の天才が提案する「LiDARのサブスク」と自動運転の未来

    自動運転車向けのLiDARを開発する企業は多数あるが、その中でも最も洗練された技術を持つ1社である「Luminar(ルミナー)」は、自動運転車メーカー向けにプラグ・アンド・プレイ方式で、同社のテクノロジーを利用できるソフトウェアとコンピューティングシステムを提供すると発表した。LiDARの量産を目指 ...

  • トヨタやダイムラーも注力する「燃料電池」の巨大な可能性

    ラスベガスで開催されたCESでは、各企業が最先端のトランスポーテーション・テックを展示した。今年は、フォードの新型EV「マスタング・マッハE」や中国のEVメーカーByton(バイトン)のクロスオーバーSUV「M-Byte」、ヘンリック・フィスカーのSUV「オーシャン(Ocean)」が新モデルを披露し ...

  • 第2のテスラ目指す自動車業界の重鎮「フィスカー」の挑戦

    今から10年前、まだテスラがモデルSをヒットさせ、イーロン・マスクがビリオネアになる以前のEV業界では、デンマーク人の自動車デザイナー、ヘンリック・フィスカーが成功を収めると考えられていた。フィスカーはBMWやアストンマーティンのデザイナーとして活躍した後、次世代自動車ベンチャーを設立。合衆国エネル ...

  • 自動運転のベロダイン、「100ドルの格安センサー」をCESで発表

    毎年1月にラスベガスで開催される「CES」では、自動運転関連の新たなテクノロジーの発表が相次いできたが、2020年の各社のプレゼンは例年に比べ、ややトーンを抑えたものなった。完全自動運転によるロボットタクシーが実現するのは、以前考えられていたよりも、かなり先のことになりそうだ。この分野の企業は今、輝 ...

  • 次世代の輸送インフラを革新する「水素燃料」の巨大な可能性

    2010年代は、イーロン・マスク率いるテスラをはじめとするEVメーカーらが躍進したが、次の10年間は水素を燃料とするモビリティの商用化が進むだろう。特に電車や長距離トレーラーなどの大型車両には、重量が数トンにも及ぶバッテリーパックよりも柔軟なパワートレインが必要となるため、水素燃料が適している。現在 ...

  • アマゾン出資の自動運転「オーロラ」の遠隔操作システム

    自動運転車の安全性は、大規模な商用展開に耐え得る水準にはまだ至っていない。メーカー各社は安全性を高めるため、何層もの対策を講じている。その中の1社である「オーロラ(Aurora)」は、リモートモニターを使った、航空運航管理に似たシステムを開発した。カリフォルニア州パロアルトに本拠を置くオーロラは、グ ...

  • 米LAで「全自家用車の3割をEV化」計画、2028年までに達成へ

    慢性的な交通渋滞が問題となっているロサンゼルスが、排ガス規制に対する新たな構想を打ち出した。2028年のオリンピック開催都市であるロサンゼルスは、それまでに温室効果ガスを25%削減するという目標を掲げた。その実現に向けて、市は日産やテスラ、BMW、アウディに加えEVバスメーカーの「プロテラ(Prot ...

  • アマゾンに「配送用EV」納車するRivian、新規で13億ドルを調達

    アマゾンやフォードが出資するミシガン州本拠のEV(電気自動車)スタートアップ企業「リヴィアン(Rivian)」は12月23日、新規で13億ドル(約1420億円)を調達したとアナウンスした。2020年後半から電動ピックアップトラックやSUVの製造を開始する同社の最新の資金調達は、ティー・ロウ・プライス ...

  • テスラ株400ドル突破の史上最高値、EV市場で優位続く見通し

    テスラの株価は今年前半の下落から回復し、2019年の終わりを絶好調で迎えることになりそうだ。同社の株価はクリスマス前に史上最高値を更新し、イーロン・マスクは一足早いクリスマスプレゼントを受け取った。12月20日金曜日に、テスラの株価は史上最高値の405.59ドルで取引終了を迎え、前日の404.04ド ...

  • 反中色強める米国、中国BYDの電動バスを公共交通から排除

    中国の電気自動車メーカー最大手のBYDは、米カリフォルニア州ランカスターの工場で、EV(電動)バスの生産を行っている。ウォーレン・バフェットのバークシャー・ハサウェイも出資するBYDは、現地で年間1500台を製造し、米国の交通セクターに革新をもたらすつもりだったが、その計画を見直す必要がありそうだ。 ...

  • 「トラック界のテスラ」目指す30億ドル企業、ニコラCEOの野望

    水素燃料電池で駆動するセミトレーラーの開発を手掛けるアリゾナ州フェニックスのスタートアップ「ニコラ・モーター(Nikola Motor)」は、新型のバッテリーセルを開発したと発表した。このバッテリーは、テスラ車に使われているリチウムイオンバッテリーに比べてエネルギー密度が2倍、重量は40%、価格は半 ...

  • トラック版ウーバーとして躍進のConvoy、430億円を新規で調達

    シアトルに本拠を置く物流トラックのオペレーター「コンボイ(Convoy)」が、新規で4億ドル(約435億円)の資金を調達した。コンボイはこれまでビル・ゲイツやジェフ・ベゾス、アル・ゴアなどから支援を受けている。同社のCEOのダン・ルイスはトラック輸送を効率化することで、輸送時間を短縮し、トラックの燃 ...

  • シャッターストックCEOらが語る「スタートアップとIPOの関係」

    スタートアップのビジネスを数十億ドル規模に成長させる上で、IPOを行うことは今では必須ではなくなった。ストックフォト企業の「シャッターストック」のジョン・オリンガーCEOと、ウェブ作成ツールとホスティングサービスを提供する「スクエアスペース」のアンソニー・カサリナCEOらは先日、フォーブスの「30ア ...

  • ウェイモCEOが語る「完全な自動運転」実現までの道のり

    アルファベット傘下の自動運転企業「ウェイモ」は昨年末から、アリゾナ州フェニックス郊外の公道上で、ロボットタクシーの試験サービスを開始した。同社はこのサービスの立ち上げ時には、常に人間のセーフティードライバーを同乗させていたが、今年8月以降は「乗客のみ」の運行回数を増やしている。ウェイモのジョン・クラ ...

  • ボルボが「初のEV車両」で見せたサステナビリティへの意欲

    電気自動車(EV)は排ガスを削減するが、生産工程で大量のエネルギーを消費する。ボルボは工場のオペレーションも含め、CO2排出量を40%削減すると宣言しており、その第1段階として同社初のEV車両のコンパクトSUV「XC40 Recharge(リチャージ)」をリリースした。同社のホーカン・サムエルソンC ...

  • ウェイモがLAに自動運転テストを拡大、道路の3Dマップを作成

    混雑したロサンゼルスの道路はこれまで、自動運転車両のテスト走行には向かない場所と考えられてきた。この分野の企業は主にシリコンバレーやアリゾナ州フェニックス、ペンシルベニア州ピッツバーグなどでテストを重ねてきた。しかし、アルファベット傘下のウェイモは先日、ロサンゼルスに自動運転車両を投入し、ロボタクシ ...

  • 自動運転トラックEmbarkが80億円調達、「輸送ハブ」建設へ

    20代のカナダ人起業家2人が創業した自動運転トラック企業「Embark Trucks」が、7000万ドル(約76億円)の資金を新たに調達した。同社は今後、自動運転トラックのオペレーションのハブを建設する計画だ。サンフランシスコ本拠のEmbarkはウェイモがロボタクシーに採用したものと同等の技術を、ト ...

  • IPO目前のフードデリバリー企業が未来を託す「出前ロボット」

    フードデリバリー企業「Postmates(ポストメイツ)」は、自動運転車向けに遠隔操作技術を提供するシリコンバレーのスタートアップ「Phantom Auto」と提携したことを明らかにした。Postmatesは今後、歩道を走行する配達ロボット「Serve」にPhantom Autoのソフトウェアを搭載 ...

  • アマゾンがEV車「10万台」発注するスタートアップRivianの実力

    アマゾンCEOのジェフ・ベゾスは9月19日、パリ協定で定められた環境への取り組みを、10年前倒しで達成するコミットメント「Climate Pledge」を発表し、その一環として電動配送車10万台を発注すると宣言した。アマゾンが配送に採用するEV(電気自動車)バンは、ミシガン州本拠のEVスタートアップ ...

  • 自動運転トラック「TuSimple」がユニコーン化、累計320億円を調達

    米国と中国で自動運転トラックを開発中のスタートアップ企業「TuSimple(トゥーシンプル)」が、新規で1億2000万ドル(約130億円)を調達した。同社は18輪型のAIで稼働する大型トラックを開発中だ。今回のシリーズD資金調達には既に、米国のUPSや中国のCDH Investmentsのほか、韓国 ...