FORBES STAFF

Alan Ohnsman

I write about the future of mobility and evolution of transportation.

I write about the evolution of transportation and intersection of the auto industry and Silicon Valley for Forbes from Los Angles, the U.S. capital of cars and congestion. I've covered global automakers, advanced vehicle technologies and environmental regulations for two decades, including 15 years at Bloomberg News, as well as stints in the financial industry and corporate world. Started out at a small English-language paper in Tokyo in the final phase of Japan’s economic boom years. Later had a ringside to cover the launch of Toyota’s Prius and rise of Elon Musk’s Tesla Motors. From self-driving cars and ride-sharing services to battery and hydrogen propulsion, new approaches to urban transit and the commercialization of space travel, I want to know how we get there from here.

  • テスラが「操業停止命令」を拒否、社員らに業務続行を要請

    テスラが主力工場を構えるカリフォルニア州アラメダ郡の当局は3月17日、ツイッターの投稿でテスラに対し、操業を縮小するよう勧告した。しかし、同社CEOのイーロン・マスクは社員らに通常通り業務を続行するよう呼びかけており、当局はテスラが勧告に背いていると述べた。3月18日、テスラの人事部は従業員宛のEメ ...

  • テスラの米国工場が操業を一時停止へ、現地当局が要請

    テスラがサンフランシスコのベイエリアに構える工場、テスラファクトリーが一時的な操業停止を余儀なくされる見通しだ。現地の保健当局は、新型コロナウイルスの感染拡大の防止のため、企業らに業務の停止を求めている。カリフォルニア州アラメダ郡の保安官事務所は3月17日、テスラのフリーモント工場は、郡が定めた「シ ...

  • 自動運転に挑む各メーカーの「通信簿」から見えてきた現実

    カリフォルニア州の車両管理局(DMV)が先日、2019年の自動運転車の公道試験レポートを公表した。それによると、アルファベット傘下の「ウェイモ(Waymo)」が、ディスエンゲージメント指標(緊急対応のため、人間が自動運転車の操作を行うケースの発生頻度)で、過去最高の実績を記録した。GM傘下の「クルー ...

  • EVバスの「プロテラ」が大型物流トラックの無公害化を推進

    シリコンバレーのEVバスメーカー「プロテラ(Proterra)」が、ダイムラーの大型トラックブランド「フレイトライナー(Freightliner)」向けにゼロエミッション(無公害)技術を提供することが明らかになった。カリフォルニア州バーリンゲームに本拠を置くプロテラは、Freightliner Cu ...

  • EVトラックの「ニコラ」が上場へ、燃料電池車の製造を加速

    アリゾナ州フェニックスに本拠を置くEVスタートアップ「ニコラ・モーター(Nikola Motor)」は、水素燃料電池で駆動するセミトレーラーでトラック輸送業界に変革を起こそうとしている。ニコラは、ナスダック市場に上場するVectoIQとの合併により、異例の上場を果たし、専用工場の建設を加速させていく ...

  • ウェイモが初の外部資金調達「2400億円」、IPOの可能性も浮上

    アルファベットの自動運転部門のウェイモが、初めて外部の投資家から数十億ドル規模の資金調達を行った。自動運転分野をリードし、ロボットタクシーや自動運転トラック輸送の早期実現を目指す同社は、アルファベットからスピンアウトするための準備を進めている模様だ。カリフォルニア州マウンテンビューに本拠を置くウェイ ...

  • テスラの強敵として浮上した「ニコラ」のテクノロジー

    アリゾナ州フェニックスに本拠を置くEVスタートアップ「ニコラ・モーター(Nikola Motor)」は、水素燃料電池で駆動するセミトレーラーでトラック業界に変革を起こそうとしている。そのニコラがピックアップトラック市場に参入し、イーロン・マスク率いるテスラや「リビアン(Rivian)」に挑戦状をたた ...

  • ウーバーがグーグルに10億円の和解金、「自動運転訴訟」で


    自動運転技術の機密盗用を巡る、グーグル傘下のウェイモとウーバーの法廷闘争は非常に入り組んだ状況にあるが、その一部で進展が見られた。ウーバーはグーグルに対し約1000万ドルの仲裁金を支払うことに同意した。グーグルはウーバー幹部のリオル・ロンらが、同社傘下のウェイモのエンジニアを不正に引き抜いたと訴訟を ...

  • 現代自動車、スタートアップ「カヌー」と提携しEV開発を加速

    韓国の現代自動車は今年1月に、英国のEV(電気自動車)メーカー、「Arrival」に1億ユーロ(約123億円)の出資を行ったばかりだが、同社はロサンゼルスのスタートアップとの提携で、製造工程にスケートボード型のプラットホームを採用し、EVの製造コストを引き下げるとアナウンスした。現代自動車は、BMW ...

  • ソフトバンク出資の自動運転Nuro、米国で「公道走行」開始へ

    元グーグルのエンジニア2人が立ち上げた、自動運転テクノロジー企業「Nuro(ニューロ)」が、自動運転による小型の配送向けバンを公道上で走行させる許可を当局から取得したと発表した。Nuroの小型バンはトースターのような外見で、ハンドルなどの人間が操作するための装備を持たない完全な自動運転車両だ。Nur ...

  • 米貨物輸送UPS、ウェイモと組んで「自動運転配送」実現へ

    米国の貨物運送大手UPSは、英国のスタートアップ企業から最大1万台のEV(電気自動車)ライトバンを購入するほか、自動運転企業「ウェイモ」と組んでアリゾナ州フェニックス郊外で小荷物配達の実験を開始すると発表した。UPSが使用するEVライトバンは、ロンドンに本拠を置く「Arrival」が製造する。UPS ...

  • 配達ロボットを遠隔で監視する「ファントム・オート」の技術

    テスラや日産、エヌビディア、フォードは、自動運転車の完成時期を今年か来年中と予想しているが、その可能性は低いだろう。自動車部品大手のマグナは、ライドシェア大手の「リフト」と共同でロボットタクシーの開発を進めていたが1月16日、進捗の遅れを理由にパートナーシップの終了を発表した。自動運転車向けのセンサ ...

  • GMの自動運転「クルーズ」、ロボットタクシーの実現に意欲

    自動運転車両の本格的な商用化に向けてはまだ未確定な要素が多いが、GM(ゼネラル・モーターズ)の自動運転部門「クルーズ」は、サンフランシスコでのロボタクシーサービスの実現に向けての準備が、着々と進んでいると述べた。クルーズは「オリジン(Origin)」と呼ばれるプロジェクトで、ハンドルやブレーキペダル ...

  • 24歳の天才が提案する「LiDARのサブスク」と自動運転の未来

    自動運転車向けのLiDARを開発する企業は多数あるが、その中でも最も洗練された技術を持つ1社である「Luminar(ルミナー)」は、自動運転車メーカー向けにプラグ・アンド・プレイ方式で、同社のテクノロジーを利用できるソフトウェアとコンピューティングシステムを提供すると発表した。LiDARの量産を目指 ...

  • トヨタやダイムラーも注力する「燃料電池」の巨大な可能性

    ラスベガスで開催されたCESでは、各企業が最先端のトランスポーテーション・テックを展示した。今年は、フォードの新型EV「マスタング・マッハE」や中国のEVメーカーByton(バイトン)のクロスオーバーSUV「M-Byte」、ヘンリック・フィスカーのSUV「オーシャン(Ocean)」が新モデルを披露し ...

  • 第2のテスラ目指す自動車業界の重鎮「フィスカー」の挑戦

    今から10年前、まだテスラがモデルSをヒットさせ、イーロン・マスクがビリオネアになる以前のEV業界では、デンマーク人の自動車デザイナー、ヘンリック・フィスカーが成功を収めると考えられていた。フィスカーはBMWやアストンマーティンのデザイナーとして活躍した後、次世代自動車ベンチャーを設立。合衆国エネル ...

  • 自動運転のベロダイン、「100ドルの格安センサー」をCESで発表

    毎年1月にラスベガスで開催される「CES」では、自動運転関連の新たなテクノロジーの発表が相次いできたが、2020年の各社のプレゼンは例年に比べ、ややトーンを抑えたものなった。完全自動運転によるロボットタクシーが実現するのは、以前考えられていたよりも、かなり先のことになりそうだ。この分野の企業は今、輝 ...

  • 次世代の輸送インフラを革新する「水素燃料」の巨大な可能性

    2010年代は、イーロン・マスク率いるテスラをはじめとするEVメーカーらが躍進したが、次の10年間は水素を燃料とするモビリティの商用化が進むだろう。特に電車や長距離トレーラーなどの大型車両には、重量が数トンにも及ぶバッテリーパックよりも柔軟なパワートレインが必要となるため、水素燃料が適している。現在 ...

  • アマゾン出資の自動運転「オーロラ」の遠隔操作システム

    自動運転車の安全性は、大規模な商用展開に耐え得る水準にはまだ至っていない。メーカー各社は安全性を高めるため、何層もの対策を講じている。その中の1社である「オーロラ(Aurora)」は、リモートモニターを使った、航空運航管理に似たシステムを開発した。カリフォルニア州パロアルトに本拠を置くオーロラは、グ ...

  • 米LAで「全自家用車の3割をEV化」計画、2028年までに達成へ

    慢性的な交通渋滞が問題となっているロサンゼルスが、排ガス規制に対する新たな構想を打ち出した。2028年のオリンピック開催都市であるロサンゼルスは、それまでに温室効果ガスを25%削減するという目標を掲げた。その実現に向けて、市は日産やテスラ、BMW、アウディに加えEVバスメーカーの「プロテラ(Prot ...