FORBES STAFF

Alan Ohnsman

I write about the future of mobility and evolution of transportation.

I write about the evolution of transportation and intersection of the auto industry and Silicon Valley for Forbes from Los Angles, the U.S. capital of cars and congestion. I've covered global automakers, advanced vehicle technologies and environmental regulations for two decades, including 15 years at Bloomberg News, as well as stints in the financial industry and corporate world. Started out at a small English-language paper in Tokyo in the final phase of Japan’s economic boom years. Later had a ringside to cover the launch of Toyota’s Prius and rise of Elon Musk’s Tesla Motors. From self-driving cars and ride-sharing services to battery and hydrogen propulsion, new approaches to urban transit and the commercialization of space travel, I want to know how we get there from here.

  • 米フロリダでテスラ車が死亡事故、衝突後にバッテリー炎上

    テスラ車のオーナーが2月24日、フロリダ州デイビーで衝突事故を起こし、死亡した。車両は道路沿いの街路樹に突っ込んだ後に炎上したが、事故後1日が経過しても、損傷したリチウムイオン電池パックからは繰り返し炎があがっていた。警察によると亡くなった人物の氏名はOmar Awanで、Awanは現地時間の午後4 ...

  • 自動運転トラックTuSimpleがユニコーン化、中国SNS大手が出資

    米国と中国で自動運転トラックを開発中の「TuSimple(トゥーシンプル)」が2月13日、9500万ドル(約106億円)の資金調達の完了を報告した。同社の企業価値は10億ドルと評価され、ユニコーン企業の仲間入りを果たしたとCNBCは報じている。TuSimple創業者の侯暁迪(ホウ・シャオディ)は中国 ...

  • 自動運転の「安全性」でウェイモが1位、アップルが最下位

    自動運転車分野で、どの企業のテクノロジーが最も優れているのかを判定するのは非常に難しい。しかし、カリフォルニア州車両管理局(DMV)が発表した安全性指標では、ウェイモが業界トップを走っている。2月13日、DMVが公開したデータで、グーグル系のウェイモ(アルファベット傘下)の「ディスエンゲージメント」 ...

  • EVトラックで「テスラの先を行く」企業にGM、アマゾンが出資へ

    昨年11月に開催された、ロサンゼルスモーターショーで大きな注目を浴びたのが、新興EVメーカーの「Rivian Automotive(以下、リビアン)」だ。リビアンは「世界初の完全電動のピックアップトラック」であるR1T Truckや、7人乗りの電動SUV車両のR1Sなどを発表した。ロザンゼルスタイム ...

  • ソフトバンクが1000億円注ぐ「配送特化」自動運転企業の強み

    ソフトバンク傘下の投資ファンド「ビジョン・ファンド」は、シリコンバレー本拠のデリバリーロボットのスタートアップ企業「Nuro」に、9億4000万ドル(約1040億円)を出資した。マウンテンビューに本社を置くNuroを創業したのは、元グーグルの自動運転部門のエンジニアら二人だ。Nuroはソフトバンクの ...

  • アマゾンらが600億円注ぐ自動運転「オーロラ」のポテンシャル

    自動運転分野のスターエンジニア3名が結集して創業した「Aurora(オーロラ)」が、5億3000万ドル(約580億円)以上の資金を調達した。出資元にはアマゾンも加わった。Auroraを創業したのは、グーグルの自動運転プロジェクトの元責任者のクリス・アームソンだ。今回の同社のシリーズB資金調達はセコイ ...

  • 配車サービスのリフトがEV活用促進、運転者に充電を無料提供

    ウーバーやリフトなどの配車サービスが都市部の渋滞や、排気ガスによる大気汚染の悪化を招いているとの懸念が高まる中で、リフトは新たな方針を打ち出した。サンフランシスコ本拠のリフトは、「グリーン・モード」と呼ばれるプログラムをシアトルで始動し、EVやハイブリッド車を用いたサービスを提供しようとしている。ド ...

  • 「生産地獄」を生き抜いたテスラ、労働環境の改善を発表

    昨年、テスラがEVの生産台数を倍増する計画を発表した際、CEOのイーロン・マスクは「生産地獄になる」と述べた。しかし、2018年の同社工場における労災発生数は前年から横ばいにとどまった。メディアは、これまでテスラの労災発生数の高さや、怪我の報告が徹底されていないことを批判しており、同社は安全手順の強 ...

  • ポルシェが「テスラをお手本」に米国で進めるEV充電所の整備

    EV(電気自転車)を普及させるにあたり、最大の課題は充電ステーションの確保だ。ポルシェは同社初のEV車両の「タイカン(Taycan)」を今年、米国市場に投入するにあたり、テスラをお手本とし、全米に急速充電ステーションを整備しようとしている。ドイツの高級自動車メーカー、ポルシェのタイカンの基本モデルの ...

  • アップル、自動運転部門「200名削減」で見えてきた厳しい現実

    アップルが自動運転領域でどのような具体的プランを描いているかは、ここ数年、判然としない状況だった。しかし、同社の最新の動きから、アップル自身も明確なビジョンを描ききれていなかった可能性が浮かびあがった。アップルで自動運転プロジェクトに関わった200名以上もの従業員が先日、このプロジェクトを離れること ...

  • ウェイモが世界初「自動運転車の量産に特化した工場」建設へ

    グーグルを傘下に持つアルファベットの自動運転開発企業「ウェイモ」が、米ミシガン州に自動運転車の製造に特化した工場を新設し、量産体制に入る計画を明らかにした。ウェイモは1月22日の公式ブログでミシガン州当局の認可を受けたことを発表し、「レベル4の自動運転に対応する車両の大量生産に特化した、世界初の工場 ...

  • フォルクスワーゲン、米テネシーのEV工場に870億円を投資

    ドイツのフォルクスワーゲン(VW)は1月14日、米テネシー州のチャタヌーガ工場で、新型の電気自動車(EV)を製造するため8億ドル(約876億円)を投じるとアナウンスした。VWは新型のSUV車両、「ID. CROZZ」の製造を、EV向けのプラットフォーム「MEB」で行うという。同社はこの車両の製造を2 ...

  • ロボタクシーZooxが新人事、自動運転界で初の黒人女性CEO誕生

    完全自動運転のロボットタクシー向けの車両を開発する、シリコンバレー本拠の「Zoox(ズークス)」は昨年7月、アトラシアンの共同創業者でCEOのマイク・キャノンブルックスが主導したシリーズBラウンドで、およそ5億ドル(約564億円)を調達した。その後、同社の共同創業者でCEOを務めたティム・ケントリー ...

  • テスラの中国工場、「画期的スピード」で年間50万台製造へ

    テスラのイーロン・マスクCEOは1月7日、上海で開催された巨大工場「ギガファクトリー」の起工式に出席した。同工場はテスラが米国外に初めて開設する大型工場となり、年内にも現地での製造を開始する計画だ。今回の工場建設を控え、テスラは広さ86万平方メートルに及ぶ土地の使用権を昨年、1億4000万ドル(約1 ...

  • 23歳で50億円調達「自動運転トラック」で米国を変える起業家

    2018年2月、米国の西海岸から東海岸まで約3800キロの道のりを、自動運転トラックが走破して話題となった──。そのトラックを生み出したスタートアップ企業が「Embark Trucks」だ。Embarkの共同創業者でCEOのアレックス・ロドリゲスは現在23歳。カナダのアルバータ州出身の彼は、まだ中学 ...

  • ホンダが開発の「自動運転ロボ」、1月のCESでパートナー募集

    ウェイモは、アリゾナ州フェニックスでロボタクシーによる配車サービスを開始し、ゼネラルモーターズも自動運転車の実用化を加速させている。しかし、技術面や法律面のハードルがあるため、一般消費者に完全な自動運転車を販売することはできないのが現状だ。しかし、自動運転車が走行するのは道路だけとは限らない。ホンダ ...

  • 自動運転は「通勤」をどう変える? 今後10年の未来予測

    アルファベット傘下のウェイモは、アリゾナ州フェニックスで自動運転車による配車サービスを近々開始する予定だ。ロボットタクシーはまだ黎明期にあるが、低コスト・低ストレスな通勤が実現すれば、「今後10年でオフィススペースの価値に多大な影響を及ぼす可能性がある」とCBREグループの最新レポートは指摘している ...

  • イーロン・マスクが示す「地味でも不可欠」な事業への意欲

    イーロン・マスクの大計画は大抵、クリーンエネルギーや電気自動車、火星移住計画、地下に建設中の超高速交通システムといった革命的な技術を伴うものだ。だが、この億万長者の起業家は米国の各都市に対し、自らの現実的な側面も知ってほしいと望んでいる。マスク率いるトンネル掘削会社のボーリング・カンパニーは、真空状 ...

  • 悪天候でも安定して走行できる「TuSimple」の自動運転トラック

    自動運転車と聞くと、資金とメディアの注目が集中しているウェイモのミニバンや、ゼネラル・モーターズ(GM)のクルーズ(Cruise)部門、ウーバーなどを思い描くのではないだろうか。しかし、自動運転技術の影響が一足先に現れるのは、もっと大規模で利益も大きい商用トラック業界のほうかもしれない。同業界ではい ...

  • 廉価版テスラ「3万5000ドル」モデル納車までの遠い道のり

    テスラのイーロン・マスクCEOは10月18日、「モデル3」の新グレードの受注を開始したとツイートした。新グレードは従来よりも低価格のミッドレンジバージョンで、価格は4万5000ドル(約507万円)からと、四輪駆動モデルのベース価格である5万4000ドルに比べて大幅に安くなっている。しかし、マスクのツ ...