Official Columnist

平井 孝幸

ポテンシャルを引き出すライフスタイルのコツ

人体や健康に関する書籍を半年で300冊以上読み、メンタル、食事、運動に関する研究結果をもとに自身のライフスタイルを一新。健康が当たり前な会社にするためCHO室を創設。

  • 働く人の生産性は「美しい姿勢と早歩き」で変わるのか?

    2015年の秋、「健康経営」を始めてもっとも驚いたのは、腰痛に悩む人の多さでした。DeNAで働く人の健康をサポートするにあたり、まずは身近な社員の観察を始めましが、そこでわかってきたのは、首や肩、背中、腰を痛めるような無理な姿勢で、1日6時間以上も座ったまま働き続けている人が多数いたということです。 ...

  • 組織の生産性を上げるなら知っておきたい「健康の話」

    座りすぎて腰が痛い、ランチ後に眠くなる、パソコンを見続けて眼が疲れる、二日酔いで辛い、風邪気味でぼーっとする……誰もが経験したことのある、「出社はしているが生産性の低下した状態」を表す言葉があるのをご存知でしょうか?企業の生産性を下げてしまう状態、このことを「プレゼンティ ...

  • 口内環境は先手必勝 歯科医院は「痛くなってから行く場所」ではない

    健康経営の推進者として常に元気いっぱいでいるよう努めている私ですが、実はいくつかの“爆弾”を抱えています。そのひとつが左下の奥歯です。爆弾は2年前に偶然見つかりました。仕事柄、健康に関する情報を求められるのですが、社員からオススメの歯医者を教えてほしいというリクエストが頻繁に ...

  • 食生活改革のカギは「発酵食品」にあり

    朝食には納豆、キムチ、お味噌汁。昼には植物性乳酸菌飲料や酵素ドリンク、夜には漬物や甘酒……。私の食生活は、いまでこそこんな具合に発酵食品に溢れていますが、実は昨年の夏まではこれほど極端ではありませんでした。食卓が変えるきっかけになったのは、昨年の夏に届いた一通のメール。社 ...

  • 1人働き方改革? 1円もかけずに生産性を高める方法

    前回の水に関するコラムでは、引かれること覚悟で過剰気味な健康行動を公開したところ想像以上の反響がありました。そこで今回も、「健康的な活動を詰め込みすぎて休む時間がなく、不健康になりそうだよね」と言われることがある日常生活の一端をお伝えします。そもそも私がなぜ健康好きになったかというと、きっかけは20 ...

  • 飲み放題でも「水」を飲む、マインドフルドリンキングの効果とは

    前回、DeNAで社員を健康にする専門部署、CHO(Chief Heslth Officer)室を立ち上げた経緯と、「渋谷でケンコー」というラジオ番組で毎週パーソナリティを行うことになった流れについてご紹介しました。「渋谷でケンコー」では、聴いている人に健康的なライフスタイルに興味を持ってもらおうと、 ...

  • 渋谷のIT企業でなぜ健康? 「最高健康責任者」が誕生した理由

    私はDeNAという渋谷にあるIT企業で働いています。横浜DeNAベイスターズというプロ野球チームを保有し、インターネットサービスを主力事業とする企業です。私の業務内容は、社員を健康にすること。といっても私は産業医やメンタルカウンセラーではありません。特技はゴルフだけの普通の会社員です。所属部署はCH ...