FORBES STAFF

Karsten Strauss

企業家、テクノロジー、ビジネスをカバーするジャーナリスト。

私はニューヨーク在住のジャーナリストで、ビジネス、企業家、テクノロジーを得意としています。私自身は、くねくね曲がった長い道のりを、コンセプト段階から成功(又は失敗)に向かうことや、それらにあるマイルストーンに興味を持っています。コロンビア大学のビジネス・ジャーナリズムの学歴があり、米国で日刊新聞で働き、短期間ではありますがインドでも働いた経験があります。私はM&Aやビジネス・ストラテジーをカバーしています。フォーブスでは、スタートアップ、テクノロジー、成長する企業を主に担当しています。秘密書類や情報を(毎日ではなく)お待ちしてますhttps://safesource.forbes.com/。

  • 給料が意外に高い/低い米国の職業10選

    給与の額は職業によって違うものだが、中には給与が一般的な予想より高かったり低かったりする職業がある。キャリア情報サイトのグラスドア(Glassdoor)は、米国内のさまざまな職業の給与情報を集めている。このデータからは、職業によっては給与の予想額と実際の平均額の差が際立っているものがあることが分かる ...

  • キャリア転換を恐れない米ミレニアル世代 人気の転職先業界は?

    私たちは常に、自分とは違う世代の人々に疑いのまなざしを向け、共通点や(恐らくそれ以上に)相違点を見いだしている。1980年から96年の間に生まれた「ミレニアル世代」と、それ以降の「ジェネレーションZ」世代を見てみると、他世代とは明らかに違う点が1つある。若者世代は、幸せになるためにキャリアの大転換も ...

  • ニューヨークで給与が最も高い仕事トップ10

    「そこで成功できれば、どこに行っても成功できる」と言われるニューヨークは、成功を勝ち取ろうと懸命に働くたくましい人々であふれている。成功する人もいれば、しない人もいる。それが人生というものだ。だがこの眠らぬ街で成功を収めた人は、どんな分野であろうと高額な報酬にありつける。ニューヨークで金を稼ぐ方法は ...

  • 排ガス不正で地に落ちたVWは、いかに社員の信頼を取り戻したのか

    2015年、ドイツ自動車大手フォルクスワーゲン(VW)が排出ガス検査に合格するよう設計された不正ソフトウエアを1千万台以上もの自動車に搭載していた事実が発覚すると、同社の評判は真っ逆さまに没落し、社内でも従業員の信頼を失った。しかし同社は社員の信頼回復に取り組み、社内感情を変えることに成功したのだと ...

  • 世界の事業向け賃料ランキング 首位は香港、東京・丸の内が7位に

    会社や起業家が事業を立ち上げる際にかかる出費の中でも、特に大きいのが人件費と場所代だ。オフィスや店舗を構えるためには不動産が必要だが、世界にはそうした場所代が他よりも高い地域もある。本記事では最も高額な投資が必要となる地域はどこかを探るために、米国に本社を置き世界各国で不動産サービスを提供するCBR ...

  • 米国で給与急増の職業トップ10

    ある職業での給与は、需要の変動に伴い変化することが多い。その職に就く人を増やしたい雇用主の数と、適切なスキルを備えた人の数を基に、給与は決まる。米キャリア情報サイトのグラスドアは最近、一般ユーザーから同サイトに寄せられたデータに基づき、給与が急増している職業のランキングを発表した。調査対象となったの ...

  • 高給かつ競争率が低い仕事 米国内ランキング発表

    転職活動が楽に終わることはめったにない。履歴書を整理し、気に入った求人を複数見つけ、職務内容と会社について調べ、採用担当者の目に留まる応募書類を作る。これに他の求職者との競争が加わると、不安度はますます大きくなる。だが、給与の高い仕事の中には、競争率が比較的低いものがある。志望者や資格のある人材が少 ...

  • 「ジェネレーションZ」に人気の就職先ランキング 首位はグーグル

    次世代のリーダー候補たちが働きたい企業はどこだろう? 9000人を対象に行われた新調査によると、今年の1位は再びグーグルだった。この調査は全米優等高校生協会(NSHSS)によって毎年行われる。NSHSSは成績優秀な生徒を受け入れる国際組織で、2002年以降に160か国130万人が終身会員となり、うち ...

  • 米国で初任給が最も高い専攻は? ランキング発表

    大学の学位の中で、取得直後に最も高い給与が期待できるものはどれだろうか? 答えは、工学とテクノロジーの分野にある。ミシガン州立大学の学生雇用研究所(CERI)は、大卒者の平均初任給を選考別にまとめたランキングを発表した。CERIはランキング作成に当たり、大学の就職支援課を通して優秀な人材を探そうとす ...

  • 世界で評判の良い国ランキング 米国は「トランプ効果」で大幅後退

    世界で評判の良い国ランキング2017では、7月1日に建国150周年を迎えたカナダが1位となった。同国は、昨年スウェーデンにその座を奪われるまで、過去6年間で4度トップに輝いている。今回の首位奪還は、偉大なる北国の記念日にふさわしい贈り物となった。同ランキングは、国・企業の評判を調査する米コンサルティ ...

  • 米国人の人気移住先、トップの10都市発表

    不動産情報サイト「リアルター・ドット・コム(Realtor.com)」は先月、米国内で移住先として人気の都市をまとめた報告書を発表した。報告書では米国勢調査局のデータに基づき、人口5万人を超える米国内の都市のうち最も急成長を遂げる都市が示されている。急成長している都市は、より大規模な都市圏の周囲に位 ...

  • 世界の人気就職先ランキング2017 上位はIT大手が独占

    巨大IT企業のグーグルを傘下に持つアルファベットのように、何億人もの人々の生活に浸透している企業は数少ない。おそらくそれが、最近の調査結果でアルファベットに魅力を感じる人の数が他のどの企業よりも多かった理由だろう。この調査結果は、200以上の国・地域で5億人超が利用するビジネス向け交流サイトのリンク ...

  • 米国で最も意義のある仕事・ない仕事 調査結果は?

    自分のしている仕事や、したい仕事について考える時、まず思うのは給与や休暇日数、働き方の柔軟性、昇進の可能性といった点だろう。しかし、仕事が持つ意義や社会に与える影響といった要素も、同じく大切だ。むしろ、自分の仕事や自分自身についての評価にも直接関わってくるため、他の要素以上に大切かもしれない。報酬情 ...

  • 大学評判ランキング 今年もハーバード首位、東大はコロンビア抜く

    米ハーバード大学はさまざまな面で傑出した教育機関だ。1636年創立の同校は米国最古の高等教育機関であり、47人のノーベル賞受賞者、32人の国家首脳・リーダー、48人のピュリツァー賞受賞者を輩出。米国大統領となった卒業生は8人いる。そして今月、同校の栄誉はまた一つ増えた。英教育誌タイムズ・ハイヤー・エ ...

  • 世界の製薬企業評価ランキング2017 日本の武田が3位に

    フォーブスは時折、米コンサルティング企業レピュテーション・インスティテュート(RI)による調査を紹介している。同社の主力事業は、企業・国・学校が得ている評価の測定だ。製薬業界は同社が毎年調査する分野の一つで、大規模な調査を通じ、製薬大手各社の評価ランキングを作成している。RIは世界的大企業17社のリ ...

  • 世界競争力ランキング2017 トランプ当選で米国後退、中国は躍進

    世界規模でビジネスを展開するには、各国が自国の経済・政府・ビジネス・インフラの質と効率性の高さを示さなければならない。こうした分野での強さは、世界経済の舞台で大きな競争力を生む。スイスを拠点とする私立ビジネススクール、国際経営開発研究所(IMD)は先日、今年度版の「世界競争力年鑑」を公表した。この報 ...

  • 米国で人気の転職先企業トップ10

    最近は誰もが転職先を探している。勤務期間が5年であろうと5か月であろうと、より良い機会に常に目を光らせている人ばかりだ。グーグルのように、素晴らしい職場として評判が高い超有名企業は、ほぼ全ての求職者にとって転職先の第一志望だ。ビジネス向け交流サイト「リンクトイン」は昨年2月から1年間にわたり同サイト ...

  • 新米パパに優しい米企業トップ10 「有休1年」のネットフリックスが首位

    子供を持つという体験は、それが何人目であろうが、苦難と喜びに満ちた冒険だ。長時間労働や、感情を揺さぶる出来事、次々と降りかかる新たなタスク、たくさんの愛情、そして睡眠不足の日々が待っている。しかし、金銭的な負担や、かつて当たり前だった生活を失うことで、苦労することも出てくる。新しい子供を迎えやすい環 ...

  • ビジネス展開先として信頼できる国 欧米諸国がトップ10独占

    世界規模での事業展開は、複雑な冒険だ。自国で慣れ親しんだサービスや透明性、便利さは他国では存在しないかもしれない。進出先の国を決める際、リスク回避方法について慎重に考えなければならない場合も多い。これを踏まえ本記事では、180年の歴史を誇る米損害保険大手FMグローバルが最近公表した報告書から、事業契 ...

  • ワークライフバランスに優れた米企業トップ10

    最近では、競争力を高めたい企業は、優秀な人材を引きつけるため、社員が職場と私生活の間でバランスをうまく取れるようにしている。ワークライフバランスはかつてなく手に届きやすいものとなった。柔軟性に富んだスケジュールや子育て支援サービス、技術の進歩による遠隔勤務などのおかげだ。企業レビューが1000万件以 ...