CONTRIBUTOR

Bruce Japsen

I write about health care and policies from the president's hometown

I've written about health care for more than two decades, starting from my native Iowa where I covered the presidential campaign bus rides of Bill and Hillary Clinton through the Hawkeye state talking health reform and the economy. I have covered the rise, fall and rise again of health reform, chronicling national trends as well as the influence of Barack and Michelle Obama from Chicago's South Side on changes to the U.S. health system from my base in Chicago. I am the author of the new Forbes signature series book, "Inside Obamacare: The Fix For America's Ailing Health Care System." I was health care business reporter at the Chicago Tribune (1998-2011) and previously wrote for Modern Healthcare magazine when first arriving in Chicago in 1993. Prior to that, I wrote for several Iowa newspapers including the Des Moines Register. These days, I contribute stories to the New York Times, Chicago Medicine magazine and teach in the University of Iowa School of Journalism MA in Strategic Communication program. You can see me nationally on Fox News Channel's "Forbes on Fox" show. In Chicago, you can hear my health segments and business analysis on WBBM newsradio 780 and 105.9 FM. I am passionate about health literacy when it comes to explaining the complexities of health care. A better understood health system may save someone some money or their life.

  • ウォルマート、コロナ検体採取キットのドローン配達試験を開始

    ウォルマートは、クエスト・ダイアグノスティクス(Quest Diagnostics)製の「家庭向け新型コロナウイルス感染症 検体セルフ採取キット」をドローンで配達するサービスを試験実施すると発表した。新型コロナウイルスのパンデミックが収まらない状況のもと、同社は、顧客にコンタクトレス(非接触)でリー ...

  • CVSヘルス、顧客らにアップルの新フィットネスサービスを提供へ

    米ドラッグストア大手のCVSヘルスは、アップルの新たなフィットネス・サブスクリプションサービスを、顧客とヘルスプラン会員、および従業員に向けて提供すると発表した。CVSケアマークの処方薬保険プラン、もしくは医療保険大手エトナの営利健康保険プランの加入者を対象に、2020年後半から、Apple Wat ...

  • 米ドラッグストア大手がインフルエンザ予防接種を呼びかけ

    ウォルグリーンズ(Walgreens)やCVSヘルス(CVS Health)をはじめとする、米国のドラッグストアチェーン各社が、季節性インフルエンザのワクチン接種を受けに来店するよう、前例のない早期からの呼びかけを開始している。新型コロナウイルス感染症のパンデミック(世界的大流行)と流行期間が重なる ...

  • 処方薬も30分でお届け 米ウーバー、スタートアップと組み新サービス

    ライドシェア大手のウーバーは、オンデマンドの処方箋配達サービスを手がける米スタートアップのNimbleRxと組み、医薬品配達サービスに参入した。シアトルとダラスで協業を開始し、今後数カ月で米国内のほかの都市にも広げていく方針だ。両社が20日発表した。提携の金銭面の条件は公表されていない。Nimble ...

  • 急成長する遠隔医療の米テラドック、同業リヴォンゴを2兆円で買収

    米遠隔医療(テレヘルス)サービス大手のテラドック・ヘルス(Teladoc Health)は8月5日、同業のリヴォンゴ・ヘルス(Livongo Health)を185億ドル(約1兆9500億円)で買収すると発表した。新型コロナウイルスのパンデミックが発生して以降、外出が制限されていることで医師の診察を ...

  • ウォルマートは米医療界の救世主になれるか 低額診療所、フロリダでも開設へ

    米小売り大手のウォルマートは、同社が運営する診療所「ウォルマート・ヘルス」を、来年から新たにフロリダ州でも開設する計画を発表した。低額の医療サービスの提供を拡大し、大勢の顧客が利用できるようにする考えだ。「基本的な医療サービスのスーパーセンター」として展開するウォルマート・ヘルスは、過去1年の間にジ ...

  • 米国で検査器具の情報共有レジストリ設立 流行地の把握図る目的

    診断検査メーカーの世界大手各社は米国における新型コロナウイルス流行地域をより正確に予測するため、新型コロナウイルス感染症の診断検査と検査用器具のレジストリ(記録簿)を国レベルで導入する。これにより、適切な場所と適切な時間に適切な量の検査が供給できるようになる。この取り組みは、米国の医療器具事業者団体 ...

  • 製薬会社、ワクチン完成後もコロナ診断検査に大きな需要

    医療機器大手のアボットのトップは、新型コロナウイルス感染症の診断検査の需要は、2021年に入っても、そしてワクチンが入手可能になってからも大幅に伸びるだろうとの見通しを述べた。アボットやそのライバルの製薬会社は、新型コロナウイルス感染症検査キットの生産を強化する必要があり、パンデミックが終息するまで ...

  • 米国の医師求人市場が新型コロナで一転 仕事を得にくい状態に

    米国ではこれまで、医師は簡単に仕事を見つけられていた。しかしこれも、新型コロナウイルスのまん延により求人市場が一転し、パンデミック(世界的大流行)中に医師の需要が減るまでの話だ。医師派遣会社のメリット・ホーキンズ(Merritt Hawkins)はこのほど、医師や高度医療従事者の採用に関する年次レビ ...

  • コロナ禍で医師不足に拍車、米国の予測

    米国では、人口増加と高齢化に伴って医師不足が悪化し、2033年までに5万4000人から13万9000人が不足するようになると見られている。これにより、現在の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)流行のような公衆衛生上の脅威との闘いがいっそう難しくなるおそれがある。医学校や大学病院のためのロビイ ...

  • 米国もマスク推奨に一転、州や自治体がキャンペーンを開始

    新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が再び拡大している米国の州や都市では、著名人や有名アスリートの協力を得て、マスクやフェイスカバーを着用するよう住民に呼びかけている。一方、ドナルド・トランプ米大統領はこれまで、マスクの着用を義務づけたり推奨したりすることを拒んできた。しかし2020年7月1 ...

  • ウォルマートの医療分野進出、「処方薬管理アプリ」を展開へ

    米小売り大手ウォルマートは2020年6月15日、オンライン薬局ケアゾーン(CareZone)の処方箋管理テクノロジーと関連する特許権を取得したことを明らかにした。ウォルマートや競合するドラッグストア・チェーンは、ヘルスケアと薬剤の管理をデジタル化する取り組みを進めている。全米各地で多数の薬局を展開す ...

  • 米国企業の再始動戦略、抗体検査よりも安全対策面を重視

    米国の雇用主は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の大規模抗体検査の実施よりも、社会的距離の維持、オフィスの衛生状態改善、在宅勤務の推進に力を入れていることが、ヘルスケアサービスを大規模に購入する企業を対象にした調査で判明した。アメリカン航空、フォード・モーター、JPモルガン・チェース、マ ...

  • 経済再開進む米国、抗体検査を重視する企業は数パーセント

    新型コロナウイルスの感染拡大を受け、店舗の閉鎖や市民の外出制限などを行ってきた米国では現在、一部の州で経済活動が再開し始めている。そうしたなか、できる限り多くの人が検査を受け、感染の有無を確認することが必要だとする議論がますます高まりをみせている。だが、パンデミックが続くなかでの事業の再開に向けて準 ...

  • 新型コロナの影響で、米国の医師5人に1人に経済的打撃

    米国では医師の20%以上が、一時帰休を通告されたり、給与を減額されたりしており、新型コロナウイルスの悪影響で医療業界が経済的打撃を大きく受けていることが、新たな分析で明らかになった。米国各地の病院や医療サービスは、緊急性のない待機手術を中止、または延期している。入院用病床を確保して、新型コロナウイル ...

  • 新型コロナ対策、米国は経済活動の再開にらみ「抗体検査」拡大へ

    米薬品・医療機器メーカーのアボット・ラボラトリーズは、新型コロナウイルスへの抗体の有無を確認するための「抗体検査」キットの出荷を開始した。同社が4月15日に発表したところによれば、患者の血液を調べる抗体検査は、アボットが米国内の研究所や病院に提供している「Architect i1000SR」などの免 ...

  • コロナ危機がもたらす、米ドラッグストア業界への影響

    新型コロナウイルスの感染拡大により、各都市がロックダウンされている米国。「処方薬の買いだめ」が発生した結果、ドラッグストア・チェーン最大手のウォルグリーンズ(Walgreens)は、少なくとも一時的には痛手を受けているようだ。ウォルグリーンズは3月最終週、「ロックダウンされた地域を中心に、いまは売上 ...

  • 新型コロナ禍での「政治家の言動」に米国医師会トップが注文

    新型コロナウイルス感染症(COVID-19)による死者の急増が続くなか、米国医師会(AMA)は議員たちに対し、厳しさを増すウイルスとの戦いにおいては政治的意見を脇に置き、科学とデータに集中してほしいと要請した。AMAのパトリス・A・ハリス会長は特定の議員や党の名前を挙げることはせず、「それぞれの言動 ...

  • 米医療保険大手、新型コロナウイルス感染症の自己負担分を免除

    米医療保険会社のシグナとヒューマナは3月30日から、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の検査・治療にかかる費用の加入者の自己負担分を免除した。感染拡大が続くなか、医療費が受診の妨げになることを防ぐため、全米の医療保険各社が相次ぎ対策を打ち出している。シグナが提供するプランの加入者は5月31 ...

  • 「アマゾン薬局」準備着々 一部従業員の給付管理先を切り替え

    米アマゾン・ドット・コムが多数の従業員を対象に、薬剤給付管理(PBM)をクラウドベースのPBMベンチャー、米アールエクスアドバンス(RxAdvance)と、処方薬のネット販売を手がける傘下のピルパック(PillPack)に移すことが分かった。薬局分野にさらに深く関わる形になる。まず、米国の従業員を対 ...