CONTRIBUTOR

Rebecca Fannin

I write about innovation trends in global hotspots.

I am the author of Silicon Dragon (2008) and Startup Asia (2012). My news and events group, Silicon Dragon Ventures (www.silicondragonventures.com), publishes e-newsletters, hosts a talk show, and develops forums in the world’s tech hotspots. I am the former international news editor of Red Herring, the Pulitzer-owned International Business, AdAge and Incisive Media. I have contributed to CEO, Inc., Worth, Fast Company, The Deal and Harvard Business Review, and am the founding editor of Digital Magazine News. My editorial consulting includes thought leadership reports for KPMG and Sony. In 2010, I provided expert testimony on China’s Internet for a Congressional commission in Washington, DC. I have appeared as a commentator on Fox Business News, Sky TV and CCTV. I have lectured at Yale, Columbia, NUS and Tsinghua, among others and spoken at the Asia Society, NASSCOM, World Affairs Council, Chamber of Commerce and Harvard Club.
The author is a Forbes contributor. The opinions expressed are those of the writer.

  • 中国のテック大手が注力する「東南アジア」市場の巨大な可能性

    中国のテクノロジー企業が次の市場として期待するのが、東南アジアだ。中国で巨大な成功を収めた大手らは、既存のビジネスモデルを現地向けにローカライズすることで、さらに覇権を拡大できる。コンサルティング企業North Ridge Partnersは、直近のレポートで東南アジア諸国では西洋諸国よりも速い速度 ...

  • 「中国企業の米国IPOは減少へ」、米ナスダック幹部が予測

    米中間のテクノロジーや貿易面での対立が長引くにつれ、中国企業の米国でのIPOにもマイナスの影響が現れてきた。米ナスダックのシニアバイスプレジデントのBob McCooeyは、今年の中国企業の米国での上場件数が、以前の予想を下回る見通しを明らかにした。McCooeyは先日、中国の広州市で開催されたEa ...

  • 飲食店の新トレンド「ゴーストレストラン」を生んだ中国企業

    米国のテック企業が中国を模倣するトレンドにまた1社が加わった。元ウーバーCEOのトラビス・カラニックが設立したゴーストレストラン企業の「クラウドキッチンズ」だ。ゴーストレストランとはその名の通り店舗を持たずに運営する、フードデリバリーに特化したレストランのことだ。この業界のパイオニアとされるのが北京 ...

  • 中国のオンライン教育企業「Youdao」がニューヨーク市場で上場

    中国のオンライン教育プラットフォーム「有道(Youdao)」が10月25日、ニューヨーク証券取引所に上場した。米中の貿易摩擦が高まる中でのIPOに、注目が集まっている。有道のCEOのFeng Zhouは、ここ最近の市場の見通しの不透明感を認め、米国で上場する中国企業が減少中であると述べた。昨年は32 ...

  • 米国の「中国株追放」で恩恵を受ける香港と上海の株式市場

    米トランプ政権は、米国の証券取引所に上場する中国株の廃止を検討中であるとの噂が浮上した。これが実施されれば、中国のテクノロジー領域のイノベーションに巨大な影響が及ぶことになる。今回のニュースを受けて9月28日の株式市場で、中国のテック関連銘柄の多くが値を下げた。ここ数年で、米国で上場する中国のテック ...

  • カリスマ経営者を失ったアリババとジャック・マーの今後

    創業者のジャック・マーが、経営から離れた後の中国のアリババはどこに向かっていくのだろう。20年近くもの間、アリババの経営を率いてきたマーはカリスマ性と先見性で知られ、彼が会社を去ることは会社にとって大きな痛手にもなり得る。米中の貿易摩擦の高まりの中で、アリババに求められるのは強力なリーダーシップだ。 ...

  • 米国から撤退、東南アジアに活路を見出す中国VCの動き

    中国のテック企業の多くはここ数年、米国のベンチャーキャピタル(VC)から出資を受けて急成長を遂げてきた。数多くのスタートアップが拠点を置く北京の中関村と、VCが密集するシリコンバレーのサンド・ヒル・ロードは緊密な関係にあったが、その勢いにも陰りが見えてきた。米中間の緊張の高まりは、テック業界にも影響 ...

  • セールスフォースがアリババと提携、中国での顧客開拓を強化

    中国のアリババと、米国の顧客管理(CRM)大手のセールスフォースが戦略的提携を結んだ。アリババは今後、セールスフォースの中国向けローカライズを支援し、中国圏での事業拡大を支援していく。アリババは昨年8月にスターバックスと提携し、傘下のフードデリバリー「ウーラマ(餓了麼、Ele.me)」を活用したコー ...

  • 次世代の「モビリティ基地」目指す米LAと中国企業の動き

    米国における新たなテクノロジーのハブとして存在感を高めているのが、南カリフォルニアだ。現地では、中国とつながりを持つデジタルエンターテイメントやモビリティ関連の企業が活発な動きを開始した。米中の貿易摩擦の高まりで、ハリウッドからは中国資本の撤退が目立っている。一方で、モバイルエンターテイメントや代替 ...

  • メアリー・ミーカーが語った「中国テック企業」の爆進ぶり

    テック業界の伝説のアナリストと呼ばれる、メアリー・ミーカーの「インターネット・トレンド」レポートの2019年版が6月11日に発表された。本年度のレポートでは中国のネット企業の動向が詳細に分析された。そこでは、モバイルコマースの「Pinduoduo(拼多多)」や、フードデリバリーから配車事業、映画や鉄 ...

  • 中国5億人が使う「ミニプログラム」がスマホ業界に与える変化

    中国のスマホ業界では、ダウンロードなしで使える「ミニプログラム」と呼ばれるアプリが巨大勢力となったが、この仕組みは米国ではまだテスト段階でしかない。ミニプログラムはテンセントのWeChatが2017年から配信を開始した。その後の2年足らずで、WeChatでは100万本以上のミニプログラムが公開され、 ...

  • 中国テック業界の過酷労働「996」が今後も消えない理由

    中国のテック業界では「朝9時から夜9時」「週6日勤務」を意味する「996」と呼ばれる勤務形態が日常化している。1日12時間労働が6日も続く働き方は、シリコンバレーのテック企業では考えられないものかもしれない。背景には中国と米国の間の経済発展の格差がある。中国企業は米国に追いつくことを目指し、一部の領 ...

  • 上場後のウーバーが直面する「中国とアジア市場」の巨大な壁

    ウーバーは5月10日、ニューヨーク市場で上場を果たしたが、ここで見落とされているのが、同社が中国や東南アジアで歩んで来た道のりだ。ウーバーはアジアで成功を収めてきたとは言い難い。ウーバーは2016年8月に、中国の競合「滴滴出行(Didi Chuxing)」に現地の事業を売却し、撤退した。ウーバーは東 ...

  • 特許出願件数でも急伸の中国、2年後には世界トップの予測

    テクノロジー分野での中国の存在感の高まりは、特許の出願件数にも現れている。世界知的所有権機関(WIPO)が発表した2018年の特許の国際出願件数では、中国が21%を占め、米国に次いで2位にランクインした。米国のシェアは2017年に29%だったが、2018年は22%まで減少した。「現在の勢いが続けば、 ...

  • 「体験」を売る旅行サイトKlookに、ソフトバンクら250億円出資

    香港本拠のアクティビティ特化型の旅行サービス「Klook(クルック)」が、ソフトバンク・ビジョン・ファンドが主導するシリーズD+資金調達ラウンドで2億2500万ドル(約250億円)を調達した。創業5年の同社は、直近で2億ドルをセコイア・キャピタル・チャイナやマトリックス・パートナーズ、TCV、イスラ ...

  • 「世界投資家ランキング」1位にセコイア中国代表、2年連続

    フォーブスは4月2日、世界で最も高い実績を誇るベンチャー投資家のランキング「ミダスリスト(The Midas list)」の2019年版を発表した。本年度のランキングで注目すべきは、中国の投資家たちの勢いだ。1位には、昨年から2年連続でセコイアキャピタル中国支社の設立メンバーの、ニール・シェン(Ne ...

  • 米中対立の荒波を乗り越える、ベンチャー投資家たちの覚悟

    米中間の貿易摩擦や、ファーウェイ問題を筆頭とするテック領域での衝突は、2国間のベンチャーキャピタル(VC)の動きにも影響を及ぼしそうだ。シリコンバレーと北京の投資家らは、事態の推移を注意深く見守っている。中国のテクノロジー企業は、アイデア面でも資金面でも米国の企業の支援を受けて成長を果たしてきた。北 ...

  • 中国WeChatを徹底的にパクる、フェイスブックの新戦略

    フェイスブックのマーク・ザッカーバーグCEOは、3月7日のブログで、プライバシー重視の方向を打ち出し、メッセージ機能や決済、Eコマースへの注力を進めると宣言した。フェイスブックが決済やEコマースに注力することは、中国のWeChatの模倣とも受けとめられている。同社の決断は、米国企業による中国のイノベ ...

  • 中国版スターバックスの「ラッキンコーヒー」がIPOを準備中

    中国版スターバックスと呼ばれる北京本拠の「ラッキンコーヒー(瑞幸珈琲)」が、年内にIPOを計画中であることが分かった。2月28日のロイターの報道によると、IPOの実施は5月か6月の上場の予定で、ラッキンコーヒーは既にクレディ・スイスやゴールドマン・サックス、モルガン・スタンレーらと調整を行っている。 ...

  • 次世代テック都市ランキング、1位NY、2位北京、3位に東京

    KPMGは2月21日、今後最も期待できるテクノロジー分野のハブ都市のランキングを公開した。この調査は、世界のテック界のリーダー740名以上を対象に、今後4年間でテック分野のハブとなる都市を回答させたものだ。KPMGはこの調査を7年間にわたり実施してきたが、今回の調査で初めて、回答者の3分の2以上が、 ...