Forbes Staff

Clare O'Connor

消費経済:小売業とそれを改革する人々について執筆

フォーブスのスタッフライターとして消費経済を担当し、小売業を改革する大物たちについて執筆。それより前は、フォーブス400と世界長者番付のために大富豪を追いかける日々。現在も自力で成功した女性に焦点を当て、億万長者や企業家の人物評について雑誌に執筆。フォーブスの前には、英国や出身国であるバミューダでニュース記者、Frommer’s誌でトラベルライター、コロンビア大学で修士号をとる傍らCNNのアンダーソン・クーパーの番組でインターンの経験あり。

  • 投資家が女性起業家に性的関係迫る 米VC界でセクハラ問題噴出

    シリコンバレーの著名投資家で、500スタートアップスの共同創設者であるデイブ・マクルーアが、セクハラ行為により経営の一線から退くことが明らかになった。騒動を報じたニューヨーク・タイムズによると、マクルーア以外にもLowercase Capitalの創設者であるクリス・サッカなど複数のベンチャーキャピ ...

  • 世界「インフルエンサー」ランキング 美容部門1位の英国人女性

    今、最も影響力のあるインフルエンサーは誰か? フォーブスが今年4月に発表した初の「インフルエンサーランキング」で、27歳のゾーイ・サグが美容部門の首位に選ばれた。インターネット上ではゾエラ(Zoella)の名で知られる英国のビデオブロガー/ユーチューバーだ。明るくハキハキした話し方と親しみやすいルッ ...

  • ビヨンセも愛用「アレックス アンド アニ」創業者の4億円豪邸

    アメリカ最古のリゾート地、ロードアイランド州ニューポート。その中心に位置するベルビュー通りには、米国の資本主義が急速に発展した19世紀末から20世紀初頭の金ぴか時代に、大富豪たちが建てた豪壮な夏の別荘が並ぶ。2012年、そのうちの1軒で観光名所になっているベルコート城を、アクセサリーブランド「アレッ ...

  • ジュエリー業界の新星「ケンドラ・スコット」 評価額は10億ドル

    ケンドラ・スコットがジュエリービジネスを始めたのは2002年のこと。当時27歳の彼女は19歳で始めた帽子店の経営に失敗し、テキサス州オースティンの店を畳んだばかりだった。しかし、帽子が売れない一方で彼女の手作りのイヤリングやネックレスはよく売れていた。「私はジェムストーンのジュエリーが好きだったけれ ...

  • インテリア界で「最も影響力のあるブロガー」35歳女性の信念

    街で見かけた素敵なハンドメイド製品やインテリアをブログで紹介していたら、インテリア界で最も影響力のあるインフルエンサーに選ばれた──。フォーブス初の「インフルエンサーランキング」で、RSS購読者数15万人を誇るインテリアとDIYのブログ「Design*Sponge」の主宰者グレース・ボニーがホーム部 ...

  • NY市長も認めた美容系スタートアップ 280名を新規雇用

    インターネットから生まれたコスメブランド「グロシエ(Glossier)」が、リアル店舗拡大の動きを急加速させている。現状で61名の社員数の同社は新たに282名を雇用しようとしている。フォーブスの「30アンダー30」にも選ばれたエミリー・ワイスが率いるグロシエは、ニューヨークのソーホーのラファイエット ...

  • 企業価値500億円の「化粧品サンプル」企業、バーチボックスが黒字化を達成

    化粧品サンプル定期便サービスのバーチボックスが、創業以来で初めて利益を上げた──。共同創業者でCEOのカティア・ビーチャムは、2016年を同社にとって「怖い」1年だったと表現した。高い運営費や顧客の獲得に資金を投じたことで支出が続いていたのだ。バーチボックスは2010年に創業した化粧品サンプルの定期 ...

  • 女性の給料は安すぎ FB女性幹部ら「格差解消」運動を拡大

    今年の全米「イコール・ペイ・デー」(同一賃金の日)となった4月4日、フェイスブックCOOのシェリル・サンドバーグが率いる女性支援団体「LeanIn.Org」が、男女間の賃金格差の解消を訴えるキャンペーン「#20PercentCounts」を展開した。キャンペーン名の20%は、米国女性の平均賃金が男性 ...

  • NY発の「女子限定コワーキングスペース」 店舗数拡大へ

    ニューヨークに登場した女性限定のコワーキングスペース「The Wing」が800万ドルのシリーズA資金調達を行った。今後、ブルックリンやマンハッタンのソーホー、さらにワシントンDCにも拠点を開設する。The Wingは今回の調達資金をテクノロジー部門にも投資し、会員向けにマイクロソーシャルネットワー ...

  • 不法移民から起業家に 米パレスチナ人女性が歩んだ過酷な人生

    クラウドファンディングで30万ドル(約3360万円)以上を集め、大きな話題を呼んだ防犯用のスマートジュエリー「Athena」が、ついに出荷を開始した。Athenaはスマートフォンのアプリと連動して位置情報を発信したり、大音量アラームを鳴らしたりできるウェアラブルデバイス。サイズは25セント硬貨より一 ...

  • 女性スタートアップ起業家が投資家へのピッチで勝ち残る方法

    女性起業家にとって、女性をターゲットにした商品を投資家に売り込むことは容易ではない。なぜならベンチャーキャピタル(VC)の世界は男性が主流であり、トップの93%は男性だからだ。女性起業家の多くは、ピッチの場にいる男性投資家たちに「妻に意見を聞いてみるよ」と言われた経験があるだろう。あるいは、彼らは女 ...

  • フェイスブックも使う「新卒特化型求人サイト」 21億円の資金調達

    大学生を中心とした若い世代に特化した求人プラットフォームのWayUpが1850万ドル(約21億円)のシリーズB資金調達を行った。女性CEOのLiz Wesselが率いる同社としては、これまでで最大の資金調達の一つになった。ニューヨーク本拠のWayUpはこれまでに累計2750万ドルの資金を調達している ...

  • Slackなどテック企業が採用 働く母親サービス「Lucy」が事業拡大

    言うまでもないことだが、米国の企業社会は女性の活躍を想定して築かれていない。女性が男性の補佐以上の地位を獲得するようになったのは、ほんの一昔前だ。それまでは、女性は妊娠したり、太ったりしただけで解雇されてもおかしくない存在だった。あらゆる業界で女性リーダーが躍進する現在においても、女性の平均収入は男 ...

  • トリー・バーチが語る女性が「野心」を抱くことの大切さ

    ラルフ・ローレンやヴェラ・ウォンのPR担当者から、自らの名を冠した世界的ブランドのチェアマン兼CEOへ——。その輝かしいキャリア変遷を見る限り、トリー・バーチは野心的(ambitious)な人間であると言わざるを得ない。しかしバーチ本人は、ブランドの創業について語った2004 ...

  • スクリーンショットを「買い物」につなぐ革命的アプリの威力

    あなたのスマートフォンには、どのようなスクリーンショットが保存されているだろう?古いSNSのやり取り?イベント会場への行き方?それともネットサーフィン中に見かけて気になった商品?「LIKEtoKNOW.it」の共同創業者で社長のアンバー・ベンズ・ボックスは、2015年頃から人々のスクリーンショットの ...

  • 「マイクロファイナンス」でアフリカを救う女性CEO 34億円を調達

    途上国の起業家を対象にマイクロファイナンスを行うスタートアップ「タラ」(Tala、元InVenture)が、シリーズBで3000万ドル(約34億円)を資金調達した。近年の女性が率いるスタートアップのシリーズB調達額では、昨年コスメブランド「グロシエ」(Glossier)が獲得した2400万ドルを上回 ...

  • インスタ活用で売上190億円の事例も 米国20代女性起業家たち

    フォーブスが今年はじめに発表した2017年版「30アンダー30」の小売・Eコマース部門には、自身の問題の解決のため、事業を立ち上げた若手起業家が多い。28歳のエミリー・モタエドの場合、ニューヨークの新居に越した時に、家具の購入にあてる予算に悩んだことが、インテリアデザインのオンラインサービス「Hav ...

  • NYファッションウィークも反トランプ 40ブランドが共同抗議

    2月9日から本格的に始まるニューヨーク・ファッション・ウィークでも反トランプの動きが高まりつつある。40以上のブランドが団結し、トランプ政権の下で危険にさらされる「女性の権利」をアピールする。これはNPOの「プランド・ペアレントフッド(家族計画連盟)」を支援するキャンペーン。同NPOは人工妊娠中絶の ...

  • 女性が起業しやすい米NY 「68億円調達」のファッション企業も

    米国のスタートアップが資金調達をしやすい土地として、真っ先に思い浮かぶのはシリコンバレーだろう。しかし、女性起業家にとってはニューヨークのほうが条件が良い土地であることが最新の調査で分かった。女性主導のベンチャーキャピタルとして知られるFemale Founders Fundが、2016年のシリーズ ...

  • 女性起業家が選ぶ「理想のメンター」 フェイスブックCOOが1位に 

    30歳未満の女性起業家にとって憧れのメンターとは、どのような人々なのだろうか?フォーブスは毎年、有望な若手起業家を選抜する「30アンダー30」リストを公開しているが、そこで選ばれた600名に対し、理想のメンターや様々な質問を尋ねるアンケート調査を行った。今回の調査で2015年、2016年に続き最も多 ...