閉じる

PICK UP

消費経済:小売業とそれを改革する人々について執筆

カーリー・クロス(Photo by Presley Ann Slack / Patrick McMullan via Getty Images)

フォーブスが年に一度選出する「30アンダー30」リストには、今後の活躍が期待される各界の30歳未満の若手が選ばれる。その分野はテック業界からアート、スポーツ界まで広範囲におよぶ。

ここでは2017年の「30アンダー30」に選出された、注目すべき女性起業家たちを紹介する。

カーリー・クロス(アート&スタイル部門)

スーパーモデルのカーリー・クロスは現在25歳。これまで「ヴォーグ」の表紙を36回飾ったクロスは、フォーブスの2016年の「世界で最も稼ぐモデル」ランキングで3位になり、年収は1000万ドル(約11億円)とされた。

テクノロジーに関心が高いことでも知られるクロスは、非営利団体の「Kode with Klossy」を運営し、これまで500名にのぼる若い女性たちにプログラミングの指導を行ってきた。

「プログラミングに関心を持ったのは、個人的な好奇心からだった。Kode with Klossyの活動を通じ、短期間で多くの人にプログラミングを身につけてもらいたい」とクロスはフォーブスの取材に述べた。

Kode with Klossyの運営にはクロスの自己資金のほか、彼女を支援するファッションブランドの資金も注がれている。関係筋によるとクロスは2015年からこれまでに、百万ドル単位の個人の資金を投じているという。

Seema Bansal(小売&Eコマース部門)

花屋で買ってきたバラは1週間も経てば豊かな色や香りを失ってしまう。しかし、Bansalが考案した箱入りのバラは水を与えなくても1年間、満開の花をリビングで咲かせることができる。

現在26歳のBansalはフィアンセの28歳のSunny Chadhaとともに、2015年にEコマースサイト「Venus ET Fleur」を立ち上げ、このバラの販売を開始した。「特許を取得済みのワックス加工テクノロジーで、花を新鮮に保っている。時間が経っても花の形はそのままに保たれ、香りも残り続ける」とBansalは述べる。

2017年のVenus ET Fleurの売上は7500万ドル(約85億円)に達する見込みで、主力商品は300ドルから1500ドルの詰め合わせのボックスセットだ。現在は主に米東海岸を中心に展開中だが、ロサンゼルスにも物流拠点を整備中という。

ケリー・ピーラー(社会起業家部門)

現在29歳のケリー・ピーラーはウォールストリートで勤めた後、米国の学生ローン問題の解決に挑む「NextGenVest」を設立。スマホのテキストメッセージを通じて、高校生や大学生らに、適切な金融知識を提供している。

「以前の職場の業務を通じ、アメリカでは7000万人に及ぶ学生らが時代遅れの学生ローンの仕組みに苦しんでいることを知った」とピーラーは話す。彼女は2008年の金融危機の直後にJPモルガン・チェース銀行に務めていた。

「次の金融危機が来るとしたら、それは学生ローンが発信源になると危惧している」と彼女は話した。

編集=上田裕資

あなたにおすすめ

合わせて読みたい