Close RECOMMEND

PICK UP

フォーブスの資産チームの一員として億万長者について執筆

1位にランクインしたウォールマート創業者 サム・ウォルトンとその家族。ウォールマートミュージアム所蔵写真(Photos by Gilles Mingasson/Getty Images)

「ファミリービジネス」と言えば、夫婦で切り盛りする街角のレストランや、近所のクリーニング店を思い浮かべるかもしれない。しかし、世界的企業のBMWやウォルマートもまた、長く続くファミリービジネスなのだ。

スイスのザンクトガレン大学の研究者らは「売上が高い同族経営企業500社」をリストアップした。世界の企業の80~90パーセントは同族経営で、各国の経済で重要な役割を果たしている。500社の年間総売上は6兆5,000億ドルに上るが、これが国であれば、アメリカや中国に続く世界第3位の経済大国に匹敵する。

「もともとは小さなパパママ経営だった会社が、巨大な利益を生む企業に育った例が多数含まれている」と、調査にあたったトーマス・ゼルウィガー教授は言う。

今回のリストには、親族が議決権の50パーセント以上を持つ非公開企業と、親族が議決権の32パーセント以上を持つ公開企業が含まれる(ザンクトガレン大学では「OECD加盟諸国において、上場企業の株主総会で議決権を行使するには、平均30パーセントのシェアが必要」と見積もっている)

ヨーロッパの企業がリストの半数を占め、北米企業が24パーセントと、それに続く。アジアや南米のような、家族志向の強い地域の企業が意外に少ないことに驚かされるが、同族経営の強みとはどこにあるのだろう?

「彼らは、世代交代のやり方がとてもうまいのです」と、アーネスト・アンド・ヤングのピーター・エングリッシュは言う。「500の企業のうち、44パーセントのオーナーは4代目以降です」

今回の500社の企業の平均存続期間は88年。しかし、中にはとてつもなく長い歴史を持つ企業も存在する。最も歴史が長い会社は141位に登場した日本の竹中工務店。1610年に名古屋の神社仏閣を造営する宮大工が創業し、現在もなお土木建築業を営んでいる。その家族は、4世紀以上もビジネスのライバルに打ち勝ち、政治的、家族的問題を克服してきたのだ。

「ファミリービジネスにとっての挑戦とは、ビジネスという合理的な世界と、家族という情に支配される世界を調和させることです」とエングリッシュは言う。

家族的なつながりは、ビジネスを拡大させる上で障壁だと考える人々は多いが、長期的スパンで見ると、家族という単位がより優れている可能性があることを、このデータは示唆している。

前出のザンクトガレン大学のゼルウィガー教授によると、「同族会社は直近の四半期よりも、長期間に渡る展望を持つことで、大局的な視点を得ている」と説明する。また、これらの企業は、従業員を献身的に働かせることに長けており、ベストな従業員(特に親族)をずっと雇い続ける傾向がある。「その結果、ブランドをより強力にし、経営を長く続けられる」とゼルウィガー氏は分析する。

「同族経営の企業は最先端のトレンドを打ち出すわけではありませんが、自分たちの領域でイノベーションを起こし、事業を継続させることが非常に上手なのです」

リストの詳細は下記の通り。世界の上位25社に続き、500社ランキングに登場した日本企業のデータを抽出し、掲載した。

●「世界の同族企業500」上位25社

1位 ウォルマート
アメリカ/ウォルトン一族/売上:4,763億ドル/従業員:220万人

2位 フォルクスワーゲン
ドイツ/ポルシェ一族/売上:2,616億ドル/従業員:572,800人

3位 バークシャー・ハサウェイ
アメリカ/バフェット一族/売上:1,822億ドル/従業員:330,745人

4位 エクソール
イタリア/アニエッリ一族/売上:1,511億ドル/従業員:301,441人

5位 フォード
アメリカ/フォード一族/売上:1,469億ドル/従業員:181,000人

6位 カーギル
アメリカ/カーギル&マクミラン一族/売上:1,367億ドル/従業員:143,000人

7位 コーク・インダストリーズ
アメリカ/コーク一族/売上:1,150億ドル/従業員:100,000人

8位 BMW
ドイツ/クヴァント一族/売上:1,010億ドル/従業員:110,351人

9位 シュワルツ・グルッペ
ドイツ/シュワルツ一族/売上:894億ドル/従業員:335,000人

10位 グループ・オーシャン
フランス/ミュリエ一族/売上:855億ドル/従業員:302,500人

11位 アルセロール・ミッタル
ルクセンブルグ/ミッタル一族/売上:794億ドル/従業員:232,000人

12位 ルイ・ドレフュス・ホールディング
オランダ/ルイ・ドレフュス一族/売上:743億ドル/従業員:35,306人

13位 リライアンス・インダストリーズ
インド/アンバニ一族/売上:720億ドル/従業員:23,853人

14位 プジョー
フランス/プジョー一族/売上:718億ドル/従業員:207,287人

15位 コムキャスト
アメリカ/ロバーツ一族/売上:647億ドル/従業員:136,000人

16位 カジノグループ
フランス/ヌーリ一族/売上:646億ドル/従業員:329,355人

17位 アメリカ・モビル
メキシコ/カルロス・スリムとその一族/売上:616億ドル/従業員:163,524人

18位 イタウ・ウニバンコ
ブラジル/モレイラ・サレス一族/売上:570億ドル/従業員:95,696人

19位 ロング&フォスター・カンパニーズ
アメリカ/ロング&フォスター一族/売上:560億ドル/従業員:11,500人

20位 ロシュ
スイス/ホフマン-ロシュ一族/売上:505億ドル/従業員:85,080人

21位 エンタープライズ・プロダクツ・パートナーズ
アメリカ/ダンカン一族/売上:477億ドル/従業員:6,600人

22位 AP モラー・マースク・グループ
デンマーク/モラー一族/売上:474億ドル/従業員:88,909人

23位 コンチネンタル
ドイツ/シェフラー一族/売上:443億ドル/従業員:177,762人

24位 JBS
ブラジル/バチスタ一族/売上:432億ドル/従業員:142,000人

25位 ディオール
フランス/アルノー一族/売上:420億ドル/従業員:117,806人


●上位500社にランクインした日本企業

65位 サントリーホールディングス
日本/佐治一族/売上:199億ドル/従業員:34,129人

117位 ファーストリテイリング
日本/柳井一族/売上:127億ドル/従業員:23,982人

141位 山崎製パン
日本/山崎一族/売上:99億ドル/従業員:25,356人

148位 竹中工務店
日本/竹中一族/売上:97億ドル/従業員:7,335人

223位 ヤンマーホールディングス
日本/山岡一族/売上:63億ドル/従業員:16,678人

249位 大塚製薬
日本/大塚一族/売上:58億ドル/従業員:8,108人

419位 読売新聞
日本/正力一族/売上:30億ドル/従業員:3,200人


※出典:Global Family Business Index 
http://familybusinessindex.com/

文=チェイス・ピーターソン(Forbes)/ 編集=上田裕資

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

あなたにおすすめ

合わせて読みたい