Forbes JAPAN Webサイトリニューアルに伴い、パスワードの再設定をお願いします

「世界最高の家庭教師」が教える自己紹介の方程式、「自分見出し」の法則とは

  • twitter
  • facebook
  • LINE

エグゼクティブ・スピーチコーチ/コミュニケーション戦略研究家 岡本純子(撮影=曽川拓哉)

岡本純子。「伝説の家庭教師」と呼ばれるエグゼクティブ・スピーチコーチにして、コミュニケーション戦略研究家である。リーダーシップ人材の育成・研修などを手がけるかたわら、これまでに1000人を超える社長や企業幹部に、「コミュニケーションのライザップ」の異名もとる集中個人講義で秘伝のコミュニケーションノウハウを伝授してきた。

「生徒」たちの劇的な話し方の改善ぶりと実績から「伝説の家庭教師」と呼ばれるカリスマにコーチングを乞うリーダーたちからの ”SOS” は引きも切らない。著書『世界最高の話し方』(東洋経済新報社)も実に11刷、15万部を超えるベストセラーとなっている。6月にはその続編ともいえる『世界最高の雑談力』が刊行された。

その岡本氏が、これまでのエグゼクティブ対象の個人コーチングの枠を飛び越え、次世代若手リーダー対象にコミュニケーションの寺子屋「世界最高の話し方の学校」を開校した。5月のある土曜日の朝、20名の1期生たちが都内某所の一室に集まった。

関連記事> 菅・前首相も応援。世界最高の家庭教師が推す「モノローグでなくダイアローグ」のプレゼン法


「ソーシャルキュー」が伝える情報は少なくない


冒頭、岡本は受講生に、「皆さんのコミュ二ケーションの悩みはなんですか?」とたずねた。すると1人の女性受講生が、「相手の反応が気になりすぎて、主張したいことが言えなくなること。たとえば、聞き手の方がつまらなそうに聞いていると、話を端折ってしまう、伝えたいことを話しきることができない」と答えた。

岡本が言う。

「まさに、人は、秒刻みで『ソーシャルキュー(社会的合図。顔の表情や声の高さ大きさ、姿勢、目の動きなど、言葉以外の手段で、多くは無意識のうちに送られるシグナル)』と言われるメッセージを発しているんです。女性はとくに、相手のそういうシグナル、感情を読み取る力が強いので、逆に自分からの出力がしにくくなることがあるんですね。

null

この講座では『ソーシャルキュー』をうまく受け取りながら、上手に発信・出力していくスキルをお教えしていきます」

「30万人のビジネスリーダーが選んだ「リーダーに必要な資質」


「それでは、ハーバード・ビジネスレビューが調査した、『30万人のビジネスリーダーが選んだリーダーに必要な資質』をみてみましょう。

1位は『やる気を刺激し、インスピレーションを与える』。2位は『高潔性、誠実性を示す』。3位は『問題を分析し、解決する』。

null

じつは、こうしたリーダーに必要な『資質』のいずれもが、『話し方』の改善で後天的に体得できます。それどころか、話し方さえ制すれば『人生』も制圧できるのです。それなのに、日本の学校教育に『書く、読む』はあっても『話す、聞く』のプログラムがほとんどない。これは、非常に残念ですね」「話し方が思考そのものを規定してしまう。日本人のリスク回避志向、自己肯定感の低さはまさにコミュニケーションに起因している側面も大いにあるでしょう」
次ページ > 相手に「刺さる」話し方。自分を魅せるコツ

編集部が選ぶおすすめ記事

文・編集=石井節子

ForbesBrandVoice

人気記事