Close RECOMMEND

MERYから見たU25女の子の 「今」

頑張らなくてもいい。気持ちを楽にしてくれる本/photo by sean Kong on Unsplash

最近、MERY世代女子たちの間で、韓国のエッセイ本が話題となっていることをご存じだろうか。Instagramで「#韓国エッセイ」「#韓国本」などのハッシュタグを検索すると、それぞれ1000件を超える投稿がヒットするのがその証拠だ。ではなぜ今、韓国エッセイがこんなにも人気を集めているのか。MERYの読者である20代の女子たちにインタビューを行いながら、その背景を探る。


2020年トレンドワード5選にも選ばれた「韓国のエッセイ本」


MERYは先日、MERY内で人気の検索ワードや記事、ユーザーの意見などをもとに厳選した「2020年トレンドワード5選」を発表しました。

2020トレンドワード5選

「インフルエンサー系コスメ」や「ネオ居酒屋」など、SNSを発端としたトレンドワードも並ぶなか、今回MERYが注目したのは「韓国のエッセイ本」というワード。MERY Lab内の記事『なぜU25の女の子たちは「韓国カルチャー」にハマるのか』でも取り上げたように、日本の若者たちの間では、依然として韓国アイドルや韓国ドラマが大ブームですが、それに加えて「韓国発の本」もトレンドとなっているようなのです。

実はMERYでは、『わたしこのままでいいのかな?タイミング別、今のわたしに5冊の韓国books処方箋』、『私、何がしたいんだろう…。自分を見失った時、読んでほしい韓国のbook4冊』といった記事でも紹介していたように、2019年ころから「韓国発の本」に注目していました。

しかし、本格的なブームの到来を感じたのは2020年に入ってから。2020年に『スマホばかりの毎日に革命が起きる。今話題の“韓国エッセイ本”で読書を趣味にしよう』、『人生の処方箋になる、韓国の素敵な本たち。お隣の国の物語を少し覗いてみませんか?』といった記事を公開したところ、例年以上に多くの反響が得られています。

ではなぜ、エッセイや小説といった文芸書の売れ行きが苦しいとも言われている現代において、こんなにも“韓国の”エッセイ本が注目を集めているのでしょうか。

韓国のアイドルやドラマから人気に火がついた韓国エッセイ本


ここからは、韓国のエッセイ本が日本でも人気を得たきっかけを見ていきます。

たとえば、『私は私のままで生きることにした』は、誰のまねもせず、誰もうらやまず、自分を愛することの大切さを伝えたイラストエッセイ集。今や世界的大スターであるBTSが出演していた番組内で、メンバーのジョングクさんの部屋に置かれている本書が映りこんでいたことから、ファンを中心にSNS上で大きな注目を集めていました。2019年に日本でも邦訳本が発売されると、「日本語版を待っていた」という声も多く、40万部を超えるベストセラーとなっています。

同じく、BTSの影響を大きく受けているのが『死にたいけどトッポッキは食べたい』。これは、気分変調症と不安障害に悩んできた著者が、精神科医とのカウンセリングを通し、自分自身を見つめ直した12週間についてつづられたエッセイです。韓国でベストセラーとなり、今年1月には日本でも邦訳本が発売されています。こちらも、BTS出演の番組内で、メンバーRMさんの部屋のベッド上に置かれている本書が映りこんでいたため、以前から日本のファンの間でも話題になっており、発売から半年で6万部を超える大ヒットとなっています。

文=MERY Lab

この著者の記事一覧へ

PICK UP

あなたにおすすめ