3万5000社が利用する"行動者発の情報"を配信するプラットフォーム

Anthony Kwan / Getty Images

Syno Japanが、グローバル50か国を対象とした一般消費者インターネット調査「Synoグローバルオムニバス」を利用し、日本、フランス、スウェーデン、フィンランドに住む18歳以上の男女に対し新型コロナウイルス感染症(Covid-19)に関する意識調査を実施した。

2019年11月に中国武漢市にて発生が確認された新型コロナウイルス感染症(Covid-19)は、今や世界中を脅かすウイルスとして人々の様々な生活に影響を与えている。2020年3月初めの地点で、死者は全世界で3000人を超えたという報道があり、最近のニュースでは、無観客試合になるスポーツイベントやいろいろなイベントが中止となるほど、世界的なイベントにも影響を及ぼしている。

はたして今回のCovid-19の発生は、世界の消費者の生活にどう影響しているのか。国や、性別によって考え方の違いを調べる為、日本、フランス、スウェーデン、フィンランドの4カ国で調査を実施した。

調査結果まとめ(一部抜粋)

発祥地に近い国や感染人数が多い国の消費者ほどコロナウイルスへ関心をもっている。

行動傾向としては、日本人は旅行を控えるなど顕著だが、欧州の人々はあまり気にしていない。

購入習慣においては、日本人は欧州の倍以上の割合で「変化あり」。

発祥地に近い国や感染人数が多い国ほど関心がある


世界を揺るがすこのニュースに、各国の人々はどれだけの関心をいだいているのか。やはりコロナウイルスの発祥地である中国の近隣国である日本人の関心は高く、発祥地から距離的に遠いヨーロッパ諸国では、日本より関心度はある程度低い結果になった。

null
新型コロナウイルス感染症(Covid-19)の発生についての報道を追っていますか?

旅行を控える日本人、あまり気にしないヨーロッパ人


3月に入りいろいろなスポーツイベントが無観客試合になったり、コンサート、イベントが中止になったりと、いろいろな所でウイルスの影響が出ているが、「多くの人が集まる場所に行きたくない」という懸念から旅行をキャンセル又は変更する人も多く出てきた。そして、在宅で仕事するように指示を出す会社も増えてきた。そんな懸念が広がる中、はたして旅行を計画していた人への影響はどれほどのものなのか。

この調査結果も上記の結果と同様に、地理的な要因が出ているようだ。発祥地の中国に近い日本では、旅行を中止する/変更すると答えた人が堂々の1位となり、調査を実施した他のヨーロッパ3国(スウェーデン、フランス、フィンランド)はあまり懸念していないような内容だった。

彼らの回答も「中国とは関係ない」、「普通のインフルエンザの様なもの」など、「ウイルスは国全体に広がっている」、「リスクを管理したい」と答えた日本人より大きく異なる回答となった。

null
新型コロナウイルス感染症(Covid-19)の発生はあたなのこの先6か月の旅行計画に影響しましたか?

PR TIMESより

VOL.56

廉価版iPhoneは間もなく発売、中国の鄭州市で...

VOL.58

新型コロナは結局どれくらい怖いのか。データ...

この著者の記事一覧へ

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい