Close RECOMMEND

I cover the intersection of business, health and public health.

コービー・ブライアント(Photo by Stacy Revere/Getty Images)

世界はきょう(米西部時間1月26日)、コービー・ブライアントを失った。史上最高のバスケットボールプレーヤーの一人に数えられるブライアントは、米国や世界の子どもたちの健康を向上させることにも力を注いでいた。

ブライアントらを乗せたヘリコプターがカリフォルニア州カラバサスで墜落し、彼を含む9人が亡くなった。ブライアントは41歳だった。13歳の娘のジアーナも犠牲になった。


Photo by Allen Berezovsky/Getty Images

ブライアントは、米プロバスケットボールNBAのロサンゼルス・レイカーズで1996年から2016年までプレーし、その間にあらゆるタイトルを総なめにした。NBA王者に5回輝き、NBAファイナルの最優秀選手(MVP)を2回受賞、08年にはシーズンMVPに選出された。オールスター選出は18回に上り、08年の北京、12年のロンドンとオリンピックでも2回、金メダルを獲得している。


Photo by Streeter Lecka/Getty Images

プロバスケットボール選手としてこれほど輝かしい経歴を誇りながら、彼は引退後、それに安住しようとはしなかった。過去の栄光にあぐらをかくのは、コービーの流儀ではないのだ。それどころか、コートの中で「ブラックマンバ」がダンクをたたき込むときと変わらない熱量で、彼はコート外でもさまざまな分野に次々と飛び込んでいった。

例えば、短編アニメーション映画『Dear Basketball(親愛なるバスケットボール)』の脚本とナレーションを務めた。作品は第90回アカデミー賞で短編アニメ賞を受賞し、ブライアントはNBA選手として史上初のオスカー受賞者となった。


Photo by Steve Granitz/WireImage

設立は選手時代の09年にさかのぼるが、米国と中国の子ども向けの教育やスポーツ、文化事業を支援する財団「コービー・ブライアント中国基金」も運営した。その4年後には、投資家のジェフ・スティベルとベンチャーキャピタル企業、ブライアント・スティベルを設立。同社はこれまでに、メディアやデータ、ゲーム、テクノロジー関連の企業に投資してきた。「引退」とはほど遠い活躍ぶりだ。

そして、筆者も関わっているコンソーシアム「プロジェクト・プレー2020(Project Play 2020)」での活動がある。プロジェクト・プレーは、米国の青少年の運動不足問題に取り組み、それを克服することを目指す団体で、主要なスポーツリーグ、スポーツ関連の組織や団体、保健機関などが参加している(主催はアスペン研究所)。ブライアントはその広報役を引き受けてくれた。

米国では現在、中程度以上の運動を週3回、20分以上している子どもが全体の3分の1足らずにとどまっている。米国民の健康にとってゆゆしき事態だ。なぜなら、運動不足は肥満や糖尿病、心疾患、がんといった多くの慢性病のリスクを著しく高める恐れがあるからだ。精神衛生にも悪影響を与えかねない。また筆者らの研究によれば、この問題による生産性の低下や医療費によるコストは全米で数百億ドルに達しており、今後もその水準で推移するとみられる。

ブライアントは、子どもの運動離れが差し迫った問題であることを認識していた。スポーツをする子どもを増やし、彼らが大人になってからも運動を続けていくことの重要性も理解していた。

もちろん、彼は自身の経験から、スポーツをすれば多くのメリットがあることも熟知していた。その一方で、多くの子どもがスポーツをしなくなる理由や、筆者が以前にフォーブスに書いた通り、多くの子どもがだいたい11歳ごろにスポーツをしなくなるといった事情にも通じていた。

プロジェクト・プレーがソーシャルメディアで「#DontRetireKid」というキャンペーンを始めたのも、こうした、子どもたちのスポーツからの「早期引退」状況をなんとか変えたいという思いからだった。ブライアントは自身のツイッターへの投稿によって、その立ち上げにも力を貸してくれた。

ブライアントは米スポーツ専門テレビ局ESPNの番組で、スポーツによる健康上のメリットや、子どもがスポーツをするうえで親や多くの既存の制度が障害になっている点について詳しく話したこともある。それを聴けば、彼がたんにこうした問題に熱心なだけでなく、それを説得力のある仕方で説明できることにも気づくだろう。そのうえ、彼はアスリートとしても超一流だから、その話にはなおさら真に迫っている。

プロジェクト・プレーの会合で会った時、ブライアントは近い将来に、子どもを支援するためにやりたいことについていろいろ教えてくれた。彼はすでにバスケットボールのユースキャンプを運営していたが、さらに本の執筆やマルチメディアの活動によっても、子どもたちと関わっていきたいということだった。

ブライアントはコートの中でも何でもこなす万能選手だったが、コート外に出ても明らかに万能だった。わたしたちは今後、彼が語ってくれた関心事や取り組みについて話し合う予定だった。悲しいことに、それは二度とできなくなってしまった。


Photo by Nick Laham/Getty Images

ブライアントはこの先、いくつもの「チャンピオン」として記憶されることになるだろう。NBAのチャンピオン。オリンピックのチャンピオン。そして、子どもたちとその健康に尽力したチャンピオンとして。

編集=江戸伸禎

PICK UP

あなたにおすすめ