I cover the intersections of technology, farming and food.

Andrii Zastrozhnov / shutterstock.com

世界の人口は2050年までに、98億人に達する──きっとあなたも、この予測について聞いたことがあるだろう。資源がますます限られたものになりつつあるこの地球で、十分な食料を提供しようとするにはかなりの人数だ。

どうすれば地球を破壊することなく、これだけの人口を支えるだけの食料を生産することができるだろうか。世界資源研究所(WRI)は、そのために重要なものとして、22の案を提唱している。

その中で、農業を地球規模でより効率的、かつ持続可能なものにする可能性があるとして期待されているのは、以下の9つの技術だ。

1. 賞味期限を延ばす「食用コーティング」

現在も未来も、食品廃棄物を減らすだけでは世界の人口に必要な食料を確保することができない。だが、米アピール・サイエンシズが天然の素材だけを原料に開発したスプレー・コーティングのような技術があれば、農産物の寿命を延ばすことが可能になる。食用コーティング技術は、この問題に対する一つの解決策になるだろう。

2. インポッシブル・バーガー

多数の企業が、植物性たんぱく質を利用して代替肉を生産している。だが、米インポッシブル・フーズは遺伝子組み換えした酵母を使って鉄分を多く含むヘム分子を複製。牛肉のような味を再現した。

牛肉やラム肉の消費量を減らすことは極めて重要だ。牛や羊などの反すう動物はタンパク質の供給源となるその他の動物に比べて、大量の温暖化ガスを排出するからだ。

3. 避妊

WRIによれば、食料需要を減らすもう一つの方法は、家族計画や避妊などリプロダクティブ・ヘルス(性と生殖に関する健康)に関連したサービスへのアクセスを向上させることによって、出生率の低下を促すことだ。

これは明らかに農業技術ではない。だが、農業に従事する女性の数を考えれば、世界中の小規模な農家の状況の改善(と教育)のために、重要な技術だ。

4. 遺伝子組み換えなどによる「ハイテク育種」

遺伝子組み換え(GMO)やその他の現代的な育種方法によって強化された農作物は、農業がより多くの人々に持続可能な形で食料を提供する助けになるだろう。遺伝子組み換えは1つのツールにすぎないが、より良い農作物のため、つまりより少ないリソースでより多くの食料を生み出すためには、不可欠なものだ。

編集=木内涼子

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい