I cover geology, earth science, and natural disasters.

Terrence Antonio James/Chicago Tribune/TNS via Getty Images

米国立気象局(NWS)は、米国中西部に強烈な寒波が押し寄せると警告した。イリノイ州シカゴの気温は1月30日、史上最低記録を更新する見込みという。シカゴの気温はエベレストや北極圏以下になると予測されている。

気象予報によると米国人の77%にあたる2億5000万人の人々が今週、氷点を下回る気温に遭遇し、9000万人がマイナス17.8度以下の世界を体験することになるという。

シカゴの30日の最高気温はマイナス24度になると予想されている。これはエベレスト(マイナス22度)や北極(マイナス12度)よりも低い気温ということになる。

急激な気温の低下の背景には、「極渦(きょくうず、polar vortex)」と呼ばれる北極や南極の上空にできる寒気の渦の存在があげられる。この寒気の渦が南下することが原因で、米国各地の気温は今週、例年を大きく下回ることになる。

極渦は本来、成層圏近くの高い高度で循環しており、人間の活動には影響を及ぼさない。しかし、近年はジェット気流が極渦に干渉を起こし、その渦を分裂させているのだ。

現在起こっているのは、分裂して南下した極渦がアメリカ大陸の大半をすっぽり覆う現象だ。一方で、北極圏では極渦の隙間に暖かい空気が流れ込み、通常よりも高い気温となっている。

ドナルド・トランプ大統領は1月29日、大寒波襲来のニュースを受けて「地球温暖化は一体どこへ行ったんだ? 頼むから返ってきてくれ」などとツイッターで述べたが、これはとんでもなく無知な発言だ。

今回の寒波は、地球温暖化と気候変動により極渦が米国の上空まで南下してきた結果だ。北極での温暖化は中緯度エリアよりも速く進んでいる。

極渦の長期的な変化に関してはまだ研究が進められている途中ではあるが、今回のような寒波の発生は、将来的に増えていくことも予想されている。

つまり、大寒波が襲来したからといって、温暖化の進行が止まったわけではないのだ。世界の気温マップを見てみると、ほとんどの地域で過去の平均以上の気温が観測されている。

編集=上田裕資

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい