登録 サンプル 閉じる

PICK UP

I write about consumer tech such as smartphones and gaming in Asia

北京での技術会議で話すXu Ke(photo by Ben Sin)

北京に本拠を置くブロックチェーン企業、「Nome Lab」創業者であるXu Keの特技はポーカーだ。彼女は、2013年にカリフォルニア大学リバーサイド校に交換留学をしていたときにポーカーを覚えた。彼女はポーカーを通じて確率論やリスク評価を学んだ。

Xuのポーカー仲間は型破りな人間が多く、中には仮想通貨の投資家もいた。当時は仮想通貨という言葉がまだ一般に普及していなかったが、Xuはビットコインのマイニングをするようになった。仮想通貨のことを知れば知るほど、彼女はブロックチェーンが掲げる分散化の思想に惹かれたという。

Xuは2014年に北京に戻って後もポーカーやビットコイン投資を続け、ポーカーの試合で稼いだ賞金でビットコインを購入した。彼女は最高時で5万BTCを保有していたが、2014年に2万BTCを1BTC当たり240ドルで売却し、480万ドルを手にした。現在24歳になったXuは、ビットコインを早く売却し過ぎたことを後悔しているという。

なぜならば、今でも保有していれば2万BTCは1億2000万ドル(約132億円)にもなるからだ。彼女はビットコインで稼いだ資金で開発したソーシャルアプリを2016年に売却し、「Nome Lab」を立ち上げた。同社の事業内容は、ブロックチェーンを使ったプロダクトやゲームの開発だ。これまで最も成功したプロダクトは、「CryptoDogs」というデジタルグッズを交換するゲームだ。

今年、フェイスブックがユーザーの個人データを不正に共有した問題が発生したことを受けて、Xuはブロックチェーンを使った自由なソーシャルネットワークの構築を思い立った。このソーシャルネットワークでは、全てのユーザーデータが分散化され、良質なコンテンツを共有したユーザーは報酬が得られる。

Nome Labが開発した分散型ソーシャルネットワーク「Ono」は、4月にベータ版がリリースされた。Xuによるとユーザー数は既に300万人を突破したという。Xuは、WWW(ワールド・ワイド・ウェブ)の理念に共鳴してOnoの立ち上げを決意したという。

「インターネットは全ての人類のためのものであるはずなのに、現在は中央集権化が進んでいる。世界トップ10のテック企業はユーザーのデータを売ることで巨万の富を築いた。こうした状況を打破する上で、ブロックチェーンは非常に重要な役割を果たす」と彼女は話す。Onoは「dapp(分散型アプリケーション)」のため、Nome Labはユーザーデータを売りたくても売ることができない。

編集=上田裕資

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

あなたにおすすめ

合わせて読みたい