閉じる

PICK UP

ミレニアルズとユースカルチャー

shutterstock.com

2018年6月にインスタグラムが発表した、新アプリ「IGTV」。筆者は、インスタグラムマーケティングの本を共同執筆しており、3年間インスタグラムのマーケティングを追ってきた。ユーザーとしては、SNS化する前からの使用しており、数えれば7年間も使用していることになる。

インスタグラムの歴史をたどっても、このアップデートはインパクトのあるものだといえる。SNSマーケティングに精通する人は、「朝起きたときに世界の風景が変わっていたように感じるほどの事件だ」と話し、ある人は「もはや当初の信念である『スーパーシンプル』は存在しない」と話した。

2010年に写真加工アプリとして誕生し、12年にSNS化し、16年にはスナップチャットの機能を飲み込むインスタグラムストーリーズを装備。そして18年6月に、ユーチューブの市場を狙うようにも見える、IGTVをローンチした。5年間続くSNSはない、と言われるなかで彼らは形を変えながら、アメーバのように生き続けている。

IGTV、5つの特徴

IGTVの大きな特徴は、以下5点である。

1. 縦型動画を配信するプラットフォーム
2. 最長60分配信可能
3. インスタグラムアプリ内からの遷移の多さ
4. 動画内容に関連する検索が不可
5. 動画内容における、タグ付けや遷移が可能

IGTVは、インスタグラムの既存のユーザーの動線を壊さぬよう、別アプリとしてローンチしている。しかし、インスタグラム内からの動線が多く、ユーザーにとってはほとんど「アプリ内アプリ」となっている。

インスタグラムからの遷移方法は現状3つ。1つ目は、アカウントのトップページの左下から、遷移する方法。2つ目は、フィードの右上に現れた、テレビマークをタップする方法。3つ目はインスタグラムストーリーズからのスワイプアップだ。

現状、インスタグラムストーリーズで外部リンクにできるのは、公式マークのついたアカウントと、1万フォロワー以上のアカウントだけ。しかし、IGTVはどんなユーザーでも、動画に外部リンクをつけることができる。インスタグラムにおける、IGTVへの注力具合はこうしたアップデートからでも感じられる。

一方で、ユーチューブで育った10代の若い世代に話を聞くと「IGTV内での検索がしづらい」と話す。ユーチューブでは、「薄付きメイク」など特定のキーワードで動画を検索できるが、IGTVではアカウント名の検索しかできないため、動画内容に紐付いた検索ができない。今後アップデートされることも予想されるが、現状においてはアカウントにおけるフォロワーや、すでにアカウントの存在を知っている人のための動画を配信するほかないだろう。

また、動画における説明文については、インスタグラムアカウントのタグ付けや、外部リンクの貼り付けが可能だ。インスタグラムの歴史を遡れば、通常投稿のコメント欄にさえ関連URLを貼れないことや、先述の通りストーリーズに関連URLを貼ることができるユーザーが限定されていることなど、外部リンクを拒否してきた彼らとは思えないほど、サクサク外部に飛べる仕様となっている。

文=石井リナ

あなたにおすすめ

合わせて読みたい