Close

無料会員に新規登録すると、
3,000
円分のギフト券が当たる!

PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

I cover leadership - people, politics & policy - from a European view

Photo by David Ramos/Getty Images

スペインのカタルーニャ州は、長い間スペインの他地域とは異なる存在と目されてきたが、それは常に穏やかな意味でではなかった。ピカソやミロ、ガウディら前衛的な芸術家や建築家を輩出した同州は、スペイン内戦とそれに続く抑圧的なフランコ政権下での苦難に耐えてきたリベラル派・共和主義の地域だ。

カタルーニャは独自の言語と習慣、伝統、州政府を持つ。州都のバルセロナは内陸部のマドリードよりも外向的だと考える人も多い。2014年の統計によると、同州は国内総生産(GDP)の19%、輸出の25%以上を担っており、スペイン経済の原動力ともなっている。しかし、中央政府から同州に配分される予算は、同州が中央政府に支払う税金よりも100億ユーロ(約1兆3000億円)少ない。

カタルーニャ人たちの頭に独立の考えが長年にわたり浮かんでいたのもうなずける。

「違法」だとされた住民投票

独立分離への動きは憲法違反だと主張するスペイン中央政府との法廷闘争は、カタルーニャ人の士気が下げることはなかった。中央政府と州政府が言葉の応酬を激化させる中、違憲とされた住民投票が10月1日に実施された。投票率は43%(約230万人)で、うち90%が独立を支持した。

州の一部の地域では、街頭での暴力的な衝突が発生。スペイン軍が独立派のデモを阻止しようとした結果、約900人がけがをした。

この出来事は少なくとも、スペインのラホイ政権のイメージを大きく傷つけることとなった。重装備の国家警察が、武器を持たない市民と衝突するという、まるで『スター・ウォーズ』のワンシーンのような場面は、テレビやインターネットを通じて世界中に伝えられた。

私は本稿執筆のため、マドリードに9年間居住・勤務する英国人実業家のジョナサンを取材した。「ラホイは状況を全く理解していない。まるで冬眠から1か月早く目覚めてしまった熊のようだ」とジョナサンは語る。「古いやり方しか知らず、今は誰もが携帯電話を持っていることを忘れているようだ。一方で独立分離派は、この状況を非常に皮肉的かつ賢く利用している」

ラホイ首相の過ち

ジョナサンは「ラホイは独立運動を大幅に助長した」と指摘する。「ラホイの強硬な態度で、元々の賛同者が距離を置いている。比較的穏健な独立反対派のカタルーニャ人も、ここまで頑固な『ファシストの子たち』に運命を託して良いものか、と思い始める危険もある」

カタルーニャ州のプチデモン首相は10日、独立宣言に署名したが、その施行は数週間延期するとし、解決策を模索するためスペイン中央政府との対話を要請した。

編集=遠藤宗生

 

あなたにおすすめ

合わせて読みたい