Close

無料会員登録で3,000円分の
Amazonギフト券をプレゼント!

PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

I cover leadership, management and careers.

Captain Yeo / Shutterstock.com

大学院での修士号取得は、キャリア転換や、現キャリアでのステップアップにつながり得る。しかし、大学院に投資する前に、その修士課程を修了したら何が得られるかを真剣に考えることが大切だ。なぜなら、修士号の中には、他よりも価値のあるものがあるからだ。

フォーブスは毎年、報酬情報サイトのペイスケール(PayScale)の力を借り、就職に最も有利・不利な修士号を調べている。

ペイスケールは、14万5536件の給与情報を元に、就職に最も有利・不利な学位のリストを作成。ランキングの作成に当たっては、キャリア初期の給与(社会人経験0~5年の給与額中央値)、キャリア中期の給与(社会人経験10年以上の給与額中央値)、給与増加率、仕事に対する満足度、仕事からのストレス、仕事のやりがい、米国労働統計局による雇用予測の7つの要因を均等に考慮した。

就職に役立つ修士号トップ10は次の通り。

1位 生体工学(BME)
2位 コンピューターサイエンス(CS)
3位 物理学
4位 コーポレートファイナンス(MBA)
5位 総合・戦略的経営学(MBA)
6位 数学
7位 経営情報システム(MIS)(MBA)
8位 統計学
9位 財務管理(MBA)
10位 応用数学

1位は生体工学。米労働統計局(BLS)によると、この分野では「工学の原理と医療・生物学を組み合わせ、ヘルスケア分野で使用される設備、装置、コンピューターシステム、ソフトウエアの設計・製造」に携わることができる。修士号を持つ従業員の給与は、キャリア初期では7万200ドル(約770万円)だが、中期には12万9300ドル(約1420万円)にまで上昇。仕事の満足度や、やりがいを感じる割合も高い。

2位はコンピューターサイエンス、3位は物理学だった。物理学の修士号取得者は、研究の道に進む者もいる一方、米航空宇宙局(NASA)などの機関に就職する者もいる。生体工学と同様、物理の修士号取得者の給与の伸び率はかなり高い。社会人経験10年以上での給与額は12万4800ドル(約1370万円)に上る。

では次に、就職に不利な修士号のワースト10を見てみよう。

1位 グラフィックデザイン
2位 インテリアデザイン
3位 幼児教育
4位 福祉
5位 ライティング
6位 牧会学・司牧学
7位 図書館学
8位 コミュニティーカウンセリング
9位 美術史
10位 初等教育

ワースト1位はグラフィックデザイン。給与はキャリア初期で5万1800ドル(約570万円)、中期でも6万8800ドル(約760万円)までしか増えず、ランキング上位の修士号と比べ増加幅はかなり狭い。仕事に対する満足度もとりわけ低く、修士号取得者のうち仕事に満足していたのはたった31%だった。

編集=遠藤宗生

 

あなたにおすすめ

SEE ALSO

YOU MAY ALSO LIKE