Close

無料会員登録で3,000円分の
Amazonギフト券をプレゼント!

PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

I cover news, commentary and advice on Gen Z and the workplace.

Imagine Photographer / Shutterstock.com

歴史に残る有名な指導者の多くは、人々を自分の周りに集め、触発する能力を生まれながらに持っていたとされる。その物語やリーダーシップの資質は神話となり、現代の起業家志望者が目指す指標となっている。だが、他人のマネジメントスタイルの再現に執着し過ぎることは危険だ。なぜか?

それは、偉大な指導者になる正しい方法など存在しないからだ。完全に同じ人間など存在しないのに、成功した指導者のスタイルを単にまねして自社の指針に組み込んでも、必ずしも成功はしない。偉大なリーダーになる道は、人によって違う。

リーダーにはある程度の可視性が必要だ。従業員がリーダーに期待するのは、特定のプロジェクトや会社の取り組みについての指導だけではない。より大きな自信と高い生産性を持つ貢献者になるためのインスピレーションも求めている。あなたも下記の3つの習慣を日々実行すれば、周りの人々を効果的に率い、刺激することができる。

1. 心身の健康を優先する

力強いリーダーたちは、仕事に熱中し過ぎると自信と創造性を持って職場を率いられないことを分かっている。仕事から離れる時間を作って運動や瞑想、趣味に充てて心をリセットすることで、仕事モードに戻ったときにさらなる成功を収める準備ができる。

しかし仕事が忙しくなると、健康や睡眠、娯楽などの活動が犠牲になりがちだ。12時間勤務を終えた後にジムに行くことなど不可能だろう。

偉大なリーダーは体力と健康のために時間を作ることに積極的で、精神力のみに頼らない。運動と自己ケアの時間を毎週のスケジュールの中に組み込むことで、健康をおろそかにしないようにしている。朝起きてすぐに運動し、家族との夕食の間はスマホの電源を切って、毎晩十分な睡眠を確保する。

強いリーダーは、定期的に運動を行うことで精神的に安らぐだけでなく、生産性を維持できることを知っている。運動をするとエンドルフィンが体内に放出されるが、幸せな人ほど生産性が高いことが調査で分かっている。全体的な精神の集中度、記憶力、スタミナ、集中力など、強力なリーダーがよりどころとする適性は運動で向上できる。強力なリーダーは心と体を当たり前のものとして扱わない。毎日1時間早めに起きることで自分にも会社にも利益があることを知っている。

編集=遠藤宗生

 

あなたにおすすめ

SEE ALSO

YOU MAY ALSO LIKE